2006年9月アーカイブ

2006年9月30日土曜日

東京渋谷EXPO小祭り会場から嬉野がお送りしております、本日の日記でございます。
さて、小祭り二日目の今日も皆さん熱心に御並びで、本日も入場可能人数は午後一時の段階で並びきってしまわれたそうであります。(実際には皆さん整理券をもらわれているので、現在パルコ周辺には列はできておりません)

とにかく、我々の予測を超えた皆さんの熱心さに、関係者一同慌てふためいております。
もうもうありがたいことにグッズが売れておりますて、ついに無くなってしまった商品が、なんと三つも出たのでございます。

まず、藤村先生描きましたところのカブのイラストの「マウスパッド」が完売しました!
次に「名せりふ百円ライター」も完売!
最後に、三年前から在庫を抱えていた永遠の在庫商品「水曜天幕團のパンフレット」まで完売したという信じられない事態まで発生したのであります。
もちろん新商品グッズは健在でございますので基本的にはご安心いただいて良いかと思います。

いやぁそれにしても熱い!
とにかくお見えになるみなさんが熱い!
それなのに掛け声ひとつで整然と動かれる。
実に冷静なのであります。
路上で、あれだけ人が3時間4時間という長い時間並んでいるのに何処からもクレームが入らないのが信じられないと、昨日は東京の関係者から驚きの声が上がっておりました。

ありがたいことであります。

10月9日までの開催ですからまだまだ先は長ごうございますが、どうぞ変わらずよろしくお願いいたします。
さて、札幌から参っておりました私と藤村先生も明日には東京を離れます。
私だけ、明日の午前中くらいまで居残りまして、グッズでも売らせていただこうかと思っておりますのでどうぞよろしく。

そして、あれからずいぶん掲示板の方を覗いておりませんので小祭り会場以外の皆さん方の状況が分かりませんが、相変わらずお元気でお暮らしでありましょうか。

それでは、取り急ぎ本日の日記はこれまで。

また来週!


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催中!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいりました!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。


(17:45 嬉野)

2006年9月29日金曜日

嬉野であります。
一昨日より、私と藤村先生とで東京へ出てまいりまして、こつこつと渋谷小祭りの準備のお手伝いをしておりました。そういうわけで昨日まで日記のほうもとどこおっておったわけでございます。
さぁそして本日朝10時より「渋谷小祭り」本番となりました。
私と藤村先生、そしてスタイリスト小松さんの三人で、先ほどまで会場内に整然と突入される冷静に熱烈なる皆様にご挨拶をさせていただいておりました。
いやぁ、とにかく皆さんには並んでいただいております。
会場のある7階までの階段を皆さんは当然のごとく並び、その列はそこから外へ出て、そのまま渋谷公会堂を過ぎNHKさんへ近づく勢いということで、現在2000人近い数のみなさんが並ばれておるそうでございます。
これはどういう事態かと言いますと、すでに本日分の入場者数の上限を早くも突破しそうな勢いだということであります。
ということは、本日これから渋谷へ向かおうとされる方は、これから行かれても本日は会場内に入ることができないかもしれないという状態なのでありますよ。
いやはや、皆様方の熱意には頭が下がる思いでございます。
ありがたい!
ということで、このあたりで藤村先生が、俺にも書かせろとおっしゃっておられますので、代わりましょう代わりましょう。

藤村でございます。

本日は朝から「ご挨拶」というより、いち社員といたしまして会場整理にあたっております。
整理担当といたしまして、会場諸注意を。
会場内での写真撮影は、OKといたしました。ただ、立ち止まっての撮影はご遠慮いただき、なるべく多くの皆様に入場いただけるよう、整然かつ迅速にご覧いただくと。
現在、グッズ売り場が最も混雑しており、会場入り口までたどり着いても入場制限でしばしお待ちいただくこともある、という状態になっております。
しかしながら皆さん、実に楽しげに待っておられる。ありがたいことでございます。

