2006年10月アーカイブ

2006年10月31日火曜日

あぁ秋だねぇ。

なんかね、そうつぶやくだけでもホッとしますですね。
ですので、まず、ちょっとホッとさせていただいて。

はい。嬉野であります。

さて、世間には湯治宿というものがありまして。

とくに東北地方に多くあるそうで、
「好い所がいっぱいあるのよ」と、旅好きの妻が申すわけでありますよ。

「東北の湯治宿は好いわぁ」
妻は、去年の夏に東北を旅しまして、湯治宿を泊まり歩き、いや、正確には歩いているわけではなくてね、バイクで走ってるんですがね。いや、まぁいいか。
とにかく、いろいろと泊まるうちに湯治宿という環境が好きになったらしいですね。

で、湯治宿ですけどね。
自炊なんですよね、基本的に。
朝昼晩の御飯はね、自分でやんなきゃいけない。

なぜかといいますとね、ほら、温泉というのはね、本来、体の故障を治すためのものですから、そのためには連泊して長い時間かけて毎日温泉に浸かることになるわけです。
そうなりますと客にとっては、泊まり賃は安いほうがありがたいですな。

そこで、食事は全部、湯治客が自前でまかなうというシステムにいたしまして、その分、料金を極めてリーズナブルな価格に設定する、そうすることで湯治客のみなさんのご心配の種を無くするという、言うなれば湯治宿側の伝統的なサービスということになるわけですね。
湯治客は助かるわけです。

で、そのために湯治宿には湯治客のための炊事場があってね、鍋とか食器とか貸してくれるのね。便利ね。

そんな湯治宿の炊事場でね、去年の夏、妻は、初老の御夫婦のやりとりを、なんとなーく見ちゃったそうです。

そこがほれ、共同炊事場の共同たるゆえんでありますよ。
他人と交わる機会が多い。

その初老の御夫婦はね、晩御飯をつくろうと、そろって炊事場で調理をしてたんですね。

で、見ていると。
旦那さんの反応に、若干のボケが始まっているように見て取れたんだそうですね。
だから、きっとあの奥さんは、旦那さんのために、一緒に付き添って湯治に来ていたんじゃないかなぁと、妻は言うわけです。

ですからもちろん調理は奥さんがメインでね、旦那さんは、奥さんの指示で動かれるわけですね。

奥さんが、旦那さんに穏やかな声で言うんですって。

「あなた。器を用意してちょうだいね。」

「煮物を入れる器、どれだかわかる?」
「そうそう、それよ」
「ここに置いてくれる」

「ありがとう」

「じゃぁ、次は冷蔵庫からお魚出してくれる?」

根気良く優しく、奥さんは旦那さんに指示を出してね、旦那さんも奥さんの言うことを素直に聞いて、御夫婦の作業はゆっくりゆっくり進んでいったそうです。

でも、あまりにも根気がいるのでね、そばにいた同宿のおばさんが気の毒に思ってか、脇からそうっと声を掛けるのだそうですよ。

「あんたも大変ねぇ」って。

不意に他人様から、そんなねぎらいの言葉を受けてね、その奥さんは嬉しそうに笑って「でも、そんなことないんですよぉ」って楽しそうに応えていたそうですよ。

「でもね」。

妻は言うのです。

「あの奥さん、じっさい楽しいんだと思うのよ」

「だってね、想像してみてよ。あんな風になった旦那さんと二人っきりで自宅で過ごすことを考えたらさぁ、他人の中で、あぁして二人で調理をする方がどれだけ開放的で気が紛れることか。それに実際あの場でよ、よその人にも褒めてもらえたわけじゃない。あんたも大変だけど頑張ってるわねって。御主人幸せよねって。それが嬉しいのよ。そんな言葉をかけてもらえるのが嬉しいのよ」

なるほどなぁと、ぼくは思ったわけです。

家にいたら誰も褒めてくれない。
でも、他人の中で生活していると、そうやって褒めてくれたり気遣ってもらえることがある。
それがどれだけ生きていく上で張り合いになるか分からない。
そういうことは、絶対あるとぼくも思いました。

旅をしているといろんなものを見ることになりますね。
そうして、世間には、いまだにいろんな生活や、いろんなリズムがいっぱい混在してあるんだということをね、強く実感することになるような気がしますですね。

そういうの見たいんです、私。

はい、ということで、本日はこれまで。

それでは奥さんお元気で。

解散!

そうそう。
お変わりないですか?みなさん。
ないですね。
そうですか。はいはい、わかりました。

ではでは、お達者で!

(16:20 嬉野)

2006年10月30日月曜日

嬉野であります。

グッズ店長の手下に、くまくまという名で呼ばれる、まだかろうじて若い女がおります。
青タイツ茶タイツ黄タイツのストラップをデザインしたり、渋谷小祭のポスターのデザインをしたりと実直に好い仕事をしております。
この女が、近々九州へ旅に出るんだと、嬉しそうに何かの席で申すわけでございます。

九州と言えば、私の生まれ故郷、佐賀があるところであります。

どこへ行くのかと聞けば、福岡だというのであります。
それからどこへ行くのかと聞けば、長崎だというのであります。
その後どこへいくのかと聞きますと、それで終わりで札幌へ帰るというのであります。

福岡の博多から長崎へ行くには、JRの長崎本線の特急「しろいかもめ」で行くのが便利でございますね。JR九州の特急は外装も内装もシックで美しく、旅情をかき立ててくれます。

私の生まれ故郷の佐賀というのは、その「しろいかもめ」の走る長崎本線の博多と長崎の丁度中間にあるのです。
通り道であります。
もちろん特急も停車します。
博多から特急で所用35分という近場にございます。
城下町でございます。

佐賀には寄るのかと、くまくまに聞きますと、寄りませんというのであります。
そんな街のことは気にしたこともないという顔で答えるのであります。

私は少年の頃を思いだしました。
その頃世間には、怪獣ブームというものが押し寄せておりまして、東宝ではゴジラシリーズが、大映ではガメラシリーズが、遅れを取った感のあった松竹だってギララとかガッパとかいう怪獣をでっちあげまして、春休み夏休み冬休みのたんびに劇場で公開しておったのであります。
もちろん少年達は、休みに入る前に怪獣映画のことで盛り上がるのを常といたします。

ですがその年の盛り上がりは、いつも以上だったのでございます。
何故か!
それは怪獣が、あろうことか九州上陸を果たすたらしいという地場的話題が盛り込まれておったからであります。

どうやら、あのゴジラが博多の街であばれるらしい。

「博多にゴジラが来るのか!」
少年達は、素朴にいろめきたつのでありました。
だったら、特急で35分の佐賀にだって寄るだろう。
少年達の心には、素朴に憧れの火が灯るのでありました。

その頃の怪獣映画は特撮であります。
ミニチュアの街が丁寧に作られまして、人が入りました気ぐるみの怪獣がそこであばれるわけであります。

「怪獣ついに佐賀に来る!」
佐賀の少年達は全員そのシーンを夢想するのでありました。

こうしてその年の終業式の朝の教室は、ふだんとは比べるべくもなく怪獣映画の話題で盛り上がり、少年達は、来る休み明けの再会の日には佐賀の街で暴れた怪獣映画の話でまた盛り上あがろうぞと、固い約束をいたしまして、興奮も冷め遣らず、渡された通知表を手に手に、それぞれの家路についたのでございます。

さっそく私も、父兄同伴で観に行きました。

劇場はもちろん満員であります。
ロビーはガキどもの嬌声と親たちの怒号で大騒ぎ。
売店は金を握った親たちとジュースのコップを鷲づかみにしたガキどもでごったがえし。
親どもは、二度と来るかという顔で減り行く財布の中身を気にするばかりでしたが、ひとり映画館の館主さんのみは、大勢さんの御子ども様の御来場に揉み手でホクホク顔でございました。

さぁその怪獣映画。
確か東宝のゴジラシリーズだったように記憶しておりますが、怪獣が博多の街にまんまと現れまして大暴れ。
おそらく博多の少年達は劇場で大興奮だったでありましょう。
さぁ、次はうちだと佐賀の少年達はスクリーンの前で待ち受けた。

ところがですね。
この怪獣、空を飛びましてね、羽をバタバタっとやりますとですね、あっさり長崎に行ったわけですよ。

私、子供ながらにポカンとしまして、それ以降いっこうに物語に集中できない。
「どうして…」

「いや、違う。長崎で暴れれたあとで、佐賀に寄るんだ」
一度少年の心に灯された火はなかなか消すことが出来ない。

さぁ、怪獣は長崎の街で大暴れをして自衛隊をキリキリ舞いさせますと、また羽をばたつかせて飛翔し、あっさりと佐賀を飛び越し、またまた博多に舞い降りて大暴れ。

「今度は博多に現れました!」
「あ!またまた長崎に現れました!」
物語の中では自衛隊がと歯軋りをする。
首都では内閣首脳が歯軋りをする。
劇場ではガキどもが歯軋りをする。

「いいかげんにしろ」と…。

休みが明けまして、新学期。
少年達は再会しましたが全員黙して語らず。
前にもまして勉学に打ち込む者。
前にもまして勉学に身が入らなくなる者。
人生色いろ。

あの時の怪獣もね、よもや、観光地にしか興味がなかったわけではないでしょうが、ガキどもは世間というものを垣間見まして、もはや素朴でばかりはいられないと、少しばかり大人になったのでありますよ。

そういう少年の日の、苦い想い出をよみがえらせる、くまくまの九州旅行計画でありましたね。

いっそのこと、くまくまが九州旅行する日程をあらかじめ聞き出して、私、佐賀駅のホームで待ち構え、電車が佐賀駅に停車している間にやつめを見つけ出しましてね、引きずり降ろして二日二晩佐賀観光をさせてやろうとかとも思いましたが、いけません。
それでは佐賀の品位を落とすばかり。

長崎ちゃんぽんでもお土産に買ってきてくれればと思っております。

さて、藤村先生、週末に岩手へ行かれまして、ついでに今週いっぱいお休みでございます。
ですのでね、わたくし嬉野が、出来る限りで、皆様方のお相手をさせていただこうと思っておりますので、どうぞよろしく。

じゃ、奥さんまた明日。
本日は解散!

