2009年7月アーカイブ

2009年8月1日(金)

嬉野です。

先日、掲示板に、ある奥さんから書き込みあり。

80歳のおじいいちゃんの運転するクルマが、
御主人のクルマに突っ込んでしまったそうで、
事故原因は、あきらかにおじいちゃんの一方的な過失だったようでありますよ。

御主人のクルマに同乗していたこの奥さんはびっくりしちゃって、

幸い双方に怪我はなかったけど、
でも、クルマは壊されちゃった。

なによもう〜って、
奥さんは、おじいちゃんに腹を立てていたんだそうな。

でも運転してた御主人は、
おじいちゃんに怪我なくて好かったよ〜と、
本当にホッとしている様子で、

突っ込んじゃったおじいちゃんも、そんな御主人に、
相手があなたのような方でほんとうに好かったと、
何度も何度も頭を下げてて、

その光景を見てて、
そんな二人のようすを見るうちに、
この奥さんはハッとしたんだそうです。
そして、自分はこの人の妻になれてよかったと思って、

「なんだか涙が出ました」と、

そう結んでありました。

好い話しだなぁと、わたしは思いましてね。
わたしもなんだかもらい泣きだよ。

で、なんでだろうと思った。

人の考えはそれぞれだから、誰かと誰かを比較しても始まらない。
この御主人を素晴らしいと思ったのはこの奥さんでね、
他の誰でもない。

でも、この奥さんは、
瞬間的にこの人の妻になれて好かったと思えた。

それは、「自分に一番大切な人と私は一緒になれていたんだ」という、モーレツな安堵感がもたらしてくれた感激だったと思うよ。

「この人が、自分の足りないところを補ってくれる」。

やっぱりそうだったんだ。
だから私は、この人を好きになったんだ。
この人が私の一番大事な人なんだ。

そう思えて、そう確信できて、
そしたら知らずに涙がでた。

そんなことなんだろうなと思った。
でも、人間の幸せってそんなところにあるよ。

自分の至らなさを、自然と補ってくれる人、
その人はさ、もう他人ではなく、もう一人の自分なのだよ。
その人と、一番身近な関係になれた安堵感というものが、人の人生にはあるということだよ。
あたしはそう思う。

自分に幸福をもたらさない神は、自分の神ではないという言葉を、
どこかで見たよ。

幸福をもたらす神の解釈はいろいろだろうが、
自分を生かしてくれる神のことだと、ぼくは思うよ。
人というものを「信じよう」と思わせてくれる者のことだと思うよ。それが、自分に幸福をもたらす神だと、ぼくは思うのだよ。

どうだろうか奥さん。

結婚はゴールではないよ、
むしろそこから人生が動き出すのだよ。
たぶんそうだよ。

そうだ。
樋口了一さん!
来週の火曜日。8月4日に、
樋口了一さんが「徹子の部屋」に出演するらしいよ。
徹子さんが号泣したらしいよ。必見だ!

それでは本日は、これにて解散!
また来週!
きっと来いよ〜!


【「本日の日記2」発売中!
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(14:11 嬉野)
7月27日月曜日。

たいへんご無沙汰しておりました藤村でございます。

この3ヶ月あまり、午前中はランニング、午後からはずっと編集室という生活を続けておりました。

そしてようやくDVD第12弾の編集作業、終わりが見えてきました。

「香港大観光旅行」「門別沖釣りバカ対決」はすべて完成し、現在「北極圏突入」第六夜のスーパー付けをしているところであります。

今回のみどころ、まずひとつめは、DVDを入れましたらすぐにスタートする「香港大観光旅行」の冒頭のシーン。

いつもダマされてばかりの大泉さんに、私が「今回はミスターをダマしましょう。これまでの恨みを一気に晴らしましょう」と持ちかけ、あだ討ちの名手・大石内蔵助に扮した大泉さんが、ミスターのラジオ番組に屈強なアメフト軍団を従えて突入する、という手に汗握るシーン。