小祭りはまだまだ始まったばかり。
平日あたりは、混雑もなくなるはずでございますので、そこらへん目掛けて来るのも良い選択かと。

しかしながら、渋谷の街にえらい大行列が伸びておる様は、笑ってしまいます。ある意味、一見の価値あり。明日もすごい状態になるんでしょうなぁ。

我々は常に会場にいるわけではありませんので、そのへんはご容赦を。

とりあえず現場から報告でありました。以上。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催中!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいりました!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。


(14:06 嬉野)

2006年9月26日火曜日

秋風冷たき札幌から嬉野がお送りしております。
本日の日記でございます。

さて、ちょっと前まで、夕方になりますとね、
HTBの社屋の上にそびえておりますところの巨大アンテナの上にですね、エライ数のカラスが止まっておりましてね。

あれはそのぉ、妙なものでして。

テレビ局のシンボルと見えるアンテナにね、カラスが群がる様といいますのは、なんでしょう、問答無用で不吉に見えるんですね。

あれ、なんででしょうね。
私、それを見上げるたんびに、
「不吉だなぁ」と思いがちな自分が可笑しかったんですが。

どう思ってみても不吉に見える。

しかもそれが連日。
日が傾くと必ず群がってる。
それもアンテナが見えないくらい真っ黒に群がってる。

ほら、萩原朔太郎さんの詩にね、そういうのがありましたよね。
黒猫がね(やっぱり黒いのよね)、屋根の上でね「おわぁ、こんばんは、おわぁ、この家の主人は病気です」とか言ってるやつ。
まさに、あぁいう感じですね。

その家の家族の知らないところで実は不吉なことが進行しててね、当事者だけが、まだそのことに気づいていないというね、状況ですよ。
そういう時に真っ先に知ってそうなのが、あの黒い奴等なのよね。
黒いのだけが知っているというね。
で、「ここが不吉です」と言わんばかりに、矢印のように、そこに群がるという。
あれです。

でも、そういうのはね、古来より、サスペンス映画とかで随分使われて、さすがに今はテレビや映画でもそんな分かり易い画は使わないないぞ、というくらいにね、古風なものになってるはずなんですが、いざ目の前にするとさぁ、やっぱり、もの凄く分かり易く「不吉」に見えるわけですよ。

どこで刷り込まれたのか分からないけど、どうしたってそういう風に見える。
で、分かり易すぎるというのは、古風なのかも知れないけど、やっぱり強い。そして強いだけに、なんか可笑しい。

昔、藤村先生と二人でね、旅先の宿でもって、分かり易い時代劇を作ったらどうだろうみたいな話をしたことがありましたね。
とにかく分かり易いドラマなんですよ。

とにかく悪役には、もう誰が見たって「悪いだろう!」というくらいのメークをする。誰が見たって「悪いのはこいつです」と思うくらい、もうマークみたいなメークをする。
で、やっぱり犯人は、そいつで。なんの意外性もない。

その悪そうな奴が、殺人事件かなんかあってね、現場に急行してる南町奉行の同心なんかの前で、腰低く控え目に言うわけですよ、

「いったい、どこのどいつがこんな悪事を働いたんでござんしょうねぇ」なぁんて。

観客は、間違いなくおめぇだろう!って思ってるんだけど、登場人物は誰も気づかない。

同心がそいつに尋ねる。

「おめぇ、怪しいやつを知らねぇか」

観客は、間違いなくそいつが怪しいだろう!って思うんだけど、登場人物は気づかない。

「いえ、あっしは何も知りやせん」
「そうか、じゃぁ怪しい奴を見つけたら奉行所まで知らせてくれ」

観客は、だからそいつが一番怪しいだろう!って思うんだけど、登場人物は誰も怪しまない。

みたいなね、感じで、物語は白々しく展開する。

そういうの面白いんじゃなかろうかって言って笑ってましたけど、
まぁ改めて書いてみると、まぁ、そんなに面白くはないか。

はいはい。

さぁ、ということでね。
本日の日記はこれまで。

解散!