(16:31 嬉野)

10月27日金曜日。藤村でございます。

申し訳ございません、一昨日より日記の更新が滞っておりました。

現在わたくしは「日記本」の作業、嬉野先生は次回発売のDVD第8弾「西表島」に収録する特典映像「水曜どうでしょう祭」の編集作業に邁進しております。

一昨日、「今日は先生が書くと思ってた」「いや先生がお書きになるって言ったじゃない」と、多少の行き違いがございまして日記更新ならず、さらに昨日も「あれ!先生書いたんじゃないの?」「え?先生が書くんじゃないの?」と、またしても行き違いが発生いたしまして2日連続更新ならず。誠にもって申し訳ござりません。

しかし、ま、それだけ各作業が順調に進んでおる証と、そのようにご理解いただければよろしいかと。

さて、日本一。

北海道日本ハムファイターズが移転3年目にして日本シリーズを制覇。
空振り三振で満場の拍手を受けた唯一のプロ野球選手SINJOのこらえきれない涙。
弊社アナウンサー谷口(「ハナタレ」ナレーション担当)の声も裏返りまくりの感激のヒーローインタビュー。
いったい監督はいつ宙に舞うんだとやきもきした感涙の胴上げ。
それらをあますところなく生中継をいたしました弊社HTBの視聴率はなんと50%を突破。弊社歴代1位の視聴率を達成したそうであります。
それを受けまして弊社社長から大入り袋が配られ、弊社喫茶コーナーでは「ファイターズ日本一記念セール」を実施。「飲食物全品半額でご奉仕!」と、朝から館内放送でガナっております。それも先ほどアリのようにたかる弊社社員にあらかた食い尽くされまして「完売御礼!」「ファイターズ万歳!」と、大いに盛り上がります弊社北海道テレビ放送(株)であります。

そのような中で、本日も変わらず平常業務につく「どうでしょう班」ディレクター2名。ひとりは中日ファン、ひとりは野球に興味なしと、北海道のローカル番組を標榜してやまない当番組にしては、一向に盛り上がらない本日の日記であります。

とはいえ、新庄という選手は、実に素晴らしい、愛すべき選手でございました。彼がチームに与えた功績ははかり知れない。選手全員がそう思っていたからこそ、選手の輪が徐々に外野方向に近づき、新庄を迎えに行った。
彼の加入によって、「戦力的に」チーム力が日本一に向上したかどうかは、わかりません。しかし、彼の加入によって、明らかにチームは「日本一のチーム」になった。
裏も表も充分理解した上での、これまでの新庄選手のパフォーマンスに拍手であります。
やろうと思えば、ひとりの人間で世間はいい方向に変わるのですなぁ。捨てたもんじゃありません。

に、してもだ。そーかそーか、またしてもあっさり敗退かドラゴンズ。

「北海道もがんばっとるし、新庄もがんばっとるで、まぁ負けたってもええんだわ」

たぶん半分近くの名古屋人はそう思ってたでしょうね。

「巨人と阪神には勝ったでもうええんだわ」

星野さんが阪神の監督になったときも名古屋人は怒りませんでしたからね。

「まぁ、阪神は弱いで星野さんが行ってつよしたりゃぁいいがね」

でもその裏では、

「これで大阪は名古屋に借りができたわ」

そう思ってたんですね。

これだからいつまでたっても日本一にはなれんのだわ!
・・・まぁ、それが名古屋だでええんだけど。自分でもそれはわかっとるで。

よし、こうなったら日本シリーズ連敗記録を作れ!ドラゴンズ!

また来年も日本シリーズでめっためたにしてやってくれ!北海道日本ハムファイターズ!

日本一おめでとう!

(15:41 藤村)

10月24日火曜日。藤村。本日は早めの更新でございます。

出社いたしましたら駐車場に技術スタッフが集結しておりまして「なにごとか」と思いきや、本日、札幌ドームで日本シリーズの中継があるんですね。

番組制作自体はテレビ朝日さんが行いますので、HTBは基本的に応援スタッフの派遣ということですが、それにしても「日本シリーズの中継をやる」なんてことは、ほんの数年前までは考えられなかったことであります。

3年前、日ハムが北海道に来るまでは、ウチに「スポーツ部」ってのは存在しませんでね、制作部の中に「スポーツ班」ってのがありました。「どうでしょう班」と同じ扱いの「スポーツ班」ですよ。たまにプロ野球中継があると、だから「スポーツ班」は慌てましてね、バラエティー一辺倒の「どうでしょう班」からも「ドラバラ班」からもディレクターを借り出して中継をやっておりました。わたくしもスローVTR担当で、プロ野球中継、やったことがあります。
投球フォームをスローで出す。プレステの「電車でGO」のコントローラーみたいなね、レバーがありまして、それをぐっと握りしめて手作業でスピードを調節しながら出すんです。
最初は球の握り方がわかるぐらいにゆっくりと。投げたら少しスピードを速めて、最後はピッチャーのいい表情でビタっと止めるみたいなね。一発本番ですからね、失敗したらそのままテレビに出ちゃう。緊張感のある作業でしたね。

それが今や制作部よりも多いんじゃねぇか?っちゅうぐらいの立派な「スポーツ部」が出来ましたよ。もう四十過ぎのおっさんが、緊張しながら電車でGOすることもないですね。

さて、1勝1敗で名古屋から札幌へと舞台を移した日本シリーズ第3戦。

北海道日本ハムと中日。

「名古屋出身の藤村さんはどっちを応援するんですか?」

シリーズ前は、「どっちだろう?まぁどっちが勝ってもうれしいから」、そう思っておりました。

ところが、実際にシリーズが開幕し、初めて中継を見た瞬間に、「自分が応援するのはどっちか?」、ハッキリと出ましたね。

テレビをつけた時に、中日が勝ってましてね。

「おっ、勝ってる」

思わずそう言いました。

日ハムを応援するつもりなら

「あ、負けてる」

そう言うはずです。

私、断然「中日」でした。

故郷は捨てられないんですね。

生まれて初めて「サイン」というものをもらったのは、中日の高木守道選手でした。やさしいおじさんでした。
生まれて初めて「これ買って」と言った服は、ドラゴンズのTシャツでした。友達がみんな着てました。
そういう子供時代の思い出は、絶対的に残り続ける。

カミさんと子供たちは、札幌ドームでのリーグ最終戦、森崎博之が世紀の大暴投始球式を行った試合を観に行きましてね、「1位通過決定!」の大コーフンを現場で味わって以来、キッチリ「日ハムファン」になりました。新庄だけじゃなく、小笠原もセギノールもマイケルも、みんな名前を覚えた。

北海道の子供たちもほぼ全員、この日本シリーズ進出で日ハムファンになったでしょう。これはもうたぶん生涯変わらない。

北海道にも楽しみが増えましたな。

でもね、一気に楽しみが増えちゃっちゃぁ、それはそれで飽きてしまう。ダメ阪神をご覧なさい。負け続けた末にたまに勝つから愛された。ダメダメ巨人をご覧なさい。昔強かったのに、めっきり弱くなって飽きられた。だからね、日ハムは今年はもうこれで充分。日本一にならなくてもいいですよ。ってか、なるな。いいか、こっちゃぁ50年以上も日本一になってねぇんだ!「巨人と阪神に勝ちゃそれでええんだわ」っていう名古屋根性をいいかげん捨てんとかんのだ!歴史を変えてかんとかんのだ!移転3年目ごときで日本一になられてたまるか!

・・・というわけで、北海道の皆様、応援、おてやわらかに。

ではまた明日!