これは間違いなく番組歴代トップクラスに位置する名場面ですが、「クラシック」では放送されていないため、見たことがない人の方が多いのではないかと思います。必見です。

そして、いよいよ登場!のアラスカ「北極圏突入」全七夜。これも冒頭のシーンからして秀逸。そして、いわずもがなの「シェフ大泉」。キャンピングカーという逃げ場のない空間の中で連日繰り広げられるシェフ大泉の魅惑の料理。今見てもやはりおもしろい。

今度の第12弾は、自信を持って「買ったほうがいい。いや、買わないと損!」と言い張れるラインナップであります。

現在全国のローソン店頭ロッピー端末で予約受付中でございます。

北海道以外では店頭販売がなく、発売日以降のHTBのネット通販か、予約販売が基本となります。また予約数も上限がございますので、早めの予約が確実であります。

とは言っても、決してあおるつもりはありません。財政事情の厳しい折り、無理をしてまで買う必要はありません。まずは生活が第一。

その後、少しばかりの余裕ができたら、買ってください。それで結構。

正直、これ以上売れなくてもいいと思ってます。それより、少量でも長くゆっくり売れてくれた方がいい。バカみたいに時間かけて作ったものが、ちゃんとあんた方の手に渡ればそれでよし。

ささ、それではまた夜まで編集室に入ってじっくりやってきます。

今週はまた顔を出せないかもしれませんが、藤やん、とりあえず元気にやっております。

じゃじゃじゃじゃじゃじゃぁー解散。



【「本日の日記2」発売中!】
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(15:05 藤村)
2009年7月24日(金)

嬉野です。

また来週の心だ!

無内容ですまん。


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(17:35 嬉野)
2009年7月23日(木)

嬉野です。

掲示板に各地より、
日蝕見ました、見れませんでした書き込み多数もらいました。

で、その中から一個拾いました。

「町工場の日食
しい@滋賀
日食前後の数分間だけ晴れまして、仕事の手を止めて皆で見ました。溶接用の仮面を順にかぶり。老いも若きも職人も事務員も。凄いねと笑って、空を見上げておりました」。

鉄工所なんだろうかね、
あのお面ね、そうそう、
確かにあれだったら日蝕観測用として一番目に害が無いだろうさ。

私は読みながらさ、なんだかこの人たちがうらやましく、
この人たちが働く職場の人間環境がうらやましく、
みんなが、仕事の手を休めて同じ空を見上げるというのがね、
どうにも好ましく、
それも日常の生活圏の中での観測だから、
その何気なさがまたいいね。

こういう光景を垣間見せてもらうたびに思うよ。
人間が働くのには、ちょうど好いサイズってのがきっとあってさ、
この職場にも、そのサイズのちょうど好さを感じるよ、
オレも、「はい」ってお面もらってさ、
この人たちと一緒に空を見上げたいと思ったもんですよ。

案外ドラマのラストに使えるんじゃないかしらねぇ。

ということでね、
解散って書くには気が引けるくらい早い時間だが、
解散しますよ。

奥さんまた明日ね。
明日もまたおいで。



【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(13:14 嬉野)
2009年7月22日(水)

嬉野です。

昨日、ここで、
明日もきっと来いと書きながら、
この時間まで何も書いちゃいなかった。

本日もみなさん御無事でした?
まぁいろいろあっても無事なら好かった。

札幌からは日蝕は見えなかったけど、
京都から見えたという書き込みが掲示板にあったな。

どれだけの人が見たかしら。

嬉野さんも見たかったが、
見えんかったわ。

じゃ、また明日。
解散。


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(19:40 嬉野)
2009年7月21日(火)

嬉野です。

明日は日食だそうで。
したが奥さん札幌はくもりさ。

それにこのところ天候不順で、
気温は20度を下回る日が続き夏という気がしない。

ようするに寒いんだよ。
五月の頃と同じさ。

去年ドラマを作った後で、実は思ったことがあるよ。
プロデューサーとは全体なんだろうということをさ。

そしてある時、ぼくは、ひとつのおとぎ話に想いが至ったよ。
それは「わらしべ長者」という話でね。

長者とは書いてあるが、この物語の主役は長者でもなんでもない、そればかりか何の取り柄も無いから職もなければ、住処もない。
いい年なのにそんな甲斐性なしだからいまだに女房もない。
しようがないからあてもなく歩いている。
それだけの男さ。