またあしたね。

「どうでしょうEXPO渋谷小祭」もうすぐですよぉ。
お暇な方、是非おいでくださいませねぇー。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)間もなく開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

(16:50 嬉野)

2006年9月22日金曜日

金曜日?
あぁもう金曜日なのね。早いねぇ。

はい、嬉野であります。

皆様に御連絡。
本日、HTB関係者数人とやまとさん関係者数人の人力のみによって展示物その他の積み込み作業が進められ、いざ、渋谷EXPO会場へと、我がどうでしょう宝物の数々が送り出されていったのでございます。

そのあたりの手に汗握る積み込みの様子を写真班の藤村先生が撮影なさった画像がパソコンでは見れるようになっておりますが、見るまでのこともございません。このなんでしょう、実に貧しい景色ですね。

写真というのは、実にこの、物事をリアルに映し出すばかりでありますので、「どんだけ貧しいものが渋谷に行くんだべ」という侘しささえ感じてしまいます。

しかし皆さん御心配なく。

会場では、魔法が掛けられたように魅力的な展示物となって皆様の前に立ち現れることでありましょう。

へたり具合も長い歴史の風雪を乗り越えて来た証しとお考えくださいますと、あら不思議、貴重に見えてくるのでございます。

渋谷EXPO、多少は小祭り。

どうぞ沢山の御来場をいただけますよう、お待ち申しておりますです。

チケットがね、ちょっと好いね。

じゃ、また来週!

【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)間もなく開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

(18:04 嬉野)

9月21日木曜日。藤村でございます。

さて、来週金曜日29日から東京で開幕いたします「水曜どうでしょうEXPO」、通称「渋谷こまつり」の準備が佳境を迎えております。

本日は、ロケで実際に使用された懐かしい衣装の数々、小道具の数々を仕分け、梱包する作業をしておりました。

明日、これら門外不出、秘蔵の品々がHTBを出発し、津軽海峡を越え、東京へと搬送されて行きます。

同時にグッズ店長指揮の元、数々のどうでしょうグッズも東京へと送り込まれる手はずとなっております。

わたくし、店長に聞きました。

掲示板には、早く行かないとグッズが売り切れになるんでしょうか?と心配する声が多い。そこんとこは大丈夫か?と。

店長は申しました。

大丈夫ですと。

んなこと言って仙台の物産展では完売が相次いだんだろう?

わたくし、チクリと言ってやりました。

今回は、その何倍の人が来るかわからんぞ。関東勢は怖いぞと。

大丈夫です、と。今回は去年のどうでしょう祭り並みの数を用意しておりますと。モノによっては完売するものもあるでしょうが、ほとんどは大丈夫ですと、店長、自信満々に言っておりました。

ま、グッズはあくまで「おみやげ」みたいなものでありますから、まずは、ロケの息遣いが聞こえるような展示品をご覧いただき、しかる後にグッズ売り場で気に入ったものがあれば買っていこうか、ぐらいのお気持ちでお越し下さい。

さて、会場での写真撮影の件でありますが、「基本的にはご遠慮いただく」ということになりました。別にタレントさんがいるわけではないので撮影自体は問題ないのですが、「それによって混雑が増す」「その結果、入場制限をしなければならない」「並んだ人全員に見てもらうことができない」これが問題なわけでございます。

本来であれば皆様方にかような杓子定規なルールを設けず、「バカ同士うまくやってくれ」と言えばすむことでありますが、今回、かなりな混雑が予想されますので、とりあえず基本ルールをと。

従って、現場が混雑していない状況であれば「別に撮ってもいいですよ」という判断もあるかもしれない。そこらへんは臨機応変に対応していこうと。

さ、明日も若干の準備が残っております。会場で流すVTRを何本か編集しなければなりません。展示物に関連した企画のコンパクトなVTRを会場の数ヶ所で流す予定でございます。もちろん、昨年の祭りの映像も。

ということで、夜も更けてまいりました。明日も朝からウォーキングでござりますので、このあたりでおひらき。

また明日。


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)間もなく開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

(21:34 藤村)

