2012年6月アーカイブ

水曜どうでしょうDVD18弾予約開始しましたぞ!「サイコロ6/onちゃんカレンダー/30時間テレビの裏側」のシブい企画3本立て!
劇団ヨーロッパ企画の芝居短編集「ヨーロッパ企画です。」DVD発売中!
【お祭り延期のお知らせはスタッフルームに移動してます】

6月29日金曜日。藤村でございます。

今年の2月にロケをして、先月ようやく完成した韓国向けバラエティー番組(30分×全8回)の出演者であるイケメンのアイドルグループが、6月7日に韓国でデビューしました。
デビュー前だったので、これまで詳しいことは言えませんでしたが、彼らのグループ名は、「CROSS GENE(クロスジーン)」。韓国人3人(シン、ヨンソク、サンミン)中国人2人(キャスパー、J.G)日本人ひとり(タクヤ)の国籍混合6人グループです。

検索すれば、彼らのPVを見ることができます。えらい濃いアジアンな化粧をしてカッコよくやってますが、ヤツらの素顔は実に個性的で、愛着がわくというか。そう、愛着がわいてしまうんです、やつらには。

それは、2年ほど前から何度も韓国に行き、彼らとメシを食い、そして一緒に番組を作って無理難題を押し付けて、やつらの素顔がどんどん出てくる中で感じたことです。

唯一の日本人のタクヤは、JUNONボーイかなんかのコンテストで入賞して、こっちでモデルをやっていたけれど、元来の人の良さからか、他人を押しのけてまで前へ出て行こうとしない。それを見た事務所の人に「ひとりで韓国へ行って来い」と言われて韓国で暮らし始め、たった半年で言葉をマスターして、このグループに入った。でも結局彼には、このグループの中でも積極的に前に出て行こうという欲が見えません。でも国籍の違う6人の中で、タクヤが調和をとっているのは確かです。タクヤはこのグループのリーダーに選ばれました。それは、彼の人の良さが、韓国人と中国人の中では、弱点としてではなく、良い方向に向いたのだと。人はどこに行っても簡単には変わらないけれど、どこかにちゃんと居場所は用意されているんだと、そう思いました。

韓国人3人は、共通してマイペースなやつらです。日本人タクヤの「調和」という言葉からはほど遠いようなやつらですが、とてもフレンドリーで「率直」です。シンは、かわいい顔をして人気も高いし、スター性はあるようだけれど、番組の中ではダメダメぶりを随所に露呈して、そこに愛着がわく。サンミンは明るい性格で、おもしろいやつですが、こいつも番組の中ではダメダメぶりを存分に発揮しています。なんとアイドルでありながら番組内で「吐く」という事件を起こします。ヨンソクは、天然なのか頭がいいのかわからないけど、一番番組の意図を理解しているようなセンスを感じます。いや、たぶんヨンソクはなんにも考えずにやってるんだろうけど。

中国人のふたりには、韓国人3人のような「率直さ」は、最初は感じられませんでした。単純に「どうしていいかわからない」というような「遠さ」をお互いに感じていたのかもしれません。でも、番組を進めていく中で、一番ノッていたのは、中国人のキャスパーとJ.Gでした。キャスパーは英語も話せるし、上海の都会育ちの匂いをプンプンさせているようなやつだけれど、その奥に人柄の良さと親しみが隠されていたことに気付きました。中国の田舎育ちのJ.Gは、たぶんこの番組の主役です。番組の意図を、逆にまったく理解していないような破天荒ぶりが、たまらなくおもしろいんです。単純に「おまえスゲーな」と言いたくなるような。番組のロケが終わり、この中国人ふたりから中国式に注がれる酒をガブ飲みしているうちに、生涯の友を得たような気持ちになりました。

韓国、中国、日本という、歴史的にもいろいろあった近しい国が、今、本当の意味で近しくなれるとすれば、こういう6人の若者たちの個性を、それぞれに理解し、愛着がわくようなところから始まるのではないかと思います。

この番組の韓国での放送は、予定していた6月から遅れ、まだ決まっていません。決まり次第お知らせいたします。
実は韓国にも多くのどうでしょうファンがいることを知りました。

また、日本でも早く放送されて、みなさんに見てもらいたいと強く思っております。

イケメンどもの「早食い競争」は、見物ですぞ。

「アラフォーのチームナックスもいいけれど、もうちょっと若いイケメンも」という奥様方、「CROSS GENE」なかなかオススメです。

ではまた来週!

【昨日のう日記】

2012年6月28日(木)

嬉野です。

いじらしい。

そんな言葉が日本語にはありまして。
私、なんだか好きです。
いじらしいの。

つらい立場にあるのに、主張してない、
ひたすら飲み込んでる感じがあります。

ひたすら飲み込んでるんだからさぁ、
おまえ、もう飲めないだろう? なっ、て、
そばで見てる方が心配するほどで、

それなのに、
それでもなんにも言えずに、
文句もいわず、現実を受け入れてる。
そんな感じがあります。

いじらしい。

もちろんね。文句も言えず、飲んでいるのは、非力だからです。
でも、非力だけど、精いっぱい努力している様子がみえます。

それだから、いじらしいは、可哀そうとは違う。
そう、いじらしいは、まだ、負けてないの。

踏みつけにされてるのに、
踏みつけにされたのに、それを受け入れて、前を向こうとしてる。

いや、

前は向けてないかな、

うつむいて、
よく見れば、その顔は、涙ぐんでるのかもしれない、

でも、身体は、しかたない、動かさないと、
そう思っているのか、動き回ってる。

北国の花を見てると、いじらしい、という言葉を思い出すの。

ほら、南国に比べると、太陽エネルギーが少なくて、
冬の寒さは暴力的でしょ。

植物たちは、一年の半分くらい、
がまんして、飲み込んで生きている。

それだから、雪が融けて春になると、
いっせいに花が咲く。
夏が短いから。

九州育ちの私には、それがなんだか、いじらしい。

日本人は、いじらしい。
こんな過酷な土地で長い歴史の時々に踏みつけにされて、
それでも、せいいっぱい生きている。

負けてないんだよね。
野の花のように。


本日も、各自の持ち場で奮闘ください!