(15:12 藤村)

2006年10月23日月曜日

西の方では、赤い西日がまだまだ似合いそうな夕方5時という早い時刻に、すでに真っ暗に暮れております北の蛮地、札幌地方より、嬉野が、お送りしております本日の日記であります。

皆さん、ご機嫌いかがですか。

近頃の札幌地方の日没は午後4時45分頃なんだそうであります。

早すぎねぇか。夜が。
ねぇ。

これじゃ冬季うつ病にもなりますよ。

だって、これからもっと日没が早くなるんですよ。
オマケに最高気温も10度どまり。
冷えております。ダウン着たっておかしくない。

ということで、本日、久々に、九州におります老母に電話してみましたらね、あっちはまだ昼間は半袖だと申しておりましたよ。

「北海道は、寒かてやろ。こっちはまぁだ、明るかうちは半袖よ」

そう申しておりました。

「九州は、まぁだ、ぬっかよ」

九州は、まだまだ暑いそうでございます。
ほんと、日本は広いんでございますね。

さて、この前どっかのテレビ番組を見ておりましたらね、コンビニさんが、若者向けの商売から高齢者向けの商売にシフトし始めたとのことでね、いろいろと高齢者向けのサービスを実験しておられる、みたいなことを特集してましたね。

いやぁ私だけではなく、世の中もちゃくちゃくと高齢化をしておるということは、かねてより気づいておりましたが、商売する方も高齢者向けにサービスを変えてきたかと思いましたらね、よしよしと、安堵したわけでございます。

やっぱりその辺りのハンドルさばきは、さすがにコンビニさん、軽快だわいと、一人感心をしてテレビを見ておったのであります。

かく言います我が老母が、我が兄と住んでおります九州の実家辺りもね、私がいた頃は、まだ活気がありましてね、スーパーだって何件もあったんですが、いつのまにやら郊外に巨大店舗がどっかんどっかん出来ちゃいましてね、そっちの方が品揃えも充実してるし、値段も安いし、あと、なんかデカイ店舗というのが遊園地みたいで楽しいんでしょうね、結局、そこそこ距離があっても、お客はクルマに乗ってますから、全員そっちへ出向いて買い物するわけですね。

そういうことで、私の実家のそばにあったスーパーは、よっぽど客が来なくなったんですかね、全部店じまいしちゃいましてね、とうとう近所に、年寄りが歩いて買い物に行ける場所が無くなっちゃったんですね。

店じまいしたそのスーパーの回りにはね、今でも年寄りがけっこう住んでいるんですが、それでも一人一人が購入する単価が低いということなんでしょうかね、店じまいしたスーパーの後には、いつまでたってもスーパーは出来ませんね。

そういうことで、近所の年寄りは、みんな困っておるとのだと、帰る度に我が老母はこぼすわけであります。

で、世間全体が、そういう状況にある中で、コンビニさんが、高齢者向けに商売を始めようとしているということを見ましてね、なんとなく嬉しくなったのあります。

なんかね、御用聞きみたいなことやってたんですよね、
その番組の中で、コンビニの人がね。

年寄りから電話注文があったら一個からでも持っていく、で、客であるお婆ちゃんの家へ配達に行って、そこでいろいろと話すうちに客と店員が知り合いになってコミュニュケーションを密にとりだすわけですよ。

「○○さん、部屋の雨戸開けときましょうか?」
「お米も、米びつにいれときましょうか?」

「あぁら、お願いするわ」
みたいなね。

そういう光景を見てますとね、昔の酒屋さん、乾物屋さん、八百屋さんみたいなね、あの頃の御町内の雰囲気が、コンビにという姿を借りて復活していくようで、なんだか町中がもう一度顔見知りに戻っていくのかもしれないなぁと思えてね、

なんだか高齢化って好いじゃねぇかと思いましたね。

今後、年寄りが、世間に好い影響を及ぼすならば、これから深刻に始まると、これまでずっと言われ続けてきた高齢化社会というものがね、実はちっとも深刻なものではなかったということになるわけで。

もしそういうことになるならば、それってとってもステキだわいと、何の根拠もない、思いつきですが、ぼんやりと思ったわけでございます。

ぼんやりとした頭ですがね、でもなんか、次の時代の鍵を握るのは、ひょっとして年寄りなんじゃないかなぁと、どうしても思ってしまうのでありますよ。

年寄りが真っ当に頑張るんじゃないだろうかと。
年寄りが、軽々には、あなどれない存在だったのだと、思い知ることになるんじゃないだろうかとね、予感するんですね。

未来というものは、迎えてみないと分からないものであります。

鉄腕アトムのようなね、輝く科学の21世紀は訪れなくともね、年寄りが世の中を優しくするような、呑気な21世紀を迎えるのであれば、それもまた好しと、私は、思いますね。

そりゃ痛快と。

ということでね、本日はこれまで。

みなさん、また明日。

解散。

(20:04 嬉野)

10月20日金曜日。藤村でございます。

「渋谷小祭」の際に、私と嬉野先生は仕事をサボっ・・・息抜きのために会場を抜け出して、「フラガール」を見に行き、ふたりで大いに号泣した、というお話をいたしました。

あのお話には、続きがございます。

「フラガール」にいたく感動したわたくしどもは、目の周りを多少赤く腫らしながら、映画館の下にあった喫茶店に入りました。

「うーん・・・実によかったですなぁ」
「まったくです」
「話自体は、ありきたりな感じがしますのになぁ」
「泣きましたねぇ」
「どこが他の映画と違ったんでしょうか・・・」

ひとしきり映画の感想、分析を熱心に語り合っておりました。

「ところで、『ゆれる』もここでやってますもんね」

う先生がおっしゃいました。
この「ゆれる」という映画も評判がよく、「フラガール」同様、先に観た四宮Pも絶賛しておりました。フラガールの隣のスクリーンで公開中であります。

「今日まで、って書いてありましたな」

しかし残念ながら、今日が最終日。

「今日で終わりですか」

う先生はかなり落胆されました。

「先生、失敗しましたね。今日『ゆれる』を観て、明日またサボって『フラガール』を観に来ればよかったですね」

「今日・・・観ますか」

「あ?」
「このまま続けて『ゆれる』も観るというのはどうでしょう」
「先生、それはいくらなんでもマズイんじゃないですか?」

大胆にも、う先生は会場に戻らず「このままもう1本映画を観てしまおう」とおっしゃる。

「四宮さんには、2時過ぎには戻るって言いましたからね。これで『ゆれる』も観ちゃったら、もう夕方になりますよ」
「でも、今日までしかやってないんですよ」
「まぁ・・・そうですなぁ」
「もう観れないんですよ」
「んー・・・観ますかぁ?」
「観ましょう!」
「じゃ先生、四宮さんにメールしなさいよ」
「え?」
「黙って夕方まで帰らなかったらマズイでしょ。メールしなさいよ」
「え?おれが?」
「こう、さぁ、フラガールで号泣いたしまして、このような泣き顔でお客さんの前に出るのは気が引けます、みたいなこと書いてさ、先生得意でしょそういうの」
「・・・おれが書くの?」
「書きなさいよ」

先生はしぶしぶメールを打ち始めた。

四宮さん絶賛の「フラガール」を先ほど拝見し、現在、藤村嬉野両名、溢れる涙を止めることかなわず、かくなる上は四宮さん絶賛の「ゆれる」も立て続けに拝見し、乱れる心をいったん鎮めまして・・・

みたいな、不可解なメールを打った。

「かくなる上は・・・って先生、まったく意味がわかりませんが、しかしどこか悲壮な決意のようなものを感じますな。さすが」

そのまま四宮Pに送りつけ、結局ふたりして「ゆれる」も観てしまったのでありました。

「フラガール」の後味の良い涙とは、まったく対極にある映画でありまして、最初はかなり戸惑いましたが、しかし、いつしか「映画の中に入っていく」ような感覚で、最後まで緊張して観てしまいました。

こちらも、良い映画でございました。

映画館を出ますと、渋谷の街はすっかり夕闇に包まれておりまして、藤村嬉野両名、明日はしっかり働こう!と、思いを新たにしたのでございます。

しかしながら翌日も、朝から大行列を作る関東勢の熱き血潮に気おされまして、藤村嬉野両名、またしても会場から逃げ帰り、えー・・・映画を、観に行ったのでございます。

しかし、この日観た映画はイマイチ。

「なぜこういう映画になってしまうんでしょう」
「原作はよかったんですよ」
「いったいどういう話だったんですか」

それから、けんけんごうごう、喫茶店で映画談義に花を咲かせ、気がつけば2時間あまり。

「これならもう1本映画を観れましたよねぇ」
「まったくです」

と、意味不明な反省の弁を残しまして、この日も夕闇迫る渋谷の街を会場へと急いだのであります。

おかげさまで東京では、ずいぶんと嬉野先生とお話をいたしました。

それもこれも、元をただせば、関東勢諸君の暑苦しいばかりの、逃げ出したくなるばかりの絶大なる熱気のおかげ。

この場をお借りしまして、あらためてお礼を申し上げる次第。

「諸君のおかげで映画を3本も観れました。ありがとう!」

というわけで、本日の日記これまで。

諸君、良い週末を。

北海道は、紅葉が真っ盛り、キレイですよ。


(18:47 藤村)

2006年10月19日木曜日

嬉野であります。

昨日のね。
藤村先生の日記ですけどね。

なんでしょうね、あれ。

おかしなことを書いてましたねぇ。

「うっそーん」

なんですか、それ。

そんなことを私が言ったんですか?

日記をあやまって消しちゃった時、
私がそんなこと叫んだんですか?

