9月10日火曜日。藤村でございます。

001-藤村

9月10日火曜日。藤村でございます。
最終日からなんだか声が出なくなりまして、きのうはもう完全にしゃべれなくなって、ようやく今日、声が出るようになりました。酒飲んで大声出し過ぎたんでしょうね。
祭りが終わりました。
いろいろと・・・来場してくれたみなさんにも、出店してくれたみなさんにも、行き届かなかった部分が多々あったと思います。すいませんでした。
でも、みんなで顔を合わすことができて、良かったですな。
それが一番良かったです。
力強かったですわ。
とにかく顔が見れてよかった。
きのうはぼーっとしてて、会社はお休みして、録画してあったサッカーや「半沢直樹」を一気に見て、最後にNHKの「プロフェッショナル」特別編の宮崎駿さんのドキュメントを見て、それでなんか落ち着いたというか、「そうだよなぁ」と、「宮崎さん、やることやったよなぁ」と、そんなことを思っておりました。
今日からまた編集室にこもって、新作の編集をしています。
みんなも無事に帰り着いて、またそれぞれの場所で、いつもの生活に戻ったでしょうか。
会場でも最後に言いましたが、
「どうもありがとう」。
【本の宣伝です!】
藤村、嬉野の「腹を割って話そう」の第2弾「未知との遭遇編」が発売されました。表紙は便器。そのわけは、読めばわかります。
読売テレビの西田さんとの対談本「テレビバカ」も発売されました。どうでしょうをあんまり知らない西田さんと、なぜか一緒にテレビ埼玉で番組をやることになったいきさつ、副題にある「ツッパリオヤジと小悪魔オヤジ」の意味も、読めばわかります。また出版元の角川さんの「ちょくマガ」というメルマガもスタートしました。
今月末には藤村、嬉野の「悩むだけ損」の第2弾も発売の予定でございます。どれも話の中身は、かなり濃いと思います。
(19:44 藤村)