解散!


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。



(13:58 藤村)
只今!水曜どうでしょうDVD18弾!予約受付中!
【お祭り延期のお知らせはスタッフルームに移動してます】

2012年6月28日(木)

嬉野です。

いじらしい。

そんな言葉が日本語にはありまして。
私、なんだか好きです。
いじらしいの。

つらい立場にあるのに、主張してない、
ひたすら飲み込んでる感じがあります。

ひたすら飲み込んでるんだからさぁ、
おまえ、もう飲めないだろう? なっ、て、
そばで見てる方が心配するほどで、

それなのに、
それでもなんにも言えずに、
文句もいわず、現実を受け入れてる。
そんな感じがあります。

いじらしい。

もちろんね。文句も言えず、飲んでいるのは、非力だからです。
でも、非力だけど、精いっぱい努力している様子がみえます。

それだから、いじらしいは、可哀そうとは違う。
そう、いじらしいは、まだ、負けてないの。

踏みつけにされてるのに、
踏みつけにされたのに、それを受け入れて、前を向こうとしてる。

いや、

前は向けてないかな、

うつむいて、
よく見れば、その顔は、涙ぐんでるのかもしれない、

でも、身体は、しかたない、動かさないと、
そう思っているのか、動き回ってる。

北国の花を見てると、いじらしい、という言葉を思い出すの。

ほら、南国に比べると、太陽エネルギーが少なくて、
冬の寒さは暴力的でしょ。

植物たちは、一年の半分くらい、
がまんして、飲み込んで生きている。

それだから、雪が融けて春になると、
いっせいに花が咲く。
夏が短いから。

九州育ちの私には、それがなんだか、いじらしい。

日本人は、いじらしい。
こんな過酷な土地で長い歴史の時々に踏みつけにされて、
それでも、せいいっぱい生きている。

負けてないんだよね。
野の花のように。


本日も、各自の持ち場で奮闘ください!

解散!


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。



(16:11 嬉野)
2012年6月26日(火)

嬉野です。

そうは言っても、
ただ今、どうでしょうDVD18弾は!
フル回転でご予約受付中でありますよ奥さん!

そして、やはり藤村さんはやっぱり今回も、
いまだに編集中!
あぁ今回も間に合うのかどうでしょうDVD!
受取日に本当に受け取れるのか!
(受け取れますって)

ネットで申し込んでやろうとお考えの諸氏は!
受取日に自動的にご自宅へお届けしてさしあげる、
HTBオンライン城にて落城前にご予約を!

いやいや、予約には駆け込みたいぞと意気込まれる方は!
全国のローソンさんにあります、
あのロッピ端末より討ち入られませ!

もちろん!道内Onちゃんグッズ取扱店さんでも、
予約受付中でございます!

どうぞ奥さんよろしくね!

それでは本日もこれにて解散。
本日も、各自の持ち場で奮闘くださいませ!
頼みましたよ奥さん!

では、また明日な!


【藤村さんよりお知らせ】

まだ少し先の話です。
9月8日土曜日、私と嬉野先生のふたりで、
岩手県洋野(ひろの)町におじゃまいたします。

洋野町の町立図書館の読書推進イベントの一環として、テレビじゃなくて「本」について語ります。

?講演会は無料でございます
(ただし応募して入場券を得ることが必要です)

?応募数が、会場の席数より多くなる場合は、
抽選になりますので悪しからずご了承いただきます。
(席数は800席)

?みなさんお応募を洋野町図書館さんで抽選したうえで、
当選した方にのみ、7月下旬ごろ、入場券を送りいたします。

日時:9月8日(土)午後3時〜4時半
場所:岩手県洋野町民文化会館セシリアホール
応募方法:官製はがきに代表者の氏名、住所、電話番号、希望座席数(1人につき3席まで応募可。複数席希望の場合は座席数分の氏名も記入)、藤村嬉野への質問など記入して郵送。
応募先:〒028−7914 岩手県九戸郡洋野町種市23−27−1 洋野町立種市図書館

応募期限は6月30日(土)必着

詳しくはネット検索してくださいませ。


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(13:11 嬉野)
2012年6月21日(木)

嬉野です。

先日、うちの藤村さんからの告知にもありましたように、
岩手県の洋野町(ひろのちょう)にあります町立図書館に、
うちの藤村さんとわたくしがお邪魔することになりましたが、

電話での問い合わせが多くなっているので、
次の3点を追加で告知していただけませんでしょうかとの
ご連絡が、洋野町立図書館さんよりありましたので、
お知らせいたしますね。

?講演会は無料でございます
(ただし応募して入場券を得ることが必要です)

?応募数が、会場の席数より多くなる場合は、
抽選になりますので悪しからずご了承いただきます。
(席数は800席)

?みなさんお応募を洋野町図書館さんで抽選したうえで、
当選した方にのみ、7月下旬ごろ、入場券を送りいたします。

とのことでございました。
よろしくお願いをいたします。

詳しくは、ネットで
「洋野町立図書館 水曜どうでしょう」で検索できますので、
検索してくださいませ!