知りませんよ私は。
ま、否定もしませんがね。
だって覚えておりませんからね。何を喚いたかなんてのはね。

詳しく思い出しますとですね。
一昨日の夕方のことですよ。

「さてさてこの辺りでよかろうよ」と思って私が日記を書いておりましたところにね、音効の工藤さんが近寄ってこられましてね。

「クラシックの音付けするか」

と申されるわけですよ。準備万端ということですね。

それを受けて私も「よしよしそーか」と。

であるならば席を立つから、念のために、時間を掛けて書き上げたこの日記を全文コピーしておくかということでね、ビシッとキーを押したわけです。

したら、あっさり全文消えまして。

あんなにビッシリあった文字が全部消えて真っ白。
画面には「C」の文字が一文字、ポツンと、うそ寒く残るばかり。

どうやらCtrl+Cと押したつもりで、Shift+Cと押しちゃったんですね。

私はね、唖然としましたね。

横に立って一部始終を見てしまった工藤さんも、同じように唖然としましてね、

「オ、オレのせいじゃないよね、そーだよね」

とだけ発言されましてね、
そそくさとその場を去って行かれました、

去って行かれましたがね…。

その場に藤村先生の影は無しというね、そのことだけはハッキリしておるわけでございますよ皆さん。

オレと工藤ちゃんしかいなかったわけ。

それをさぁ、あのおっさんは、いかにもその瞬間に立ち会ったように書いちゃってさぁ。

昔からそーです、あのおっさんは。

2002年にね、「ベトナム」の最終回の時ね、樋口了一さんから新バージョンの「6分の1夢旅人2002」の曲が藤村先生のパソコンにメールで送られてきましてね、

「おや、メールで来たよ。どーすんのよ」

ということでね、どうやったらこの曲をパソコンから引っ張り出せるのか、そして編集素材としてテープにダビングできるだろうかということで、とりあえずその時その場には、私と藤村先生というアナログ二人組しかいなかったので、大いに難儀したのですがね。

私しゃね。

「とりあえず音質うんぬんは後回しにして、仮で画に当ててみたいわけだ、だったらさぁ」

ということでね、編集室からビデオカメラを持って来ましてね、ヘッドフォンで聞く用にとパソコンについてるオーディオアウトの穴からラインで引っ張って、カメラのオーディオインの穴につないでテープに録音したのでありますよ。
とりあえず、行為としては正しいわけですよ。

さぁそうしましたら、あの先生。
後日、そのくだりを何かにお書きになりましたが、

あの先生の文章に出てきた嬉野さんという人はね、何をするかというと、樋口さんの曲をパソコンのスピーカーからまんま大音量で流して、大胆にもそのスピーカーにカメラマイクを押し当てて、直で音を拾ってるわけですよ。したら当然、回りの話し声やら笑い声まで一緒に拾っちゃってるわけ。

あのですね、事実無根もはなはだしいのよ。

オレは、ちゃんとラインで拾ったの。
マイクで拾うなんて、そんな面白いことしてないの。

今後もね、あの藤村先生のお書きになる文章の中にね、嬉野さんというねぇ、へんてこなことをする面白い人が登場するかもしれませんがね、その面白い嬉野さんと、この嬉野さんは関係ありませんよ、ということをですね、ここでね、はっきり言わせていただきますよ。

実物の嬉野さんは、そんな面白い人じゃありませんよ。

いたって普通の人です。

それをあんなに面白く書かれちゃ、おおいに迷惑。

知らんちゅーのよ。

まぁ、消えた瞬間、以降の話はね、文章の復活を試みるくだりからは、工藤さんとの作業を終えて帰ってきてからの話でしたから藤村先生もおられましたので、だいたい実話ですがね。

だからまぁ、「うっそーん」くらいは言ったかもしれませんがね。
よく分かりません。

さて、ところでね、

消しちゃった文章は、Ctrl+Z、で復活するんだそうですね。
さっきどなたか掲示板に書かれてました。

やってみたら、あっさり復活しましたね。

はははは…。

その方、
「いまさら遅いと思いますが」
とも書き添えておられましたね。

はははは…。

じゃ、奥さん、また明日。

やれやれ。

(16:26 嬉野)

10月18日水曜日。本日は藤村でございますよ。

昨日はう先生にアクシデントがございましてね。
書いていた日記の全文が一瞬にして消え失せるというね。

私、事故の瞬間、横におりましてね、うろたえる先生のお姿を一部始終拝見いたしましたよ。

「あっ!消えた!書いたやつ消えた!うっそ!あっ!どーしよ!」

意外とあの方、大きな声を出すんですよ。そして、全面的に慌てるんですよ。

「いまコピーしようと思ったのに!あっ!あっ!消えましたよ!あっあっ」

もうぼくは年ですから、なんてことを最近言ってますけどね、あのあわてぶりは「トラじゃんよ!」のころから何も変わってませんね。

「どーしよ。これさぁ、戻る(←)ってのを押せばさぁ、元に戻るのかなぁ」
「どうだろうね。まぁ、やってみる価値はあるね」
「でもさぁ、もし戻らなかったら、もうダメだよね」
「そうだね、リセットされちゃうからね」
「どーしようかなー」

先生、しばらく考えてましたね。
そして、ややあってから、カチっと「戻る」ボタンを押しましたね。
画面を凝視しながらね。

「あっ・・・あっ!出た出た!戻った!やった!」

真っ黒だった画面に日記の全文が戻ってきましたね。

「やった!えっ…あ、あぁっ!」

でも、それがぬか喜びだったことにすぐ気づきましたね。

「なんだよー!これ藤村くんの日記じゃんよー!」

私が前日に書いた日記に「戻っちゃった」わけですね。こうなるともう、完全にアウトですね。この世から先生の日記は消えました。

「えー!マジぃー!うっそぉー!こんなん…えーマジぃ!うっそーん!」

数年前の女子高生のようにね、「ウソ」「マジ」をね、乱発なさっておりましたよ。聞かなくなりましたよね、最近。「うっそーん」なんてね。もうね、老眼鏡もややナナメってるぐらいのね、気合いの入った「うっそーん!」でしたよ。

その後はね、多少落着きを取り戻して、再度「う日記」の執筆に取り掛かりましたよ。そりゃまだ記憶の鮮明なうちにね、脳内での復元を試みないと、もう心も体も萎えちゃいますからね。ここはふんばりどころです。

しばらくね、作業を見守っておりましたら、最初の方は、そりゃもう勢いよくキーを叩いておりましたよ。

「2006年10月17日!火曜日!嬉野であります!」

とね。やっておりました。

ところが、ものの15分ほどでその手がピタっ…と、止まりましたね。

「脳内復元ここまで!」と。
「もうなにを書いたか忘れました!」と。
老眼鏡の奥のうつろな眼差しが、そう言っておりましたよ。

結局、当初書いていたエンディングとは全然違う方向に行ってしまったようですね。でもね、書き直したとは思えないほどの長文でしたね。長かった。ケータイの人なんか、「おいいつ終わるんだ!」と、スクロールする手が根負けするほどの文章量でございました。嬉野雅道あっぱれ!と。

いやー、あれですねー、人の不幸はおもしろいですねぇー!

さ、ということで本日の日記これまで。

そうそう、パソコンの方、↓の「渋谷小祭」のページに、祭りのお写真がたくさんアップされておりますので是非ともご覧ください。

ではまた明日。

のははははははははは!


(19:13 藤村)

2006年10月17日火曜日

嬉野であります。
遅い時間にこんにちは。

えぇ、夕方、日記を書き上げる寸前で、別件の用が入りまして、で、中座する時に、念のために日記をコピーしとこうと思いましてね、キーを押したんですけどね、押し間違えたんですね。

全部消えました。

ねぇ、こういうのはね、そうとうに凹みますよ。

凹みますけど、気を取り直してね、もう一度始めてますよ。

で、こんなに遅いわけですよ。
すいませんね。

えぇ先週末にね、私事ですが東京の友人から電話がありまして、小祭りから戻ったばかりでしたが、この土曜日曜と、また東京に出掛けておりました。
恩ある方にね、お別れをしてきたのでありますよ。

したら東京は汗ばむような陽気でしたね。
まだまだ半袖で丁度好いのですよ。
驚きました。

札幌はこんなに冷え込んできているのに。
なのに東京は汗ばむわけです。

こちらは、そろそろ紅葉も始まろうかという頃なんですよ皆さん。
燃える秋の到来なんですよ。

それなのに東京は半袖。

目に鮮やかな秋というのは、やはり北国特有のものなのでしょうね。東京のあの暖かさから戻って札幌のピリピリと冷え込む大気の中で、今、そんなことを強く思いますね。

おまけにね、せっかくだからということで、東京で、秋ものの服買ったんですけどね、着られやしませんよ、こんなに寒くちゃね。

さぁ、それにしても渋谷の小祭り。
11日間もやっておったんですね。

その時間的な量もあってか、終わった後はなんとなく脱力いたしました。最後のお客さんを送り出す頃には、「終わるんだ」ということに侘しいものをぼんやりと感じたりしましたね。

不思議なものですね。

小祭りに係わった東京のスタッフも全員脱力して、ぼくらが札幌に引き上げてしまった後は、昨日まで続いていた喧騒と慌しさから急に放り出されて、淋しく心細い思いで、小祭りの開催された11日間をぼんやり反芻しているそうでありますよ。

その小祭りの会期中の話。
ぼくと藤村先生は一旦中抜けして札幌に戻ることになったんですが、ぼくだけは札幌に戻らないで青森空港に直行したんです。
どうしてかと言いますとね、青森空港でうちの奥さんと合流して、二泊三日でしたが青森バイク旅に出かけたわけでありますよ。
ちょっと遅い夏休みをね、いただいたのでありますよ。

で、小祭りが始まる前、カミさんは札幌でね、ぼくに聞きました。

「どこに行きたい?」
「久しぶりだからあんたの行きたいところに連れてってあげる」

って。

でもね、ぼくには、とくに行きたいところは無いのですよ。

そう言いましたらね、

「行きたくないなら別に無理して行かなくていいよ」

そう言って、不機嫌になりましたが、そうではないのです。
行きたくないのではけしてない。とても行きたいのです。
ただ、行きたいと強く思う場所がとくに無いだけなのです。