ところが、この男もよほど暮らしに困り果てていたのだろう、
ある晩、観音に祈願をした。
このまま暮らしが立たずば、オレは死ぬばかりだと。
観音よ、なんとか自分を救ってくれまいかと。

その夜、この男は夢を見る。
夢枕に清げなる人が立ち男に告げるのだよ。
明日の朝、おまえが最初に手にしたものを大切にするようにと。
そしてそれを持ち、西へ行くようにと。

翌朝、男は起き抜けに往来で転んだ。
転んだ男が起き上がる時、
その手の中にわらしべが一本握られていた。

最初に手にしたものを大切にしろという観音のお告げ。
それにしても、よりにもよってわらしべとは。

男は、どうして自分はこんなつまらないものしか手にする事ができぬ男なのだろうかと、おのれに寄り添うおのれの運命を嘆いたよ。

そうしてね、このわらしべを親指と人差し指でくるくるとつまみながら西へと歩いていった。

そのわらしべの先に不意に一匹のアブがとまった。

あてのない一人旅は退屈だったので、
男はこのアブにわらしべをくくりつけた。
アブは飛び去る事も出来ず、
わらしべの先でブンブンと羽を鳴らしている。

この光景が男にはちょいとおもしろかった。
空にかざして、ブンブン鳴るアブの羽音を聞きながら、
なんとか逃げ去ろうとがんばるアブの姿に飽きる事がなかった。

自分がすんなりおもしろがるものには、
案外と他人も興味を示すものでね、
そのアブが欲しいという子供が現れた。

見るとその子は牛車に乗っている。
身分のある家の子供だろうか。

気の好い男は、子供の従者にわらしべごとアブを渡した。

従者からアブを受け取ると子供は大層喜んで、
幸せそうな笑顔でおもしろそうにわらしべの先のアブを眺めた。
それを見て、男も、なんだか幸せな気持ちになっていた。

その男の手に、従者が瑞々しい蜜柑を握らせた。
男は、最初、その意味が分からなかったが、
従者はアブの礼だと言う。

去り行く牛車を見送りながら、
アブの礼に、こんな立派な蜜柑を三つもくれようとは、
金持ちとはずいぶん豪儀なものだと男はあきれたが、
次の瞬間、男は自分の手の中に残った三個の蜜柑の重みに奇妙なリアルを感じた。

わらしべが蜜柑三個になっていたのだよ。

男の脳裏に、もしやと、観音の導きという言葉がよぎった。
果たして、西へ向かう男の行く先に、喉の渇きを訴えて困窮する者が現れ、この者に蜜柑をやると、礼にと美しい反物を三反くれる。

この反物がやがて馬に変わり、
その馬が最後に家屋敷と田畑に変わる。

どうしてそう変わったかが気になる方は銘々で調べて欲しいが、
私が、言いたいことの範疇を越えているので、ここではそこまでの話はしない。

ただ、
どんなドラマを作るかという、
その思いつきは、
プロデューサーのものだということを、
私はぼんやりと思いついたという話だよ。

その思い付きには、大した才能は必要とはしない。
そう思って私は「わらしべ長者」の話を思い出したのさ。

わらしべの先にアブをくくりつけるように。
自分が、ピンと来た事を信じれば、
才能の部分は脚本家という作家が素晴らしい仕事をしてくれる。

だが、最初に手の中に何も無ければ、
いつまで経ってもその先はない。
何もないものは、どこへも動き出しはしない。

だから最初に手にしたものを大切にして、
つまり自分を無根拠に信じて、
その先にアブが止まるまであきらめない。
アブが止まった瞬間を見逃さず、
そのアブをわらしべの先にくくりつけて、
自分がおもしろいと思えるかどうか、
自分がおもしろいかもしれねぇと素直に思いさえすれば、
人という者は他人に話が出来るようになるもんだ。