それでは、以下の藤村さんのお知らせも、
この際、あわせてお読みくださいませ。(うれしのより)

●藤村でございます。
お知らせを。

まだ少し先の話ではありますが、9月8日土曜日、私と嬉野先生のふたりで、岩手県洋野(ひろの)町におじゃまいたします。

洋野町の町立図書館の読書推進イベントの一環として、テレビじゃなくて「本」について語ります。

東北のみなさま、お時間が合えば、ぜひぜひ洋野町いらっしゃって顔を見せてください。藤村、嬉野、お待ちしております。

日時:9月8日(土)午後3時〜4時半
場所:岩手県洋野町民文化会館セシリアホール
応募方法:官製はがきに代表者の氏名、住所、電話番号、希望座席数(1人につき3席まで応募可。複数席希望の場合は座席数分の氏名も記入)、藤村嬉野への質問など記入して郵送。
応募先:〒028−7914 岩手県九戸郡洋野町種市23−27−1 洋野町立種市図書館

応募期限は6月30日(土)必着

ということでね、
ここより嬉野が再び登場いたしまして、
本日の解散の宣言をいたします。

それではみなさま、
本日も各自の持ち場で奮闘されますように!
声を大にして願いあげます!

解散!


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(15:03 嬉野)
6月18日月曜日。藤村でございます。

九州、東京、ソウルと出張が続き、いよいよ予約開始となったDVD第18弾も追い込み作業中ということで、なかなかこちらに顔を出せないでおります。

本日は、ひとつお知らせを。

まだ少し先の話ではありますが、9月8日土曜日、私と嬉野先生のふたりで、岩手県洋野(ひろの)町におじゃまいたします。

洋野町の町立図書館の読書推進イベントの一環として、テレビじゃなくて「本」について語ります。

東北のみなさま、お時間が合えば、ぜひぜひ洋野町いらっしゃって顔を見せてください。藤村、嬉野、お待ちしております。

日時:9月8日(土)午後3時〜4時半
場所:岩手県洋野町民文化会館セシリアホール
応募方法:官製はがきに代表者の氏名、住所、電話番号、希望座席数(1人につき3席まで応募可。複数席希望の場合は座席数分の氏名も記入)、藤村嬉野への質問など記入して郵送。
応募先:〒028−7914 岩手県九戸郡洋野町種市23−27−1 洋野町立種市図書館

応募期限は6月30日(土)必着

では、嬉野先生の本日の日記です。どうぞ。


2012年6月18日(月)

嬉野です。

前にぼんやり見てたテレビでね、
鮭が川に戻ってくる様子をうつしてたよ。

したら、テレビの中で、その様子を見てた誰かが言ったの、

「鮭って、どうしてあんなになってまで川に帰って来ちゃうんでしょうね?」って。

私もね、見てていつもそう思うんだよ、

だってさ、
川も上ってけば、だんだん浅瀬になってくるしさ、
鮭だって身体が水面から出ちゃってるくらいでさ、
ウロコだって川床にこすれて傷ついていくしさ、

ほんとにそうだ、
なんで帰ってくるんだとうなぁって思って見てた。

そしたらテレビの中で、そばにいた人が答えたよ。

「帰りたいんだよ!」って。

ひと言。

なんだろう。
それ聞いて泣けちゃった。

「帰りたいんだよ!」

そのひと言が、
生きてる理由のような気がしたのかなぁ。

あぁ、そうだった、って、
なんか、思ったのかな。

シュリーマンだったっけ、
トロイの都は伝説ではなくて本当にあるんだって信じて、
資材を投げ打って発掘した人ね。

あの人だったかなって思ったけど、

シュリーマンは子供のころに確信してたんだね、
トロイの木馬の話を聞きながらトロイの都に魅せられて、

「トロイの都は本当にあったんだ」って直感してた。

シュリーマンは、えらい苦労した人みたいだけど、
結局、事業に大成功して巨万の富を得るんだね。

そして、それを全部トロイの遺跡発掘に投入してしまうんだよね。

そのシュリーマンがね、
言ってたよなぁって記憶するんだけど。

「人間は、幼いころに、全てを手にしていて、
それからの人生は、その手から飛び散ってしまった欠片を
拾い集めることに等しい」って。

「帰りたいんだよ…」

そんな焦がれるような思いだけが、
生き物を突き動かして、
生かすのかもしれない。

つってね、
オレは今書いたけど、

書いといて、
これシュリーマンじゃなかったってことになったらね奥さん、
これはまた、みもふたもない話になるんだけどねぇ。

ということで、
本日も中途半端な知識のままで生きております
嬉野でございました!

それでは諸氏!
本日も各自の持ち場で奮闘くださいませ!

解散!


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(16:25 嬉野)
2012年6月18日(月)

嬉野です。

前にぼんやり見てたテレビでね、
鮭が川に戻ってくる様子をうつしてたよ。

したら、テレビの中で、その様子を見てた誰かが言ったの、

「鮭って、どうしてあんなになってまで川に帰って来ちゃうんでしょうね?」って。

私もね、見てていつもそう思うんだよ、

だってさ、
川も上ってけば、だんだん浅瀬になってくるしさ、
鮭だって身体が水面から出ちゃってるくらいでさ、
ウロコだって川床にこすれて傷ついていくしさ、

ほんとにそうだ、
なんで帰ってくるんだとうなぁって思って見てた。

そしたらテレビの中で、そばにいた人が答えたよ。

「帰りたいんだよ!」って。

ひと言。

なんだろう。
それ聞いて泣けちゃった。

「帰りたいんだよ!」

そのひと言が、
生きてる理由のような気がしたのかなぁ。

あぁ、そうだった、って、
なんか、思ったのかな。

シュリーマンだったっけ、
トロイの都は伝説ではなくて本当にあるんだって信じて、
資材を投げ打って発掘した人ね。

あの人だったかなって思ったけど、

シュリーマンは子供のころに確信してたんだね、
トロイの木馬の話を聞きながらトロイの都に魅せられて、

「トロイの都は本当にあったんだ」って直感してた。

シュリーマンは、えらい苦労した人みたいだけど、
結局、事業に大成功して巨万の富を得るんだね。

そして、それを全部トロイの遺跡発掘に投入してしまうんだよね。

そのシュリーマンがね、
言ってたよなぁって記憶するんだけど。

「人間は、幼いころに、全てを手にしていて、
それからの人生は、その手から飛び散ってしまった欠片を
拾い集めることに等しい」って。

「帰りたいんだよ…」

そんな焦がれるような思いだけが、
生き物を突き動かして、
生かすのかもしれない。

つってね、
オレは今書いたけど、

書いといて、
これシュリーマンじゃなかったってことになったらね奥さん、
これはまた、みもふたもない話になるんだけどねぇ。

ということで、
本日も中途半端な知識のままで生きております
嬉野でございました!