2006年9月20日水曜日

嬉野です。

さて、今夜から北海道では、どうでしょうクラシックで「ヨーロッパ・リベンジ」が始まります。
これは1999年10月に放送した作品ですから、もうかれこれ7年も前の旅ということになるんですね。
今、あらためて見てみると、一週目の本編冒頭で、いきなり「ぼくたちは写真集を出します!」とか、3週目以降の後枠では「いよいよ今世紀最後の大・大泉洋展を開催します!」とか、番組以外のことを一所懸命に告知してるんですね。
それも毎週毎週くどいくらいに繰り返している。

1999年というのは、番組を始めて3年目という時期でしたが、同時に急に番組の身辺が騒がしく賑やかになって来始めた時期でもあったですね。
そうだったから「じゃぁ、番組以外のいろんなことも、やってみっか」みたいな感じで、番組関係者も世間も盛り上がり始めた時代だったろうと思うんですね。

勿論、北海道内だけでの話です。

そのころはまだ、このホームページも無くて、その代わりにファンサイトっていうんでしょうか、道内の視聴者の方たちが「水曜どうでしょう」の応援サイトを自主的に立ち上げて、番組の情報交換を、ぼくらが頼んだわけでもないのにネット上で熱心に交わし始めてくれた時代でもあったですね。

その数多くの自主的な熱心さが、ネットを通じて放送もされていない地域にいるにもかかわらず「水曜どうでしょう」を知っているという人の存在を増やし続けてくれていたのだろうと思います。
そういう機運が高まりだしたのも、この1999年だったと思うんです。

ちなみに、1998年に行なった「どうでしょうカルトクイズ」の時の話をしますとね、あの時テレビで参加者を募集しまして、撮影当日、HTBの正面駐車場に朝から応募に応えてくれた視聴者が600人も来てくれたと、ぼくらは大いに喜んだわけです。
それでもその人たちは、クイズに間違ったらアッサリどんどん帰って行ってしまう。

参加者全員、「水曜どうでしょう」の出演者には、何の未練もなく帰ってしまう。

誰一人「大泉だぁ!」「洋ちゃーんだぁ!」「鈴井さんだぁー!」と騒ぐ者もなく、それよりクイズに勝ち残って「どうでしょう」に出るとなったらそれはそれで恥ずかしい、みたいな感じの人ばかりだったことを良く覚えています(笑)。

「面白いと思うけど、あの人たちと一緒にされるのはいやだぁー」みたいなね。
どっかで、ぼくらをバカにしてるようなね(笑)。
「好きだけど、あの番組を好きだと周りの人に感ずかれたら恥ずかしい」みたいな。
そんな感じが、その頃「水曜どうでしょう」という番組に対して視聴者のみなさんほとんどが抱いていた正直な印象だったんだろうなと思います。

それが、「大泉洋って、ひょっとしたらカッコ良いのかも知れない」みたいなことを誰かが思い始めてしまうのが、多分、1999年、「ヨーロッパ・リベンジ」が放送されたこの頃だったような気がするのでありますよ。

1996年、ぼくが、HTBに来た十年前。つまり「水曜どうでしょう」を始める頃。
「5パーセントの壁は、なかなか乗り越えられないなぁ」と言うのが、制作部の中堅ディレクターみんなのぼやきでしたね。

そして、当然その5パーセントの壁を乗り越えることができないことから、「水曜どうでしょう」も始まったわけで、2パーセント、3パーセントという週が、長く長くずっとあったわけであります。

それが、「闘痔の旅」「サイコロ2」「オーストラリア縦断」「サイコロ3」と1年半くらい番組を続けていくなかで、1997年の「ヨーロッパ21」の最終回で、不意に9パーセントを越える数字を取ったんですね。ほんとに不意にです。その時だけです。

で、その数字を頼りに1998年から時間帯を23時台に上げたわけです。
放送時間を23時台に上げて全体的な視聴率の底上げはありました。
それでもなかなか10パーセントには届かない。

そんな番組が、北海道内で視聴率のピークを迎えたのが、この年、1999年のことだったわけです。

そして、視聴率をピークに導いたその要因が、どうもこの1999年の夏に放送した「原付・東日本縦断ラリー」だったのではないかと、今、手元の資料を見ると思えてくるんです。