そうして、話を聞いた作家がその気にさえなってくれれば。
そうすれば、物語はその後で作家が作り出してくれるのだよ。

おもしろい脚本が出来上がれば、
その役をやりたいと言ってくれるおもしろい役者と出会う。
その作家の本だったらやりたいというおもしろい演出家と出会う。

わらしべ長者の物語が示すように、
家屋敷や田畑が手に入る頃には、その最初にわらしべを拾ったことなど誰の記憶にもなく、口の端にのぼりもしないことなのだが、最初が無ければ結果もない。

なんの取り柄も無い男が拾ったそのわらしべが、
最後にはどれだけのものになるのか、
その行程を全部見ることが出来る。
それはプロデューサーだけが持てる醍醐味だと、
オレは思うよ。

人は出来る事をやればいい。
出来ない事は、他人の出来ることであったりするのだからさ。
そうやって、とにかく、
歩き出さねばならん時には、
背負う責任は単純に気軽にしていくと好い。

勝手な責任を感じて出来ない事まで背負うと、
本来出来るはずの事も出来なくなるのだからさ。

ということで奥さん。
この秋に撮影する2009年のHTBドラマも、
無事にわらしべの先にアブが止まり、
そのアブをわらしべにくくりつけて、
どんどんおもしろいことになり始めていると御思いください。

そのことの経過もね、
そしてさ、
このドラマが成功するか、失敗するのかも含めて、
今後、ここでドラマが出来るまで、
紹介していこうと思っているよ。

じゃ、今日はここまで。
奥さん、また明日。

きっとおいで。
解散だ。

DVDの討ち入りも続いておりますようで、
ありがたきこと限りなし!でございます。
どんどん!
藤村先生も鋭意編集続行中!


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(18:52 嬉野)
2009年7月17日(金)

嬉野雅道と申します。

先の七夕の日で50になりました。

「50」というビジュアルの直後に「歳」と並んだビジュアルを見ると、自分が軽いショックを起こすことに気付きました。

5月の末に鼻風邪を引いて熱を出しました。

一晩寝て熱は平熱に下がりましたが、その後、
慣れない頭痛が毎日続き、痛みで眠ることも出来ませんでした。

鎮痛剤を飲めば痛みは引くので毎日飲んでいました。

風邪引いてからずっと食欲が消えていました。

ですから別にそれは鎮痛剤のせいばかりではないようでした。

腹は減っているようでしたが「食いたいぞ!」というストレートな欲求が行方不明になりました。

食欲という大きな欲望がカスレてしまうと、
次に不安がやって来ました。
そして気力も行方不明になってることに気付くのでした。

長文メールを携帯から打つのが日課のようでしたが、
こらえ性がなくなり携帯メールはやめました。

そしたら腱鞘炎が治りました。

指の痛みの原因が携帯メールの両手打ちにあったのかと、
その時気付きました。

昨日。

不意に懐かしい感覚が戻ってきました。

普通に腹が減ってきました。
カレーが食いたいと思いました。
キャップを誘って食べに行きました。

食べながら「美味い!」と思っている自分がいました。

風邪でへこんだ身体が回復するまでに1ヵ月半かかったわけです。
勘弁して欲しいですが、そういう身体になったのです。

なんにしても慣れない自分で生きるのはシンドイということが今回初めて分かりました。
腹も減り、食欲もあり、気力もそこそこにはある、
長い年月やり慣れた自分であることが、なにより安心の元だということが分かりました。

奥さん。
やっぱ欲望って偉大よ。
生きる上でね。

あれがあるからその時だけは迷いなく生きてられるから楽なのよ。
夢中になれるってそういうことよ。

欲望なくなったら何するにも根拠がなくなるのよ。

そしたら人生味気なくなる。
だから生きるのシンドくなるのよ。

さて明日から三連休です。
元気で、また連休明けにあいましょうぞ!