それでは諸氏!
本日も各自の持ち場で奮闘くださいませ!

解散!


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(15:16 嬉野)
2012年6月15日(金)

嬉野です。

さぁさぁ!
奥さん!おとっつあん!
お坊ちゃん!お嬢ちゃん!
お兄さん!お姉さん!

お待ちかねの、どうでしょうDVD第18弾が!
本日より予約受付開始と相成っております!
すでに予約開始日の15日となっておりますので、
予約は開始中でございまーす!

どーうぞみなさま!
ただちに!すぐに!
HTBオンライン城(オンラインショップですけどね)
にアクセスしていただけば!
黙っていても発売日にあなたのお宅に届けられる
HTBオンライン城(オンラインショップですけどね)を
攻めまくって落城させてやりましょう!

あるいは最寄りのローソンさんへ、
弁当買いがてら討ち入っていただいて、
店内の隅にありますところのロッピーでもって、
盛んに画面を触りながら、
もれなく予約ねがいましょう!どんどん!

予約は道内のOnちゃんグッズ取扱店でも受付しております!

今回は、
水曜どうでしょう最初で最後のゴールデン進出企画!
「サイコロ6」!
そしてその放送まで人知れず裏側で積み上げられてきた、
タレント二人の激闘の24時間、ないしは30時間を見つめ続けたメイキング企画「30時間テレビ」!
そして大人気「安田顕さん参加企画!Onちゃんカレンダー」!
の渋い3本立てとなっております!

今回のDVD予約特典は!
「30時間テレビ」の本編内でも登場しますところの!
当時の番組ロデューサー土井巧が!
自分の番組のゴールデン進出を祝って、
自分で自分に贈った花輪であります!

この花輪!おそるべき精巧さを見せつけながら!
驚愕のフィギュアとなって
ミニマム世界に再現されております!

さぁさぁ!
オンライン城を(オンラインショップですけどね)
落城させるのか!
それともローソン屋敷に討ち入るのか!
はたまた!道内Onちゃんグッズ取扱店さんに駆け込むのか!

それぞれの事情を抱えながら!
みなさま激しく攻撃願いあげ奉ります!

ということでね、
本日は業務連絡でした。

それでは本日も各自の持ち場で奮闘ください!
そして、城か!屋敷か!取扱店か!
各自の都合で攻め上ってくださいませー!

攻撃開始!

【昨日の日記のコーナー】

嬉野です。

なんだろうね奥さん。
こう、波がさぁ。
打ち寄せて来るじゃないすか、浜へね。
ざざざ〜とか音立ててね。

繰り返し寄せて来るじゃないすか、浜にいるとさぁ。

あれはなに?どういった理屈で寄せ続けれるわけ?
あれ別に、オレが見てる間だけ寄せてるわけでないよねぇ?
見てないときも、寄せてるわけでしょう?

いったいね。
何年前から寄せ続けているのかしら?
数十万年?もっと?
その間ずっと寄せっぱなしかい?

オレはさぁ、
それを思ったら肝が冷えたもんね。

いや。
昔、宮崎シーガイアへ行ったですよ仕事で。
するとさぁ、波が寄せてくんのよ、屋内にいるのに。
屋根のある、温度管理のできるひっろーいドームの中でね、
冬であっても真夏の気温だからね、
みんな水着を着てね、人工の浜にいてさぁ、
奥の方からでっかい波が寄せてくんのよ。

「いやぁ海だなぁ」って、妙に感動したけど、

あの人工の海に寄せてた波ってね、
裏でなんかでっかい板が動いて水を押して作った波だったのよ。
だから、あれ電力で作ってた波だか、
ガソリン燃やしたでエンジン回した動力で作ってたかする波でしょう?

つまり、お金のかかった波だったわけでしょ。
そうでしょ奥さん、
人工の波だったらと考えると、
波なんか作ればつくるだけ金が掛かるってわけでしょ?

ある時ね、
私、それ考え始めてね、
その金額を、自然の波に当てはめて考えてたらね、
だんだん気が気じゃなくなってきたですよ奥さん。
いったい幾らかかるんだべと思ってさぁ。

日本中に打ち寄せて来る波をね、
みんな日本の国家予算、
つまりオレらの税金でまかなわなければならなくなったらあなた、
気が遠くなるような莫大な金が打ち寄せる波に化けて毎日毎晩消えてなくなるわけでしょ?

