8月30日木曜日。藤村でございます。

001-藤村

8月30日木曜日。藤村でございます。
昨夜、大顔森崎リーダーと久しぶりに会いましたよ。
夜の7時にワインのうまい店で待ち合わせをしましてね、イタリアンを食いつつ、いろんな話をしました。
うまい食い物について、良い宿について、お芝居について、ドラマについて、また「リーダーは頭はデカイが脳みそが小さい」ことについて、熱く語りました。
気がつけばワインのボトルが4本空いておりました。
夜の10時。早くも私はふらふらでございました。
リーダーは、うまいピザの話を始めました。
先ほどチーズフォンデュを食ったばかり。
「激ウマのピザを出す店があります」
「そうか」
満腹です。
「あれは驚きます」
「そうか」
「行きますか」
「今からか」
「行きますか」
「行くか」
うまい店に行くというのを断ることはできません。
タクシーで15分ほど走ってイタリア料理屋に着きました。
「まずは飲みますか」
「そうだな」
「今度は白でいきますか」
「ワインか」
「いきますか」
「いくか」
ふらふらであります。
「ピザ来ました」
「お」
「早く!アツアツのうちに食べてください!」
「あ」
食べます。
「う、うまいなぁリーダー!」
「でしょう!」
酔いが飛びました。ものの数分で2枚食べました。
うまかった。我々は再び芝居のこと、ドラマのこと、「リーダーは頭がデカイのに脳みそが小さい」ことについて、熱く語りました。
夜11時半。残念ながらお店は閉店。
「じゃぁ、帰るか」
白ワインでふらふらであります。
「この近くに美味いイタリアンの店があります」
「そうか」
「行きますか」
「行くか」
断りません。流されるままにイタリア料理3軒目。
「まずは」
「ワインか」
「ワインですね」
ふらふらです。
「ここの冷たいスープはうまいですよ」
「リーダー、悪いけどおれは冷たいスープだけは許せないんだ」
「じゃぁ飲んでみてください」
「よし」
「どうですか」
「う、うまいなぁリーダー!」
再び酔いが飛び、芝居のこと、ドラマのこと、「おめぇの頭はデカイが脳みそは小さい」ことについて、熱く語りました。
深夜1時。さすがに帰ります。もう吐く寸前です。
「じゃぁリーダー、おれ歩いて帰る」
「マジですか!」
今タクシーに乗れば間違いなくご迷惑をかける自信がある。
「何キロあるんですか」
「10キロ・・・いや8キロぐらいかな」
「遠いって!」
「じゃぁ、また」
歩き出します。
ちょうどいい気候です。酔いも覚めてきます。
やがて空がうすぼんやりと明るくなり始めました。
午前3時半。
家に着きました。2時間半かかりました。
あんだけ食べたのに、体重は若干減っておりました。
久々にリーダーとたっぷり話をし、楽しい夜でありました。
以上。
じゃぁまた明日。
(18:54 藤村)