解散。


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(19:21 嬉野)
2009年7月16日(木)

嬉野です。

北海道のこの涼しさ。
肌寒いくらいさ。
なのに、それ以南の土地にやって来た猛暑。

そんなに違うのねぇ。

それだからでしょうか、
昨日は、日が暮れてから、
討ち入りが加熱した模様でありますよ奥さん。

そして今回、初陣の方も多ございましたようで。
ありがたいことでございます。

香港へ行くんでもだまされて、
とにかく毎回だまされるもんだから、
これじゃぁそのうち詐欺師とかが寄ってくるよ藤村君と、
赤鼻の先生は言ってましたね、11年前に。

ミスターはアラスカで、かなりの数の駄洒落を連発してましたね。
未公開駄洒落も今回掘り起こされております。

ローソン屋敷の人もいろいろで、
でもわりに声をかけてくれる店長さんとかいるんだな。

「就職決まったの?」とか。

言われて鬱陶しいという人もいるだろうけれど、
嬉しい人もいるわけでね、オレも嬉しいほうだな、
掲示板で読んでいても、コミュニケーションが良好な様子が読み取れるのは微笑ましくて好い感じだ。
掲示板から、ちょっとした日常がさりげなく読めるのが、
好い按配だね。



【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(14:38 嬉野)
2009年7月15日(水)

嬉野です。

只今!全国のローソン屋敷に!
討ち入り集中でござります!

子供を抱きながら討ち入る奥様方から、
討ち入り完了!の自己申告もうけたまわっております。
まことにもって勇ましい限り!
天晴れの極みでござります!

どんどん!

ねぇ奥さん。
どうでしょうDVDも、2003年の1月に最初の討ち入りから数えまして、今年でもう7年目でございますよ。

そのたんびに私嬉野も、皆様の勇を鼓舞せんがために、
討ち入りの太鼓を乱れ打ちに打ち続け、
すでに、その太鼓の皮も擦り切れてね、
今や破れんばかりでありますよ。

そろそろ張り替えないとね。先が長いから。
やり抜きましょう!おのおの方!

でまぁ、討ち入りも7年目という事でね、
すでに討ち入り慣れされた方々も、今回が初陣の方々も、
心は「常に初陣」の気構えで、己に厳しく他人に優しく、
10月の受け取り日を心待ちにしていただきたい。

今回のDVDの出し物は、
大泉洋が大石内蔵助で挑む「香港大観光旅」!
大泉洋がリバースで挑む!「門別沖 釣りバカ対決」!
そして大泉洋が、海パンで挑む「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」の豪華三本立てであります!

炎の料理人!大泉洋の登場であります!

爆笑必至でありますうぅー!



【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(15:07 嬉野)
2009年7月14日(火)

嬉野です。

諸君!
いよいよ明日午前10時より。
どうでしょうDVD第12弾。
予約開始の運びと相なりまする。

討ち入りでございますぞ、奥さん!
覚悟は良ろしいか!
これは実戦であります!
くれぐれも混乱なきよう!

合言葉は、「三十路いななく・301779」。

ご町内、はたまた、お勤め先お近くのローソン屋敷ロッピーに、
明朝10時の鐘を合図に、攻め入りましょうぞ!

どんどん!

出し物は、大泉洋が大石内蔵助で挑む「香港大観光旅」!
大泉洋がリバースで挑む!「門別沖 釣りバカ対決」!
そして大泉洋が、海パンで挑む「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル〜」の豪華三本立て!

ボリュームもどうでしょうDVD史上最大!
もうもう!牛牛(ぎゅうぎゅう)詰めであります!

お引渡しは10月下旬!

まだ出来上がってはおりませんが(編集中です)!
早々と予約開始でござりまする〜!

では、明日。
おのおの方。ぬかりなく、本懐を遂げられませ!

ひとまず、解散じゃ!