だったら、
あっというまに国庫は破たんすんじゃないのって思うわけ。

そりゃカップルだって、
ロマンチックだからって、
夜の浜なんかにうっかり行ったら、
帰りに気が遠くなるくらいの請求書が行政から回ってくることになるでしょう?
行けないよ海。

うちの福屋キャップとか、
休みにサーフィンに行ってるけど、
サラ金でものすごい借金しながらになると思うよ。

だって奥さん、
波に乗るってくらいの波を要求するわけでしょう?
サーファーはさぁ、
そらあなた普通のランク以上の金額になると思いますよ。

夏になるとはびこる雑草だってさぁ、
人為的に植えるって考えたら、途方もないことになるよ。

作業員、何人雇ったっておっつかないよ。
ぜったい都会を再現する方が安くつくよ。

だって、都会は少し前から実際に人為的に作ってるわけだからね。
だったらどう考えたって広範囲に田舎を再現するって、よっぽど高くつく。

まず、山に膨大な植樹。
平地には雑草も植えて、菜の花も植えて、
いや、みんな造花よもちろん。
そんなもん季節の変化とかありませんよもう。
春なら春だけで精いっぱいですよ。

桜だって満開のまんまですよ。
だったら飽きますよ花見だって、いいかげん。

カブトムシみたいな虫だってフィギュアよ。動かないわよ。
あたりまえでしょ?
動かしたら何ぼ掛かると思ってるのよ?
だって、あんな小さいものを動かすったらね、
ものすごい研究予算が必要になるでしょう?
電池エネルギーだったら、
たんびたんびに電池替える人雇わなきゃいけないしさぁ、

とにかく奥さんね、
今ある自然を全部人間が自前の動力で維持運営しなければならないとなると、
これは、もうね、

「やめるしかないよね」

という結論にまで追い詰められるわけでね、

そしたら、ずいぶん殺風景な景色になるだろね。

CGアニメを作って投影するくらいがやっとですね。
そうなると、やっぱりねぇ。
生きる気合が今みたいには入らなくなるよね。

「自然はありがたい」と、

思うしかないということですよ。

風景見てね、

「きれいだなぁ〜」って、

思うたんびにね、
行政から請求書まわってきたら、
奥さんだってグレたくなるでしょ?

ということでね、
また余計なことを書いたな、と、
後悔しつつ、今日の日記は終わりよ奥さん。

また明日ね。

でも、けっこう来てるじゃないのよ、みんな。

じゃ、
本日も各自の持ち場で奮闘くださいませ。

みんなが、それぞれにね、
自分の人生なんだから、自分で生きなきゃって思ってるから、
世界は回ってるのよ奥さん。

雑草も勝手に生きてくれてるでしょ。
波だって勝手に寄せてくれてる。

いろんなものが、

「や〜めた」

って言わずに生きてくれてるの。
だから、この世界はうまくいってるの。

各自が生きることに意味があるなら、多分それよ。
一人一人が自分の人生を自分で生きているから、
世界は回るの。明日も来るのよ。

分かるでしょ奥さん。
また明日ね。

解散。


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(12:52 嬉野)
2012年6月14日(木)

嬉野です。

なんだろうね奥さん。
こう、波がさぁ。
打ち寄せて来るじゃないすか、浜へね。
ざざざ~とか音立ててね。

繰り返し寄せて来るじゃないすか、浜にいるとさぁ。

あれはなに?どういった理屈で寄せ続けれるわけ?
あれ別に、オレが見てる間だけ寄せてるわけでないよねぇ?
見てないときも、寄せてるわけでしょう?

いったいね。
何年前から寄せ続けているのかしら?
数十万年?もっと?
その間ずっと寄せっぱなしかい?

オレはさぁ、
それを思ったら肝が冷えたもんね。

いや。
昔、宮崎シーガイアへ行ったですよ仕事で。
するとさぁ、波が寄せてくんのよ、屋内にいるのに。
屋根のある、温度管理のできるひっろーいドームの中でね、
冬であっても真夏の気温だからね、
みんな水着を着てね、人工の浜にいてさぁ、
奥の方からでっかい波が寄せてくんのよ。

「いやぁ海だなぁ」って、妙に感動したけど、

あの人工の海に寄せてた波ってね、
裏でなんかでっかい板が動いて水を押して作った波だったのよ。
だから、あれ電力で作ってた波だか、
ガソリン燃やしたでエンジン回した動力で作ってたかする波でしょう?

つまり、お金のかかった波だったわけでしょ。
そうでしょ奥さん、
人工の波だったらと考えると、
波なんか作ればつくるだけ金が掛かるってわけでしょ?

ある時ね、
私、それ考え始めてね、
その金額を、自然の波に当てはめて考えてたらね、
だんだん気が気じゃなくなってきたですよ奥さん。
いったい幾らかかるんだべと思ってさぁ。

日本中に打ち寄せて来る波をね、
みんな日本の国家予算、
つまりオレらの税金でまかなわなければならなくなったらあなた、
気が遠くなるような莫大な金が打ち寄せる波に化けて毎日毎晩消えてなくなるわけでしょ?

だったら、
あっというまに国庫は破たんすんじゃないのって思うわけ。

そりゃカップルだって、
ロマンチックだからって、
夜の浜なんかにうっかり行ったら、
帰りに気が遠くなるくらいの請求書が行政から回ってくることになるでしょう?
行けないよ海。

うちの福屋キャップとか、
休みにサーフィンに行ってるけど、
サラ金でものすごい借金しながらになると思うよ。

だって奥さん、
波に乗るってくらいの波を要求するわけでしょう?
サーファーはさぁ、
そらあなた普通のランク以上の金額になると思いますよ。

夏になるとはびこる雑草だってさぁ、
人為的に植えるって考えたら、途方もないことになるよ。

作業員、何人雇ったっておっつかないよ。
ぜったい都会を再現する方が安くつくよ。

だって、都会は少し前から実際に人為的に作ってるわけだからね。
だったらどう考えたって広範囲に田舎を再現するって、よっぽど高くつく。

まず、山に膨大な植樹。
平地には雑草も植えて、菜の花も植えて、
いや、みんな造花よもちろん。
そんなもん季節の変化とかありませんよもう。
春なら春だけで精いっぱいですよ。