おかしなことを言うようですが、ぼくが見たいのは、どこかへ向けて走る途中、不意に目の前に広がる風景の中にあるのです。

カミさんの運転するバイクの後で、これまでもそんな風景をたくさん見てきました。それはどれも、けして有名な観光地などではないのです。
ただただ普通にさりげなく古びてしまった町なのです。

「あぁ、こんな町が今でもあるんだ」

そう思える町に、移動中、不意に出くわすことがあるのです。

そんな町は有名な観光地ではないから「行ってみたい」目的地には、なかなか挙がらないのです。

でも、観光地ではなく、普通の生活を営みながら普通に古びてしまった町だからこそ落ち着いた生活感が漂っていて、ぼくは、ほっとするのです。

そういうほっとする町に不意に出くわす度に、ぼくはワクワクするのです。ぼくが感じる旅の醍醐味は、どうやらそんな瞬間にあるらしいのですよ。

今回、黒石という町を通りましてね。
黒石は弘前の近くにある町で、「こみせ」という江戸時代から続く木造のアーケードで有名ですから立派な観光地なのですが、それでも観光客でごった返すこともない、静かでひっそりとしたたたずまいを見せる町でした。

ぼくら夫婦は「こみせ」を歩いた後、長崎屋さんという町中にある食堂でラーメンを食べました。
長崎屋さんの隣は地元のデパートのようでしたが、中を覗くとガラン堂で、既に営業はしていないようでした。
他にもところどころ歯抜けのように駐車場がありました。
ここにも少し前にはお店があったのかも知れない、そんなことを思わせるたたずまいの町でした。

長崎屋さんは古い建物でね、ガラガラっと引き戸を開けて入ると床が三和土(たたき)なんですね。
(たたき)なんて、もうめったに見ないし知ってる人も少ないのではないでしょうか。要するに堅く固めた土の床なんですね。
で、堅くしっかりと固まるように粒の揃わない三種類の土を混ぜてるんです。砂と土と砂利石だったかな。
だから三和土と書くそうですよ。
それを固めるためにたたくからでしょうね、だから「三和土」と書いて「たたき」と読ませる。

そんな古いつくりの店がまだ営業してる。
ぼくはなんだか嬉しくなりました。

ぼくらが食べたラーメンは「支那そば」という名前でね、いりこ出汁の利いたスープがとても美味しかったですね。
建物は古いものでしたが、掃除も行き届いていて明るく感じの好いお店でした。
支那そばを作ってくれたおばさんは、「私が元気なうちはこの店を守っていたい」と言ってました。

今年の春に新潟を走った時も、村松とかいう驚くほど普通に古びている町を通過しました。
ぼくの気持ちを揺さぶるそれらの町は、きっと昔、一度大きな繁栄を見せた町だろうと思うのです。
でもその繁栄は、時代の波が大きく変わる時、その波に乗り切れず、そこをピークにそのまま普通に古びていってしまった。
だから、ただ古びただけではなく往事に見せた繁栄の名残がそのまま魅力的に残っている。
そんな風に思うのですね。
そんな町に出くわすと、何日かで好いから住んでみたいとも思いますね。

そんなことを思う時はたいてい午後遅くて、斜めに傾きだした西日が赤い光線を国道沿いに建つ建物のガラス窓に反射させたりしているのです。
暮れ始めた町の中、家路を急ぐ中学生たちが笑いながら歩いていたりするのです。こころなしか皆素朴そうな横顔をしているように見えるのです。
ぼくが、高校生だった30年前と何も変わっていないような気がしてくるのです。
そんな素朴に古びている町が、日本にはまだとてもたくさんあるはずなのです。

小祭りの開催された渋谷の雑踏だけが2006年の風景ではないのですよね。ぼくが旅の途中に出くわすそんな素朴に古びた、時間が止まったような町も、間違いなく2006年の日本の風景なのですからね。

やっぱり、書き直すと着地点が随分変わってまとまりませんが、そんな町を幾つも通り過ぎる旅を、いつかもっと長期間、集中的にやってみたいというのが今のぼくの一番の願いですね。

それでは皆さんまた明日。

本日はこれまで。
解散。

やれやれ。

【福原美穂の5曲入りミニアルバム「StepOutEP」(1500円)発売】
HTB制作陣を中心に撮影した「恋はリズム」のビデオクリップがCDエクストラ対応で付いております。

札幌から1時間弱、空知平野の滝川・丸加高原で先月撮影したPV。パソコンに入れれば、小さい画面ではありますが全編ご覧になることができます。

あの日、我々が見た北海道の抜けるような青空を、福原美穂の見事な歌いっぷりと共に是非ご覧ください。

この曲、札幌で開催されるノルディックスキー世界大会の公式応援歌になりました。道産子ならば、道産米を食べ、道産のアーティストの曲を聴く。さすればいずれ沖縄音楽にも負けない環境ができましょう。

MADE IN HOKKAIDO。

どうでしょう共々、夢チカレコードもどうぞご贔屓に。

HTBオンラインショップで通販しております。

(20:31嬉野)

こっそり黙っておこうかと思いましたが(苦笑)
↓で書いちゃったので、追記しておきますと、
商品情報のページにこんな記述が表示されました。

※次回は10月18日10時より販売いたします。

キタ!
…しかし、前日に深酒の予定があるため、今回も間に合わない可能性大…
まぁ、その場合は僕の代わりに誰かが買えたってことで、諦めておきましょう(泣)

ちなみに、カチッ!だけは、再入荷のお知らせがありませんね。
それ以外は上記日時より販売再開らしいです。

以上、再入荷情報でした。

水曜どうでしょうジッポー(ダメージ) | HTBオンラインショップ

10月16日、週があけまして月曜日。藤村でございます。

札幌は本日、秋の青空がすっきりと広がりまして、気持ちのよい1日でございました。

さて先々週になりますが、岩手で地上デジタル放送がスタートしまして、そのイベントにわたくし呼ばれました。

「岩手未来博」と題した、「岩手を見直そう」「岩手を積極的にアピールしよう」というようなイベントで、私は開口一番「岩手はアピールする必要なし!」「むしろ黙っててほしい」と言ってしまいました。

岩手。実は昔から、個人的に何度か旅をした思い出深い土地です。

遠野。カッパが棲むという小さな川にたたずんでみる。
南部曲家で、ひんやりとした土間の感触を確かめる。
小さな県道の橋の上から川をのぞきこむと、イワナがゆっくりと体をくねらせている。

岩手は北海道に次ぐ日本第2位の広さを持つ。そのくせ盛岡以外にたいして大きな街がない。だから、これといって思い浮かぶものがない。だから、「行こう!」という強い動機が生まれない。岩手は、観光するのにつかみどころがない県だ。

でも、三陸海岸に出れば魚が美味い。山の幸も豊富。なにより餅文化が浸透して私好み。

こんな土地、人には教えたくない。「岩手ってなんにもない」。そう思わせておけばいい。旅の一番の楽しみは、人に知られていない、自分だけの「心地の良い場所」を見つけることだ。だだっ広くて、なんにもない岩手は、だから旅をするのに最も心くすぐられる土地なのだ。

岩手はこのままであってほしい。「岩手をアピールしないでほしい」。黙ってても、いや、黙ってるからこそ人を惹きつける、岩手はそういう場所なのだ。

ま、そういう意味のことを申し上げたわけです。

盛岡に住む若者と対談のようなこともしました。

帽子屋の男、藍染をやっている男、ほとんどプータローでDJやってる男、ライブハウスを開いた男、そしてカフェをやってる女性。

何人かは東京へ出て、盛岡に戻って来たそうだ。

「今、東京から逃げてきたって言ったけど、本当にそう思ってる?」
「うーん、どうだろ」
「東京じゃなくて、盛岡の方が好きだから戻って来ただけなんだろ?」
「本当は、そうですね」
「『逃げてきた』っていうのは、世間的にそういう言い方が一般的だから、自分もつい言っちゃったんじゃないの?」
「まぁ、確かに」

なぜか今でも東京から戻ってくると、何かに負けたような印象を持たれる。でも、例えば「盛岡で初めてライブハウスを開いた男」の話。オープン当時、人前で演奏できるバンドは、盛岡に9組しかいなかったそうだ。それが今、50組になった。彼がやったことは、東京でライブハウスをやるより、もしかしたら難しいことだったかもしれない。

「これから盛岡のために、みんなはどんなことをやっていけばいいと思う?」

司会の女性が聞いた。

「うーん・・・」

みんな口ごもった。彼らの気持ちを代弁した。

「おまえらはさぁ、何かのためにやってるとは思ってないもんね?だから答えられない」

答えたところで、多分「盛岡を少しでも元気にする」とか、そんな通り一遍の言葉しか出てこないだろう。どっかで聞いたフレーズを口にするだけだ。

でも、具体的に「盛岡で彼らがやるべきこと」はちゃんとある。

盛岡という田舎町で、彼らは何をすればいいのか?