いやぁ、忘れるとこだった。
ぬかりそうだったのはオレだったよ奥さん。

どんどん!

あ!そうそう。
来月にはどうでしょう寺の雀も帰ってきますから。
お楽しみにお待ちくださいませ。
今は渡りの季節ですから。
あれ?
雀は越冬するか。渡らないね。
まぁ好いね。
すぐ帰って来るから。ね。
今月はいないの。
ね。

じゃ、おのおの方、明日ね。
討ち入り先で会いましょう!
返り討ちにあうなよ〜!


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(20:38 嬉野)
2009年7月13日(月)

嬉野です。

さて、どうでしょう寺の前は海水浴場になりまして、
藤やんの顔をした犬がずいぶんはっちゃきに泳いでおります。

夏ですなぁ。
スイカもあります。
氷屋も出ております。
遠くの空には積乱雲。

ねぇ。
携帯でばっかり読んでないで奥さん、
たまにはパソコン開いて見なさいな、日記をさぁ。
風情があるよ。

さて、七夕も終わりまして、
願い事の短冊も多数頂きまして、
ねぇ、叶うと好いよね、願い事さ。

出張からも戻りまして、
札幌の天候はどんより蝦夷梅雨でありますが、
ビシッ!と出社しております。
当たり前ですが。

出張中、東京のね、
地下鉄によく乗りましたが、
ホームで電車を待っとりますとね、
電車が入ってきますでしょう。
したらその銀座線の車体に知り合いの顔が張ってあんのよ、
洋さんの顔がさぁ奥さん、張ってあんのよ。

「すげぇなあいつ、電車に張り付いてるぞ」

と、思わず携帯を取り出しましてカシャッ!と一枚。
記念ですからねぇ。

さらに駅の構内を歩きますと柱に洋さんの顔がまたしても、
デカデカと張ってある。

指名手配でもないのにですよ。

これもまた記念にと携帯を取り出しまして、
カシャッ!

ちょっと好い感じのね、
東京土産が出来ました。

それではみなさん、今週も力の限り動き回ってくださいませ!

解散!


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(14:32 嬉野)
2009年7月8日(水)

嬉野です。

札幌は市内にも小高い山があって、
山の中腹に、日が落ちてから車でススイィ〜ッと上るとね、
札幌の街の夜景が見下ろせるからロマンチックらしくて、
小洒落た店もあったりするそうですが、
デカイ家もあったりする。

なんだか行っても行っても、
ニョキニョキとデカイ家が並んで建ってたりする。

所謂なんでしょう、
お金持ちの家と言いましょうか、
豪邸と言いましょうか、
社長、会長、CEO、
まぁ人生に成功したと言いますか、
オレたちゃぁやったゼ!とでも言うのでしょうかね、
方々がお住まいになっておられるわけで、

「あら、ここ好い。住みたいわ」と思ってしまう所に
住んじゃうのが、成功した人ということでもあるのでしょうか、
わかりませんが。

ま、往々にしてロマンチックな夜景が見えたりするところには、
成功した方々は住みたがるようで、

しかしながら奥さんねぇ。
そんなに人間成功しやしませんよ。
いっちゃぁなんですがね。

だいたい思い通りにはいかないのさ、人生なんて、
だからさぁ、昔はね、そういう状況の自分を、
演歌の人とかが、歌い慰めてくれてたように思うけど、
この頃はそういうところに商売の人が熱心でないのか、
それとも需要が無いから商売にならないのか、わかりませんが、
へたれた時にね、気安く慰めてくれるシステムが無い。

でも、人間、いつの世も恋や仕事であっさり深刻にへたれますから、そんな時にはね、

「人生そんなもんだろうがぁ!どんどこどんどこ」

みたいなね、
分かりやすく深い言葉で難しくなく、
かつ、力強く慰めてくれる歌がね、
演歌とか歌謡曲とかで、
街中やテレビやラジオから昔は聞こえてた気がするけど、
そういう、簡易慰労システムが世間から消えて久しいね。