桜だって満開のまんまですよ。
だったら飽きますよ花見だって、いいかげん。

カブトムシみたいな虫だってフィギュアよ。動かないわよ。
あたりまえでしょ?
動かしたら何ぼ掛かると思ってるのよ?
だって、あんな小さいものを動かすったらね、
ものすごい研究予算が必要になるでしょう?
電池エネルギーだったら、
たんびたんびに電池替える人雇わなきゃいけないしさぁ、

とにかく奥さんね、
今ある自然を全部人間が自前の動力で維持運営しなければならないとなると、
これは、もうね、

「やめるしかないよね」

という結論にまで追い詰められるわけでね、

そしたら、ずいぶん殺風景な景色になるだろね。

CGアニメを作って投影するくらいがやっとですね。
そうなると、やっぱりねぇ。
生きる気合が今みたいには入らなくなるよね。

「自然はありがたい」と、

思うしかないということですよ。

風景見てね、

「きれいだなぁ~」って、

思うたんびにね、
行政から請求書まわってきたら、
奥さんだってグレたくなるでしょ?

ということでね、
また余計なことを書いたな、と、
後悔しつつ、今日の日記は終わりよ奥さん。

また明日ね。

でも、けっこう来てるじゃないのよ、みんな。

じゃ、
本日も各自の持ち場で奮闘くださいませ。

みんなが、それぞれにね、
自分の人生なんだから、自分で生きなきゃって思ってるから、
世界は回ってるのよ奥さん。

雑草も勝手に生きてくれてるでしょ。
波だって勝手に寄せてくれてる。

いろんなものが、

「や~めた」

って言わずに生きてくれてるの。
だから、この世界はうまくいってるの。

各自が生きることに意味があるなら、多分それよ。
一人一人が自分の人生を自分で生きているから、
世界は回るの。明日も来るのよ。

分かるでしょ奥さん。
また明日ね。

解散。


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R-14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(13:18 嬉野)
2012年6月13日(水)

本日、仕事の前に運転免許の更新してきました。
ICチップが入っているのね。

さて、本日の日記はサボります(^^)
また明日。

今夜はマンションの理事会なのです。
だからそろそろ帰らないと。

昨日の日記読んで、
私が体調悪いと感じた人が何人もおられましたが、
わたしゃ元気で、今のさわやかな季節を堪能しておるだけで、
別に気分がブルーじゃないですよ~。

ただね~、
日ごろから、そんなに
バカみたいに元気でもないってだけですよ~。
普通の状態なんですよ~。

いずれにしても、
みんな優しいね。
ありがとね。

では諸君。また明日な。
またぜひ、お越しください。

本日も各自の持ち場で奮闘願いますよ。
解散。


【昨日の日記】
北海道はさぁ、
なんだか花だらけだよ奥さん。
なんだろうここは。

ぼくはね、
九州生まれで九州育ちだから、
北海道の初夏の様子が、なんか違うって毎年思う。
今頃、九州ならこんなにいろいろ花なんか咲いてないよ。
それより、緑の葉が力強く茂っているよ。

でもこの北海道の植物にはそんな荒々しさは見えない。

住宅街の空き地で咲き誇るマーガレットの群落も、
誰かのお家の前に並んで咲いてる赤や黄色のチューリップも、
公園の雑草の中に賑やかに咲く黄色いタンポポも、
花の種類を数え上げればきりがないくらい、
可憐に咲いている。

こんなにいろんな花がいっぱい咲いてるなんてさぁ。
不思議な光景に見えるよ。

北国の初夏は空の色も水色で、
遠くに見える青い山並みには、まだ雪が残っていて、

水の張られた水田に、苗を揺らしながら吹き渡る風の色も、
反射して飛び交う光線の力も、
生まれ育った九州とはなんか違う。

なんか、か弱い。

北国の植物が、どこか、おとなしげに見えるのは、
降り注ぐ太陽エネルギーの量の違いなのだろうか。

夏は短いけど、いっせいに花が咲く、
それでもエネルギー量が少ないから、
植物に、はびこる感じが見えない。

それがぼくには、なんか好ましい。

とにかく毎日書きながら、
身体をもとに戻していかないと。

そう思いつつ、本日の日記は終了!

それではみなさん。
本日も各自の持ち場で奮闘ください。

解散。

明日も来てよ。←この表現が、ブルーに見えたかな?
優しいねみんな。


↓なんだか告知をダブルで載せてたみたいね。
【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R-14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(18:24 嬉野)
2012年6月12日(火)

北海道はさぁ、
なんだか花だらけだよ奥さん。
なんだろうここは。

ぼくはね、
九州生まれで九州育ちだから、
北海道の初夏の様子が、なんか違うって毎年思う。
今頃、九州ならこんなにいろいろ花なんか咲いてないよ。
それより、緑の葉が力強く茂っているよ。

でもこの北海道の植物にはそんな荒々しさは見えない。

住宅街の空き地で咲き誇るマーガレットの群落も、
誰かのお家の前に並んで咲いてる赤や黄色のチューリップも、
公園の雑草の中に賑やかに咲く黄色いタンポポも、
花の種類を数え上げればきりがないくらい、
可憐に咲いている。

こんなにいろんな花がいっぱい咲いてるなんてさぁ。
不思議な光景に見えるよ。

北国の初夏は空の色も水色で、
遠くに見える青い山並みには、まだ雪が残っていて、

水の張られた水田に、苗を揺らしながら吹き渡る風の色も、
反射して飛び交う光線の力も、
生まれ育った九州とはなんか違う。

なんか、か弱い。

北国の植物が、どこか、おとなしげに見えるのは、
降り注ぐ太陽エネルギーの量の違いなのだろうか。

夏は短いけど、いっせいに花が咲く、
それでもエネルギー量が少ないから、
植物に、はびこる感じが見えない。

それがぼくには、なんか好ましい。

とにかく毎日書きながら、
身体をもとに戻していかないと。

そう思いつつ、本日の日記は終了!