「例えば、カフェと雑貨屋をやってる彼女。カフェや雑貨屋なんて、多分、ほとんどの女の子がやりたい仕事でしょ。誰でも一度はやってみたいと思ってる。それをあなたは、今やっているわけだ。だったら、あなたが盛岡ですべきことは、カフェをやりながら幸せに暮らすことでしょ。盛岡で雑貨屋とカフェをやりながら幸せに暮らす。それさえすればいい。東京の人は、そんなことされたら絶対にかなわない」

「なるほど・・・わかりやすい」

「あんたのお店、儲かってる?」
「ぜんぜん」
「でもいいじゃない。暮らしていければ」

別にカフェをやってない奥さん方だって同じ。盛岡で、岩手で、自然にあふれた環境の良い街で、幸せに暮らす。それさえできれば、誰もあなたたちにかなわない。そんなあなたに余裕があったら、チェーン店のファミレスではなく、盛岡でカフェをやってる彼女の店でお茶を飲む。メジャーのCDを買うのを1回やめて、盛岡のバンドのインディーズを一枚買ってみる。盛岡の若者が手を真っ青にして作ってる藍染のTシャツを1枚買ってみる。たったそれだけで、彼ら、彼女は幸せに暮らし、外にアピールしなくても、いつのまにか盛岡の文化が育っていく。


夜、盛岡の街へ出ました。

繁華街は思いのほかコンパクトで、きれいに整っていた。街には2本の川が流れている。サケが上ってくるそうだ。

「県庁所在地でサケが上ってくるのは、札幌と盛岡だけ」

なんともいい街だ。

駅の近くのホテルまで岩手朝日の人たちが一緒に歩いて送ってくれた。ホロ酔い気分で駅を見て、はじめて気がついた。

「あ、見覚えがある!オレ、ここ来た!」

サイコロ3の最後が、盛岡駅だった。

「あー、ちょっと懐かしい」

でも、あの時に見た盛岡駅と、今見ている盛岡駅では、ずいぶんと印象が違った。そこに住んでいる人たちの顔を見られたことで、「盛岡」という街がずいぶん身近に感じられた。

どうでしょうの旅も思い出深いが、3人と離れたこういう旅も、思い出深い。

岩手の皆様、そういうことで、「もの言わぬのが美徳」、その県民性を思う存分発揮して、くれぐれも「岩手はいいとこ!」などと慣れない宣伝はしないように。そして、幸せに暮らして下さい。

今月末、また岩手におじゃまします。仕事が終わったら、少しだけ旅してまいります。

いいとこがあるらしいので。


【福原美穂の5曲入りミニアルバム「StepOutEP」(1500円)発売】
HTB制作陣を中心に撮影した「恋はリズム」のビデオクリップがCDエクストラ対応で付いております。

札幌から1時間弱、空知平野の滝川・丸加高原で先月撮影したPV。パソコンに入れれば、小さい画面ではありますが全編ご覧になることができます。

あの日、我々が見た北海道の抜けるような青空を、福原美穂の見事な歌いっぷりと共に是非ご覧ください。

この曲、札幌で開催されるノルディックスキー世界大会の公式応援歌になりました。道産子ならば、道産米を食べ、道産のアーティストの曲を聴く。さすればいずれ沖縄音楽にも負けない環境ができましょう。

MADE IN HOKKAIDO。

どうでしょう共々、夢チカレコードもどうぞご贔屓に。

HTBオンラインショップで通販しております。

(19:24 藤村)

2006年10月13日金曜日

みなさんお久しぶりです、嬉野であります。

渋谷での小祭りも終わりまして、その間じゃっかん溜まっておりました仕事をさっそく大慌てでやりながらも、ホッとひと息な本日ただ今、札幌はすでに夕方であります。

夕日が透き通ってもうHTB周辺は秋深し。
日毎にヒンヒンと冷えてまいっておるようであります。

さぁ、みなさん、お変わりありませんでしょうか。
まぁね、お変わりあったところでね、こちらにはね、どうすることもね、まぁできませんが、そこはまぁまぁ気は心でございます。

さて「渋谷小祭り」。
中抜けもありましたが、東京に10日ほど居続けまして、その間づっとホテル住まい。
明けても暮れても我が家に帰ることも無く、仕事仲間と日を暮らし、札幌での日常的な感覚からしばし離れ、傍に読みかけの本がごちゃまんとあるわけでなく、ちょっとした空き時間が出来る度に手持ち無沙汰になるのは旅先の常。
ということで何かにつけて退屈になるわけでございます。

勿論、物販で立ち働く店長以下は身を粉にして11日間を馬車馬のように走り回っておりましたが、私と藤村先生なんぞというものは、会場に出ずっぱりというわけでもありませんでしたので、そんな時はパルコさんを抜けまして、他に行き場も無く御近所の喫茶店に入って珈琲を飲んだりしておりました。

そういうこともね、札幌にいましたらございませんよ。
藤村先生と珈琲を飲みながら喫茶店で話をするなんてございません。

昔はね、それこそ毎週毎週「水曜どうでしょう」を放送していた頃はスーパー付けなんかの時は編集室で並んでね、あれもこれもと話しておりましたが、DVDになりましてからは一度つないだ作品の再編集ですから、一緒に編集室に入ることも無くなり、それと共にあの人と話す機会も減りましたね。

だからまぁ、こんどの「渋谷の小祭り」は、そういう意味でもあのヒゲの方と久しぶりにいろいろ話す機会に恵まれた空間と時間を与えてもらった意義あるものだったようにも思います。

不意にぽっかり空き時間が出来ますでしょう。
だからといって遠くへ行けるほどの時間でも無いわけです。
そして身を置くのは不慣れな街。東京渋谷。
そういう状況でぽっかり時間が空いた時、人は退屈を覚えますね。
選択肢がおそろしく少ないからでしょうね。
何も出来ないわけでありますよ。

だから、なんとなく「場所でも変えて珈琲でも飲むか」ということになる。
で、飲んでる内になんとなく話し始める。

ひょんなことから話始めたことが意外な尻尾をつかむ事にもなる。

いろんな思い付きがひとつにまとまり、それまで整理がつかなかったまま放置されていた想いにお互い整理がつくこともある。

映画を見に行ったのも、そんな退屈から逃れるためだったと思います。
だから「フラガール」も見に行った。

それは、住み慣れた札幌の街で、時間を作って見に行く時の映画とは、やはりどこか違っていたように思います。

退屈な時間を埋めるために不慣れな街の映画館の暗闇の中に逃げ込んで、まずほっとしようとする。
そこで、映画を観ながら気持ちを落ち着かせようとするわけです。
そんな気持ちの時に観る映画は、どうも格別のものがあったように思えます。

「退屈」

それはこれまであまり好い意味の言葉ではないように思っていましたが、ひょっとしたらそんな「退屈」は、ぼくら人間にとって、とても具合の好い、とても大事な状態を作っているのかもしれないなと思ったのでありますよ。

あれもこれもと選択肢がある日常のなかで行き詰る「退屈」ではなく。
不慣れな空間で選択肢そのものが少ない今回のような状況で何もすることがなく覚える「退屈」は、映画(娯楽)を格別のものにする様に思いました。
ほら、ちょうど、お腹が減った時に食べた御飯みたいなものだと思うんですね。
お腹が減ってる時に美味しいご飯をガツンと食べる。
とにかくお腹が減ってるからガツンと食べる。
とにかくお腹が減ってるから美味いものは物凄く美味い。
物凄く美味いから、物凄い勢いで残さず食べる。

そこには、美食という後味だけでは味わえない、食べ終わった後の人間的な満足感が物凄くある。

生き物の本質を思い出したような満足感に満たされるのではないでしょうか。言いすぎ、あ、そう。

腹が減った時に食う御飯と、退屈を覚えながらすがるような思いで観に行く映画にはね、物凄い共通項があるように思えますね。

歴史を遡ればさかのぼるほど、きっと昔の人は退屈していたのではないでしょうかね。
便利な物が何も無いから、人と話すのが一番の娯楽だったのかもしれないですね。
だからそんな時にね、日が暮れてテレビもない、ラジオもない、インターネットも無い、電話も無い、本も無い、そうするとね、寝る前に聞く年寄りの昔話なんかは子供等にとっては最大の娯楽ということになる。
なんか楽しそうですね。
暖かそうですね。

多くの楽しみがある中で、その楽しみに飽きてしまって覚える「退屈」ではなくてね、なんの選択肢もない手持ち無沙汰な状況で、自分たちが積極的に貪欲に「退屈」から逃れるために楽しもうとするときの「退屈」には、きっとぼくらが生きていくための原動力が詰まってるのではないかと、そんなことをこの「小祭り」の11日間で妙に実感したのであります。

理屈っぽかった?
だったらごめんなさいませよ。
でもね、ほんとにそう実感したの。

「退屈」って好いものだって。

まぁ、とにかくね。
いろいろ考えることができた新鮮な11日間だったということなんですよ。
会場にお見えになった皆さんからも、間違いなくパワーをいただきましたしね(奪われもしたような気も勿論しますが、それはそれ、これはこれ)。

さぁ、それではまた来週。
それまで皆様解散でございます!

来週まで!ごきげんよう!さようなら!