これはねぇ、みんなが、どっかで貧乏臭ぇとでも思って嫌ったのだろうか、ここ20年くらいの間のどっかで消えたね。

なんか、どっかでみんな思い込まされてるんじゃない?
自分の人生だけは上手くいはずだって。
なんかそんな気がふとしたのよ、

際立って成功しなくたって好いじゃねぇか、
人間として普通に暮らす能力はあるんだから、
それだけあれば充分だろうおがぁ!
という雰囲気がね、
いつの間にか社会から無くなったから。
だから、へこんだ時は辛かろう、オレたち現代人。ねぇ。

へたれた時は、場末臭い横丁とかあると嬉しい。
安い食堂、安い赤提灯、そういうお店はデカクナロウという商売からはとうの昔に離脱して人情と心意気と人生の悲哀にシフトしてるから実のある客づきあいに重きを置いた人生のベテラン、苦労人の親爺やおばちゃんがいて、気さくに構ってくれる。
店内のインテリアも生活感あふれ、だから敷居は低く、へたれた自分の時でも居心地が好い。

そういうとこが人間には必要なのよ。
だって人間、そういつまでも立派ではいられないもの、
あっさりへこむよ、
それでも好いのよ。ねぇ。

だもんだから世間がね、
どこもかしこもハイセンスになってしまうとね、
いつか、へたれ者の行き場がなくなるね。
それは悲しくも辛い。

成功して巨万の富を得る人、そんなにいないんだから、
普通につましく暮らしてる人の方が楽しいと思える世間の方が正しいよ、
ねぇ奥さん。

「人は自分の属さないところに行ってはならない。道の向こうの家を天国と間違うな」ってボブディランは歌ったの?

なんか大事な言葉のように思ったんよ。

ボブディランもある意味苦労人なのかなぁ...。
ちがうか...、まぁ、いいわい。

とにかく、上手くいかん事の方が多いから、
そんな時でも、思わぬ拾い物をした気分になれるような、
生きてて好かった的な、そんな敷居の低い居心地の好い場所が今後も世間のどこかに存続しますように、と、
わたしゃ祈りますよ。

昨日の七夕は満月だったんですってねぇ、
掲示板で知りましたよ。

七夕ですからね。
掲示板を七夕飾りの短冊に見立ててね、
願い事書いて送ると、案外叶うかもしれませよ。
ねぇ、短く書いて掲示板におくりなさいな。
それが今年の七夕行事であります。

では奥さんまた明日。
解散。

解散してくださいよ〜。
晩ごはんの準備に散ってくださ〜い!

あっ!
また明日じゃなかった。
明日から出張だった。
そうだった!みなさんお留守番です〜!
すんませ〜ん!


【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(16:43 嬉野)
2009年7月7日(火)

嬉野です。

えぇ、本日50になりましたらね、
掲示板に、いろいろの方々から、
「めでたい」とお祝辞を寄せてもらいまして、
ありがたいこっちゃなぁと、思いながら読んでおりました。

いや。マジでありがたいです。
ねぇ、お会いした事も無いのにね、
何してあげたわけでもないのにさ。

子供の頃は、幼稚園とかで七夕飾りやら笹の葉やら、
わいわいとみんなで作るような日だったので、
そういう日が誕生日だと、なんだか自分のことのようには、
思えなくてそのままずっと来たと思うよ。

七夕の夜は、たいてい曇りでね、
あぁ、また織姫も彦星も逢瀬にはならず、
色っぽい晩にはならなかったんだなぁと、
まぁ、そんな風には思わなかったかもしれないが、
天の川も見たことが無かったよ。

だから初めて空に銀河を見たのは北海道に来てからで、
ロケハンの夜に山の中にいてね、
不意に見上げたら天井は降るような星空だった。
息を呑む、という、あれだったよ。

生きていくというのは、進むばっかりでね、
帰る道はどこにもない。
この身に起こるいろいろの変化に戸惑いながら、
無くす物は無くすから、
あきらめるところは明るくあきらめなければならないのだろう。
そうしてとにかく前に進むしかないのが人生だろうから、
どんなカッコウになっても前に進んでいれば楽しくなるんだろうと、なんだか妙にそんな気がするよ。