それではみなさん。
本日も各自の持ち場で奮闘ください。

解散。

明日も来てよ。


↓なんだか告知をダブルで載せてたみたいね。
【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(17:02 嬉野)
2012年6月11日(月)

こんにちは奥さん。
嬉野です。

どうでしょう桜の満開の様子をね、

「写真に撮ってみなさんに見ていただきましょうよ」

と、そう言えば、
うちの藤村さんに言われておりました。あれは五月。

「そうだよねぇ〜」

と、のどかにうなづいているうちに
季節は移り、花は散りですよ奥さん。

人間、なにごとも思い立ったが吉日ですよ。
光陰、矢のごとし。
人間老い易く、学、成り難しですよ。

ということでね、
さりげなく言い訳をしつつ、
本日も札幌地方は晴れであります。

内地は梅雨に入ったそうですね。
札幌は、まだまだ空気が乾燥しているので、
木陰や日陰に入れば涼しいですよ。

この先、そんだけ書いても、
とくに気の利いたことも書けそうにないので、
本日もがんばらうと、筆を置く私でありますよ奥さん。

それでは諸氏!
本日も各自の持ち場で奮闘願います。
あなたが持ち場についているから、
明日も日本は平和なのでありますぞ!

ここをお忘れなく。
人生、地味こそすべて。

解散。

↓なんだか告知をダブルで載せてたみたいね。
【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R−14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

「お悩み相談」を執筆しております。

(16:06 嬉野)
2012年6月8日(金)

嬉野であります。
たいへんご無沙汰をいたしておりました。

えぇ嬉野も藤村も、元気に生きておりました。

実は、5月の末から大分の臼杵で
竹細工の職人さんを取材したり、
竹田まで足を延ばして、
姫だるまの後藤久美子さんのご実家へ行ったり、
ついでに私の実家のあります佐賀へ里帰りしたりと、
いろいろしておりましたものですから、
ずいぶんと留守をいたしておりました。

加えて、うちの藤村は、今月の3日に福岡で別れた後も、
その足で東京へ上り、東京でひと仕事終えた後は、
韓国へ渡りと、多忙にしております。

さて、
ただ今も書きましたようにね奥さん、
この月の初めに、手前ども二人して大分の竹田へ参りましてね、
姫だるまを作っておられます後藤久美子さんの手引きでもって、
炭焼きというものを体験してまいりましたよ。

体験といいましてもね奥さん、
実際に山に入って、炭に焼く木を切り出してきたり、
窯の中に入って泥だらけになりながら、
切り出してきた木をぎっしりと並べたり、
夜通し火を絶やさないように薪をくべたりという、
大変な作業をしていたのは、
もっぱら、久美子さんのご主人と、
久美子さんの高校の時の同級生の龍ちゃんという
おじさんたちでありましたがね。

そもそも炭焼きの窯は、
久美子さんのご実家のお父さんのところにありましてね、

そこは奥さん、竹田の町から少し離れた、
棚田の広がる美しい山間の風景の中にありましてね。

久美子さんのお父さんも、実に10年ぶりの炭焼きということで、
実動部隊の久美子さんのご主人も、
久美子さんの同級生の龍ちゃんも、
生まれてこの方、炭焼きを体験したことはないので、

いちいちお父さんの指導のもとに作業をするわけで、

狭い狭い竈の中に腰を屈めて入ってね、
山から切り出してきた、
炭に焼こうという生木をですよ、
こう、竈の中にびっしり隙間なく並べてね、

という、まぁ、このあたりの炭焼きのようすはね、

くどいくらい写真を撮ってきましたので、
できるだけ早く、こちらのページで、
みなさまに紹介したいと思っておりますよ。

だって、どうにも文章だけでは説明できないのでありますよ。

ただ、切り出した木を炭にする理屈というものは単純で、

とにかく植物をすごい高温の空間の中に、
入れっぱなしにしておくというだけのことですから、

そうすれば植物は勝手に炭化して炭になってしまうので、
理屈は難しいものではない。

でも、もちろん、きわめて上質の炭を作るのであれば、
それはそれは大変な経験と技術が必要になるわけでしょうが、
それはまた別の話ですからね。

とりあえず暖をとったり、
煮炊きしたりするために、燃料が必要で、
でも、それなのに電気もガスもないのよねと、なるならば、
その時は、江戸時代のみなさんがやっていたように、
誰もが炭を焼くしかないわけで、

その時には、いきなり上質の炭というよりは、
とにかく生木を高熱でもって炭にしてしまうことが
急務となるわけです。

そう考えればね、
燃えちゃうほどの高温の中に長時間、
生木を置くためには、
長時間、高温のままの部屋がないといけないわけで。

それなら土を盛ってね、
その盛った土を掘って固めて、
中に小部屋を作るのが効率がいいわけで、

で、その小部屋を高温にするためにはどうするかと考えると、
その小部屋の前で火を焚いて、そこから発生する熱気が小部屋の中へ入っていくように空気の通り道を作ればいいということになる。