あら。
なんだかもう札幌は真っ暗になってしまいましたねぇ。

北国の秋は物悲しいですなぁ。

じゃ、また。
さいなら。


【福原美穂の5曲入りミニアルバム「StepOutEP」(1500円)発売】
HTB制作陣を中心に撮影した「恋はリズム」のビデオクリップがCDエクストラ対応で付いております。

札幌から1時間弱、空知平野の滝川・丸加高原で先月撮影したPV。パソコンに入れれば、小さい画面ではありますが全編ご覧になることができます。

あの日、我々が見た北海道の抜けるような青空を、福原美穂の見事な歌いっぷりと共に是非ご覧ください。

この曲、札幌で開催されるノルディックスキー世界大会の公式応援歌になりました。道産子ならば、道産米を食べ、道産のアーティストの曲を聴く。さすればいずれ沖縄音楽にも負けない環境ができましょう。

MADE IN HOKKAIDO。

どうでしょう共々、夢チカレコードもどうぞご贔屓に。

HTBオンラインショップで通販しております。

(17:27 嬉野)

2006年10月12日木曜日。嬉野でございます。

うそです。

本日も藤村でございます。先生は現在、「クラシック」の急な手直し作業が入りまして、手が離せない。そこで本日もわたくしがビタビタと執筆してまいります。

さて。

「渋谷小祭」のために長期の東京滞在をしておりましたが、ある日、私と嬉野先生は会場を抜け出して、映画を見に行きました。

「んなことしてたのかよッ!」

と、お怒りの方もいらっしゃるかと存じますが、「バカ野郎!おめぇらのテンションに付き合うのは疲れるんだよッ!」と申し上げておきましょう。

で、映画。

二人で何を観たかと申しますと、「フラガール」。

なんでも「アカデミー賞日本代表」に選ばれたとかで、すこぶる評判がいい。四宮Pもご覧になったとかで、「とにかく良いから」と太鼓判を押す。太鼓判を押しただけでなく、「ここが良い」「あそこが良い」と具体例を説明し、しまいにゃ「ラストシーン」にまで言及する始末。

「そこまで言ったら、感動するもんもできんじゃないか!」

と、怒るところではありますが、実のところ話を聞いて「まぁ、想像どおり」と、そう思ったのであります。

福島県は常磐ハワイアンセンター。その創世期のダンサーたちのお話。「ウォーターボーイズ」とか「スウィングガールズ」とか、あんな感じの青春サクセスストーリー。苦労したけど最後は、ビタッ!と踊ってね、わぁー良かったねーと、涙もろいおじさんなら多少目頭も熱くなりましょうと、バカのテンションに疲れた心が癒されるねーと。

それでね、観ました。「フラガール」。

えー・・・。

私はね、映画でね、あんなに泣いた、というか、終始号泣し続けたことはないですよ。

もちろんとなりの嬉野先生も号泣ですよ。おっさん二人、肩を並べて大号泣ですよ。

凄いですよ!「フラガール」は。最近の映画の中では、実力が抜きん出てますよ。

「どこが凄いか」、具体例はいっくらでも出てきます。でもね、ここまで「後味良く泣ける映画」ってのは、ただもう「凄い!」と、それしか言いようがない。

「普通の映画とどこが違うか」

「役者の顔がまったく違う」のは確か。画面に映っている役者、端っこの人まで全部ひっくるめて、見逃せない。

とにかく、わたしら「フラガール」とは何の関係もないおっさんですけどね、こればっかりは声を大にして言っておかねばなんね!

「フラガールは映画館で観ないと絶対に後悔する!」

「DVDが出たら観よう」とか思ってたら、「最後のシーンの凄さ」が半減する。それはもったいない。

あれこそ、「映画」。

フラガールこそ、映画館で金払って観るべき!

ね、ずいぶん興奮気味にまくし立てましたけど、あの日私と嬉野先生は「フラガール」について2?3時間平気でしゃべりましたからね。涙ながらに。

だから明日も、う先生が「フラガール」の話をするかもしれませんけど付き合って下さいよ。

「いいものはいい!」んだから。

じゃ、また明日!

あ、明日で「フラガール」終わりじゃなかったか?

急げ!

【福原美穂の5曲入りミニアルバム「StepOutEP」(1500円)発売】
HTB制作陣を中心に撮影した「恋はリズム」のビデオクリップがCDエクストラ対応で付いております。

札幌から1時間弱、空知平野の滝川・丸加高原で先月撮影したPV。パソコンに入れれば、小さい画面ではありますが全編ご覧になることができます。

あの日、我々が見た北海道の抜けるような青空を、福原美穂の見事な歌いっぷりと共に是非ご覧ください。

この曲、札幌で開催されるノルディックスキー世界大会の公式応援歌になりました。道産子ならば、道産米を食べ、道産のアーティストの曲を聴く。さすればいずれ沖縄音楽にも負けない環境ができましょう。

MADE IN HOKKAIDO。

どうでしょう共々、夢チカレコードもどうぞご贔屓に。

HTBオンラインショップで通販しております。

(19:11 藤村)

・10/1以降の更新がはてブに送れていませんでした。もし、そちらでチェックされている方がいましたらごめんなさい。

・発売の翌日にチェックしたのですが、Zippo(ダメージ)は売り切れでした。勢いあまって、再入荷はありますか?と問い合わせてみましたが、未定でございますとの返事でした。ぬぬぬ。
卓上カレンダーでリベンジしたいと思います。まだ2ヶ月以上ありますけど。

・最近、blogやmixiにリンクしていただくことが多くなっております。管理人としては喜んでいるんですが、過度のご期待には応えられないと思いますので…基本的には公式サイトを見ていただき、見逃したッ!または、そういやアレは?と言うときに見返していただくくらいがちょうど良いかと思っております。まぁいいんですけどね。

・とかいいつつ、何かあれば、ご遠慮なく。リンク増やしてくれとかでも、何とかなるかもしれません。suidou@d-archives.infoくらいまで。ニュアンスで届くと思います。

・このサイトの今後についてですが、日記本がどうもすぐには出る感じがないし、出ても多分、かなり昔(2001年とか?)のものになりそうなので、あと何年かはこのまま淡々と続けても良いかなと思っています。そんな方針でいつつ、局所対応で。

・あと、軽くお知らせのおさらいですが、URLと、RSSのアドレスが変わってます。
そちらもチェックお願いしますね。

URL
旧URL:http://www.nobodyplace.com/suidou/d_archive
 ↓
新URL:http://suidou.d-archives.info/

RSSフィード
旧:http://suidou.d-archives.info/index.xml など
 ↓
新:http://feeds.feedburner.jp/suidou/d-archives


・そんな感じで。また。

10月11日水曜日。どうもご無沙汰いたしておりました藤村でございます。

11日間に及びました「水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭」が終了いたしまして、昨日、札幌に戻ってまいりました。

総入場者数、およそ3万人。それまでの最高記録であった「ペ・ヨンジュン展」を大きく上回り、史上最高の人出であったそうでございます。ヨン様を北海道のヨウ様が追い抜いたと、そういうことでございますな。

わたくしと嬉野先生は、最初の2日間と最後の4日間ほど、会場でお手伝いをさせていただきました。

しかしながら、かような番組ディレクターに大きな歓声、カメラの放列、フラッシュの嵐・・・私ども正直申し上げて恥ずかしさに身もだえしておりました。できることなら握手をし、肩を叩き合い、一言二言交わして「ありがとう」と、お礼を言いたかっただけでありますが、「サインして下さい!」などと言われるたびに、顔を伏せてしまうのでありました。

「うわ?藤やんサインしてる。芸能人みたい」、そんな声が聞こえると、もういてもたってもいられなくなったのであります。

がんばって2時間。それ以上になると顔がこわばっていくのがわかりまして、悪いけれど会場を早々に退散する毎日でありました。

しかし、最後の最後にようやく踏ん切りがつきました。

この人たちは、芸能人に会いに来てるわけではない。5人目のどうでしょう班として、「仲間の二人」に会いに来ているのだ。いつも一緒に旅をしているヒゲとうれしーに会いに来ているのだ。せっかく会いに来たんだから、一緒に記念写真を撮りたいし、何か一筆書いてほしい。それだけのことじゃぁないか。何を恥ずかしがっているのだと。よっぽど自分たちの方が意識してるじゃないかと。

「だからまぁ先生、恥を忍んでなるべくがんばりましょう」と。

それで、時間があればサイン(名前を書くだけだけど)もするし、写真も撮る。決して「ファンサービス」なんかじゃない。単に、会いに来てくれた仲間に対する礼儀として振舞おう。

最終日、午後6時の閉会では、残っていた人々を前に四宮Pが挨拶をし、「よーし、じゃおまえらとっとと帰れ!」と送り出しました。すると女性陣が次々とわたくしに抱擁を求めてまいりましたので、ぶつかり稽古のようのにがっしりと受け止め、最後の一人まで「じゃぁまた!」と、階段で見送りました。

会期中は、夜9時までの開店時間にもかかわらず、ほぼ昼ごろには「入場札止め」という異常事態となりまして、せっかく渋谷まで足を運んだのに入場できなかった方が数多くいらっしゃいました。申し訳ございませんでした。

また、最終日が近づくにつれ、ほとんどのグッズが完売品切れとなりましたこと、重ねてお詫びいたします。

しかしながら今回、皆様の顔を間近に見て、またひとつ、気持ちが整理されてきたような気がいたします。

「我々はいつまでもここにいる」。

これこそが、どうでしょうであると。

だからおまえらも、「新作いつ放送するんですか!」「DVD早く出して!」とか言うのは勝手だが、基本的には黙って待ってろ!必ずやるから。

そして、「また次も小祭やってください!」と、言うのは勝手だが、「バカやろう!疲れるんだよ!もうやらねぇ!」と言っておく。

最後に。実は内緒で大鈴ご両人も呼んで、トークショーでもやろうと思っていましたが、現場の混乱を避けるため、中止としました。

二人には、直接参加してもらうことができず、申し訳なく思っていますが、しかしお二人に言っておきます。

「来なくてよかったよ。バカのテンションにはオレでさえついていけなかったんだから」


さて本日。

夢チカレコード、福原美穂の5曲入りミニアルバム「StepOutEP」(1500円)が発売でございます。

監督は私藤村、カメラは制作部の鈴木カメラマン、プロデューサーは福屋キャップと新鋭・数浜というHTB制作陣を中心に撮影いたしました「恋はリズム」のビデオクリップがCDエクストラ対応で付いております。

札幌から1時間弱、空知平野の滝川・丸加高原で先月撮影したPV。パソコンに入れれば、小さい画面ではありますが全編ご覧になることができます。

あの日、我々が見た北海道の抜けるような青空を、福原美穂の見事な歌いっぷりと共に是非ご覧ください。

この曲、札幌で開催されるノルディックスキー世界大会の公式応援歌になりました。道産子ならば、道産米を食べ、道産のアーティストの曲を聴く。さすればいずれ沖縄音楽にも負けない環境ができましょう。

MADE IN HOKKAIDO。

どうでしょう共々、夢チカレコードもどうぞご贔屓に。

ではまた明日!