なんだか、みなさんいろいろ、ありがとう。
お世話になってます。

じゃ、仕事に行くから。
これで解散です。
また明日。




【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(13:48 嬉野)
2009年7月6日(月)

嬉野です。
明日から50です。

「おとうさんの50代はどうだったの?」と、
親父に電話して聞きてみたいものだけど、
ずいぶん前に死んじゃったので聞けなくて少し残念。

でも、さっきまで、鯨森惣七(くじらもりそうしち)という、
絵描きさんと近所の喫茶店で話していて、
鯨さんは60でも、やっぱり気持ちの好い絵を書いていた。

ぼくは絵やら映像やらを見た時の、
自分の脳みそが何かに触られるような味わいがやっぱり好きで。
絵はとくに「つー。すすいっ」と引かれた線にこそ味わいがあって、絵描きが引いたその線に「つー。すすいっ」と、脳みそが撫でくりまわされるのが気持ち好くて、心が落ち着くのね。

鯨さんは、見た目、でっぷりとした、気の好いおっさんだけど、
不良だったそうで、国語は「2」だったよと言うけれど、
人の気持をぐりぐりほぐす文章を書く。

鯨さんのヘタウマの絵とその言葉の世界を、
みなさんに見せたいよ。心が伸び伸びすると思うから。

その時が来たら、ここでも改めて紹介したいと思います。

とにかく、絵描き・鯨森惣七は、なんだかせっせと描いていました。えらいもんだと思いました。

それではみなさんまた明日。
解散。



【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(15:35 嬉野)
7月1日水曜日。久方ぶりに藤村でございます。

現在DVD第12弾を全力編集中であります。

今回は、「香港大観光旅行」全三夜、「門別沖釣りバカ対決」全一夜、「北極圏突入〜アラスカ半島620マイル」全七夜の、合計11回分。これは、これまでのDVD全集の中で最大の収録話数となります。

11回分といえば、テレビ業界で言うところのワンクール3ヶ月分。これを2枚のディスクに容量いっぱいに収めて、1タイトルとして出してしまおうというわけですから、これはお値打ちなんであります。

客にとってお値打ちということは、生産者は通常以上になんらかの努力をしなければならない。さらに秋にはスペシャルドラマの制作が控えておりますゆえ、生産者は一心不乱の編集を続行しておるわけでございます。

一 心不乱の編集態勢に入ると、もうめったに人ともしゃべらない。DVD以外のことは考えたくない。メシもほとんど食わない。10年以上前のどうでしょう班の みなさんの言葉、行動、心情だけを考える。そうやって、「水曜どうでしょう」という番組を、制作者として、ひとつづつ「おさめていく」という感覚でありま す。そういったことを続けておりますと、この日記すら書きたくなくなってくる。

と、いうわけで、みなさんにはずいぶんとご無沙汰しておったわけでございます。

編集突入からおよそ2ヶ月。現在、「香港」「釣りバカ」そして「アラスカ」の第三夜までを終了。残るは「アラスカ」の第四夜以降の4話分。

あと1ヶ月、編集室ごもりを続けます。


アラスカはねぇ、やはりダントツにおもしろい。どうでしょうが、それまで以上に明らかにおもしろくなっているのがよくわかる。

細かく未公開シーンを入れ込んで編集してますよ!

楽しみに。

【「本日の日記2」発売中!】
2003年のどうでしょう班の動向が分かる、
「日記本2」が現在、おなじみの各所にて発売中です!
→HTBオンラインショップ。
→HTBグッズ取扱店さん店頭。
→全国の紀伊國屋書店さん店頭。
→全国の三省堂書店さん店頭。各所にて!

【DVD第12弾!7月15日(水)から予約開始!】
ローソンロッピー端末商品番号・・・301779(三十路いななく!)




(14:43 藤村)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12