生木に直火が燃え移って火がつくと、
まぁ、それでも炭になるものはなるでしょうが、
ほとんどは焼けすぎて灰になってしまう。

だから直火ではなく、高温の熱気だけが生木へ行くような、
そんなふうな構造に竈をしなければならない。

そこで、
小部屋の中にぎっしり生木を並べたら、
その小部屋をふさぐように煉瓦を積んで、
でも完全にふさいだら、
生木に熱気が行かなくなるから完全にはふさがない。

いや、いかん。
こうやって文字で説明してると訳が分からなくなるばかり。

とにかく、
竈の中が、とんでもない高温になるまで、
まるまる一昼夜、竈に薪をくべて火を焚くのです。

そうして、竈の中の高熱が外に漏れ出ないように、
煉瓦を積んで焚口を作るんですが、
高温になるにつれ、
煉瓦の隙間から中の熱気が漏れ出てくる。

この熱気をあんまり漏らすと、効率が悪くなるから
隙間はふさぎたい。

そこで、熱の漏れる隙間を
水でこねた土でふさいでいくんだけど、
あまりに竈が熱くなっているから、
すぐに土が乾いてヒビだらけになってしまう。

ヒビだらけになった土は、
やがて熱に焼かれて、焼き物みたいに固くなってきて、
みるみる縮んで、剥がれ落ちそうになる。

やばいな。
どうするよ。
下手に触ると崩壊するんじゃないか。

いろんなことを言う。

とにかく、もう一度、土をこねて上塗りをしろ。
そうだ、それだ。

そうしてひび割れた乾いた土の上にまた水でこねた土を塗る。

それでも、ものすごい熱気で土の水気がみるみる吹き飛んで、
またひび割れがものすごくなってしまう、

もうひび割れだよ。
どうするよ。
放って置くか。
そうだな、触ると被害が広がるな。

いろんなことを言う。

でも、どうだろう。
なに?
この際、固くなって縮んじゃった土をはがしてね。
うん。
そいで、大きな隙間ができちゃうけど。
できるよ、まずいよ。
いや、でもね、そこに煉瓦の小さいのをおいてさ。
うん。
そうして、その隙間にまたこねた土を塗った方が強度が増すよ。
あぁ、そうだわ。それだわ。

こうして、ひび割れと崩落が進むたびに、
試行錯誤の補強が行われる。

そしたらなんだか、
ひび割れを繰り返すたびに、
そして補強が行われるたびに、

なんだか竈の見栄えが堅牢になっていくのです。

ぼくらは、その時思ったのです。

「あぁ、そうだ。変化していく状況に対応していくだけで、人生って好いのかもしれない」

「状況に対応するだけだったら、わりと楽しいかもしれない」

「ものを知らないって、失敗も含めて、いろいろなことを経験することになるのだから、失敗しそうになったら対応する、また失敗しそうになったら対応する、対応を繰り返すことが経験を積むことなのだから、目の前の状況に対応するだけで、生きていける」

「あまり難しく考えず、そのつど困ったら対応するで生きていく、そういう生き方で生きていける。なんだか妙なストレスいっぱいな今の時代に、そう思うことって意外に大事なのかなぁ」

「だって、このあたりにあるものだけを利用して、実は生きていけるわけだよ。そうだから、ぼくら人類は、今まで生きてこれたわけで」

「なんか、生きていくって、簡単じゃないけど、
でも、極端に難しくもないんじゃないか」

「だって、そんなに生きていくのが極端にむずかしいなら、
人間はとうの昔に、生きていけなくなっていたはずだからね」

そのうち炭焼きのこと、
もっと整理して書こうと思っていますが、
今日のところは、
こういうぼんやりだけで終わりますが、

なんか炭焼き見てて、
生きていくことの心構えを再発見したような、
なんか、そんな感慨がありました。

では、奥さん。
また週明けにお会いいたしましょう。

それでは諸氏!
本日も各自の持ち場で奮闘いたしましょうね。

解散です。


【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R-14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

【「どうでしょう祭」に関するお知らせです】

みなさまには、「今年、祭りを開催します」と申し上げておりましたが、少し、延期することにいたしました。

今年の秋、3日間に渡って祭りを開催する予定で、様々な準備を進めておりましたが、ミスターさんのスケジュールがどうしても合わず、3日間のうち、1日しか参加できないという事態になったためです。

「じゃあ、しょうがないね、ミスターは1日だけの参加だね」と申し上げましたところ、「いやいや、朝から晩まで全部参加します」とおっしゃいまして。「いやでもね、各方面と準備を進めてるし、みんなにも今年やるって言っちゃったし、これを変更するのはちょっと大変なことだよ」と重ねて申し上げたところ、「それでも、すいませんが変更してください」と。「マジで?」「マジです」と。

「むかしのことだけど、『四国R-14』のときも、『水曜天幕團』のときも、オレは参加できなくて寂しかったんです」と。
「オレはもう全部出たいんです」と。
「4人いっしょに出たいんです」と。

そういうわけで、今年の秋の開催を延期いたします。秋を逃すと北海道は長い冬に入りまして、屋外での祭り開催は困難となります。しかしながら、7年前と同じく、屋外の広い場所で、数多くの人たちと集いたいと思っておりますので、祭りの開催は、来年、雪が解けてから、ということになります。

最近、ミスターさんとよく飲んでいます。飲みながら、いろんなことを話しております。祭りのこと、次の新作のこと、そして、これからのどうでしょうの、まだまだ長い道のりのこと。

ミスターさんと、嬉野先生と、私の3人で、いろいろ話しております。

先日、酔っぱらった勢いで、もうひとりの男に、3人の赤ら顔のおっさんの写真を送りつけました。

翌朝、その男から返信がありました。

凄い3ショットだ
どんな話をしてたんだろう・・・ちょっと怖い(笑)
でも、なんだか嬉しい3ショットですな


段取りが悪くて、各方面に多大なご迷惑をおかけいたしますが、水曜どうでしょう首脳陣一同、祭り開催の折りには、老体にむち打って、盛り上げる所存に御座います。

どうか、どうか、今しばらくお待ち下さい!

水曜どうでしょうは、今一度、がっちりとスクラムを組み、常に初陣の気持ちで、みなさまにお会いしたいと思っております。


7年前の「どうでしょう祭」で記念に植えた「祭り桜」は、そぼふる雨の中、今、満開の花を咲かせております。


【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。

(19:38 嬉野)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12