12月20日木曜日!

001-藤村

12月20日木曜日!
お久しぶりの藤村でございます。
そうかそうか、う先生と四宮Pは今日から出張か。さっき日記を読んで知ったばかり。それほど編集室にこもりきり。
そうかそうかおれひとりか。じゃじゃじゃじゃじゃぁ、書くか。
DVD第10弾の編集に日夜邁進中。現在「東京ウォーカー」最終夜のスーパー付けをしておるところ。明日には東京ウォーカーがすべて完成し、続いて「マレーシア・ジャングル探検」に着手。年明け1月中には、こちらも完成させるというスケジュールであります。
「東京ウォーカー」。
ロケは98年の2月。もう10年前ですな。10年前の東京を4人でただ歩いております。
編集しながら、「これは人生そのものだな」と思いましたですね。
ただ歩く。一応、目的地はあります。お台場やら六本木やら浅草やら。しかし、目的地まで行ったところで、なにがあるわけでもない。なにをするわけでもない。
出発する前はいろいろ言ってましたよ。「お台場で芸能人を見たい」「浅草で落語を聴きたい」。
しかし、結局そういうことはせずに、ただひたすら歩く。歩いて歩いて、歩いた挙句、けっきょく最後の目的地はお茶を濁して帰った。
それで終わり。
でも10年経った今、あの旅を思い出すとき、「無駄だった」とは思わない。「楽しかったな」と思う。「良い旅だった」と心から思う。
目的は何も達成していないのに。ラクだったわけでもないのに。遊んだわけでもないのに。
雨の多摩川堰堤で大泉洋がこう言います。
「こればっかりは、目的を再確認しちゃいけない」
雨の五反田駅前でミスターが言います。
「ひとりで考える時間があり過ぎる。いけないけない。勢いで行こう。考えちゃいけない」
目的を持つことは生きる上で重要であります。いい学校に入る、いい会社に就職する、いい人と結婚する、あれを買いたい、あそこへ行きたい。その目的のために悶々とし、うまくいかないと人生終わったような気持ちになる。
「こればっかりは、目的を再確認しちゃいけない」
「ひとりで考える時間があり過ぎる。いけないけない。勢いで行こう。考えちゃいけない」
こういうことは、人生においても重要だと思うのであります。
目的は達成していないけれど、その道中で、グチを言いながら、わき道にそれながら、たまに美味いものを食い、良い景色を眺め、雨に打たれて、夜またゴネる。
でも振り返ると、それを「無駄だった」とは決して思わない。「良い旅だった」と思う。
結局、あの旅の「目的」というのは、「どこへ行くか」ではなく、「歩くことそのもの」であったような気がします。
どこへ行くか、ではなく、目的は歩くことそのもの。
人生の目的、生きる目的なんていうのも、案外、つらいつらいと言いながら暮らし、グチをこぼし、たまに美味いものを食い、良い景色を眺め、夜飲みながらゴネる、「そのこと自体が目的」なんじゃないかと思ったりもするのであります。
ささ、多少の人生訓をたれましたよ。
明日も編集であります。
がんばってまいりましょう。
【06最新作配信中!】
「ヨーロッパ20ヵ国完全制覇の旅」が、お馴染み、インプレスTVで配信中です。御覧になってみっかなとお思いの諸兄はどうぞ覗きに行ってみてください。
(19:58 藤村)