(17:05 藤村)

10月6日金曜日。

夜の渋谷小祭り会場から嬉野がお送りしております本日の日記であります。

さて東京は朝から強い雨そして強い風であります。それでも会場には多くの皆さんがおいでになりまして、とにかくグッズが限りなく少なくなっております。
ですので明日以降おいでになる方はそのあたりを御了承の上おいでくださいますよう、重ねてお願いいたします。


【以下はお昼頃の日記】

藤村でございます。

本日、渋谷は大雨。
相変わらず多くの方々がいらっしゃっております。
グッズの方が完売の物が多数出ております。
その点、ご了承下さいませ。

取り急ぎ、現場から藤村でございました。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」


(21:27 藤村)

10月6日金曜日。

藤村でございます。

本日、渋谷は大雨。
相変わらず多くの方々がいらっしゃっております。
グッズの方が完売の物が多数出ております。
その点、ご了承下さいませ。

取り急ぎ、現場から藤村でございました。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」


(12:48 藤村)

10月3日火曜日。

札幌に戻ってまいりました藤村でございます。

まずは「渋谷パルコ小祭」情報。

平日に入りまして「少しは混雑が緩和されるか」と思われましたが、昨日月曜日も午後3時半の段階で「入場打ち止め」となり、本日も間もなく「打ち止め」となる模様でございます。

1日あたり会場に入場できる人数は、「およそ2000人」。

本日は10時開場の段階で「750人ほど」が並んでおられたそうであります。つまり、1日の総入場者数の「1/3」が、「すでに開場前に並んでいる」という状況。日曜日は「1500人が並んでいた」ということですから、もう半分以上の方が会場前から押しかけているという状況であります。

現場では行列の状況を見て、整理券を配り、「ここから後ろの方は、○時に改めて会場にお越し下さい」と、行列を解消する作業をしております。

しかしいずれにしても、3時間から4時間程度の待ち時間ができてしまう状況であります。

続いてグッズ販売状況。

会場ですでに完売してしまったもの、

新「藤やん犬根付」、新「トリオザタイツストラップ」、新「カッティングシート」。

DVD1、6、7、DVD天幕團、写真集2、木札ストラップ、カブマウスパッド、ネックストラップ、天幕團パンフなど。

10周年記念Tシャツ、パーカー、タオル、ジッポなどはまだ在庫あり。

また、DVD1,6,7弾に関しては、5日木曜日に再入荷の予定(天幕團は完売)。

以上であります。


さて。

わたくし、先週金曜と土曜の2日間、会場入口にて「誘導係」をしておりました。開場直後こそ混乱を避けるため、握手や一緒に写真撮影をすることを遠慮願っておりましたが、4時間近くも並んでいた方々に「それはどうだろう」と思い直しまして、極力、行列が止まっている間は握手も写真も「お好きなだけどうぞ」ということにいたしました。

会場内での写真撮影も、当初は全面禁止にしようかと思っておりましたが、四宮Pの「なるべく禁止事項は作りたくない」という意向のもと、「各自、立ち止まらずに」ということを条件にOKといたしました。

ただ、そうは言ってもお客さんが撮影をすることによって、やはり混雑はひどくなり、そうなると早い段階で入場を断らなければならない。それで昨日あたりは「撮影禁止」の措置を取らざるをえなくなったようであります。

「せっかく並んでもらったんだから写真ぐらい撮ってもらいたい」
「せっかく来てもらったんだからなるべく多くの方に見てもらいたい」

両者は、相容れないのであります。上手い解決策はない。

「ならば、もっと広い所でやればよかったではないか」
「狭いからこういうことになる」

そう言う方も数多くいらっしゃいました。

しかしながら、「それはできません」。

昨年の「大祭」のようなことを毎回やる力は、我々には「ない」のであります。せいぜい「小祭」。展示物の搬入からしてディレクターがやるような、ローカル局の小さな催事なのであります。

でもその「ローカル局の催事」の域を、すでに超えてしまっているのは重々承知。東京のド真ん中、渋谷パルコの方々でさえ「経験したことのない事態」に混乱しているのであります。整理券を配っても、どれぐらいの時間に何人来てもらえばいいのか、なかなか予想が出来ない。

ですから、解決策はただひとつ。

「みなさん、我慢して下さい」。

「子供をお連れの方は、今回は無理をせず退却して下さい」。


来週月曜日。

「水曜どうでしょう」の放送が北海道でひっそりと始まった日から、ちょうど10年となります。

その時から、スタッフの数は変わっておりません。グッズ担当の石坂店長が増えたぐらい。あとはなんにも変わってない。そして、変えるつもりもない。

だから私は、声を大にして言うのであります。

「すまんが我慢してくれ。おれらにはこれぐらいしかできんのだ」。


日曜日。

東京から新幹線でひとり盛岡に行きました。

岩手の地デジスタートのイベントに呼ばれたのであります。

そのさなか、数多くの岩手県民の前でわたくし、「くそ田舎」と呼ばわってしまいました。

「もっと岩手の良さをアピールしたい!」というイベントで、「岩手はアピールする必要なし」と言ってしまいました。

だって・・・田舎には、田舎のやり方があるのです。

盛岡は、こじんまりとしていい街でした。
そこに住まう人々も、いい人達でした。

岩手のお話、たっぷりありますが、それはまた改めて。

ということで本日の日記これまで。


追伸。

渋谷には、またお邪魔します。

ビシビシ誘導するぞ!


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」


(17:00 藤村)

2006年10月1日(日曜日)

渋谷小祭り会場より嬉野がお送りしております、本日の日記日曜版であります。

さて、いや、もう、あの、大変です。渋谷小祭り会場。

大変なことになっております。

初日、二日目、そして本日の三日目と、日を増すごとに突入してくる精鋭部隊の皆さんは、その数を増すばかりなのでありまして。

なんと本日はですね、午前9時半の段階で、すでに1500人もの藩士の皆さんが渋谷の街に並ばれておられまして(これは初日の2倍の早さです)、列の最後尾は渋谷公会堂を過ぎ、そのまま伸びてNHKさんを過ぎ、なんとその先の代々木公園にまで達する勢いだったそうでございます。

そして午前10時開場。

開場時刻は予定通りでしたが、なんとその1時間後の午前11時には、並ばれた藩士の皆さんの数は、早くも一日の入場者数の上限に達してしまったのであります。

つまり開場から一時間しかたっていない午前11時過ぎに来た皆さんは、もう入場できなくなっていたわけですよ。


恐るべき事態です。

誰も予想し得なかった事態がまたしても起こってしまったのであります。

さすがに明日からは平日ですからね、ゆっくり見れるでしょうと書こうかと思っておりましたが、もう分かりません。へたなことは言えない書けない状況になっております渋谷小祭り会場。

でもまぁ、明日から平日ですのでね、多分ゆったりするだろうなぁ、とは個人的に思います。


でも、とにかく繰り返して書いておきますね。

今回の渋谷小祭り、午前10時より午後9時までとなっておりますが、上で書きましたように、金土日ということもありましてか、これまでの三日間のところ、かなり早い段階で一日の入場者数の上限に達してしまい以降の入場をお断りさせていただくような状況になっておりますので、そのことを頭の片隅に置いておいていただきまして、「そういうこともあるんだなぁ」と、お越しになる時は思っていただきますよう、お願いいたします。

それでは、本日はこれまででございます。

藤村先生も今朝、札幌へ帰りまして、わたくしもそろそろ帰ろうかと思います。いやはやこの三日間で皆さん方の熱烈なるパワーを久しぶりに目のあたりにいたしまして、改めて恐れいったしだいであります。

明日よりは、店長石坂だけが残されまして孤軍奮闘ということになりますので、どうぞ暖かく見守っていただきたいと思います。

小祭り会場へ行かれるみなさん。

田舎者のHTBが渋谷などへ出かけまして、今後もいろいろとご迷惑をかけるかもしれませんが、どうぞよろしく御寛恕(ごかんじょ)くださいますようお願いいたしますで、あります。

それではまた、でございます。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいりました!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。


(17:51 嬉野)

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12