なぜなら、「原付き東日本縦断」が始まるまでにも、潜在的な視聴者としては少なからぬ人たちが「どうでしょう」を見てくれていたと思うのですが、それでもその人たちが全員、足並みを揃えて毎週見てくれていたかというと、そうではなかったわけなのです。
それは視聴率を追ってみるとわかる。
そして多分、テレビの見方と言うのはそういうものなのだと思います。
見たことはある。でも毎週見ようとは思わない。ほとんど忘れてる。
そんな感じ。

事実1999年になっても、上期の視聴率は、平均すると10パーセント横ばいみたいな感じなんですね。
それが「原付き東日本縦断」の最終回でいきなり16パーセントを超えるという驚くべき視聴率を出してしまっている。
おそらくその数字を見て、ぼくら関係者は、当時、全員驚いたと思います。
驚愕したかもしれない。
「どうしました!」という感じだったとも思います。

「原付き東日本縦断」は全部で5週の企画です。
その5週のうちに、北海道の潜在的な「どうでしょう視聴者」の中で面白さが話題になる。
「どうも面白いらしい」「見たほうが好いかもしれない」「見てみるか」
その中で、見たり見なかったり、ずいぶん見るのを忘れてたりしていた視聴者がテレビの前に座りだす。そうしてだんだん足並みが揃ってくる。
そしたら4週目で大泉さんがウイリィーした!
あぁこれはもう見なきゃダメだ!
あれで一気に足並みが揃ってしまった。
大泉さんの「ウイリィー」一発で道民の足並みが揃ってしまった。

乱暴に言えば、そういうことじゃないかと思うのです。

そして、「原付き東日本縦断」の最終夜の段階で視聴率が16パーセントを越えてしまった。

そこから「夏野菜スペシャル」→「ヨーロッパ・リベンジ」と続いていく強力なラインナップが視聴者をテレビの前に縛り付け視聴率を恒常的に上げたのだろうと思うのです。
そして「ヨーロッパ・リベンジ」の第3夜で視聴率はいきなり18パーセントに迫り、最終夜で18.6パーセントという最高視聴率を出したのだろうなと思います。
その夜の番組占拠率は46パーセントでしたから、要するにその時間帯に北海道でテレビを見ていた人の半分は「水曜どうでしょう」を見ていたということになるわけです。

「水曜どうでしょう」を取り巻く1999年というのは、そういう時代だったのだろうと思います。

「水曜どうでしょう」という番組の中身は、昔も今も変わりなく素朴です。
「ヨーロッパ・リベンジ」は、ロケ初日に、いきなり「宿が無いかもしれない」といことで盛り上がっているだけです(笑)。内容は、それだけのことなのです。
でも、そんな素朴な内容を面白いと思うことが出来る。
そのことを、ぼくは、この番組を通して認識した気がします。

面白さというものは、実に多様なんでしょうね。
素朴なことの気楽さが日常の表面から消えていく時代に、素朴なことを楽しめることで、ほっとすることはあると思います。素朴なことでも丹念に拾っていくと、そこには十分楽しめるドラマがある。
そういう発見を毎週しているのが「水曜どうでしょう」という番組なのではないか。そんなことも思います。

さて、ずいぶんと長くなりましたが、「ヨーロッパ・リベンジ」。
今夜から始まりますので、まぁ、御覧くださいませ。ということでございます。

じゃ、また明日。

解散!

【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)間もなく開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

(17:43 嬉野)

9月19日火曜日。3連休が明けました。藤村でございます。

さてわたくし、春先から朝のランニングを始めて、もう5ヶ月になります。その間、転倒による裂傷、打撲、疲労骨折と、いくつかのケガをし、先月もロケ開始直前、異国の地でランニング中に大きな捻挫をいたしましたが、それでもほぼ毎朝走り続けております(さすがに今はランニングを中止してウォーキング中)。

「なぜそこまで走るのか」と言われれば、当初こそ「多少のダイエット効果を期待して」ということでしたが、今はただ単に「走ることが楽しいから」、だから苦もなく続けているわけでございます。

春先に2キロぐらいをチンタラ走ることから始めて、それ以降徐々に距離を延ばしてまいりました。現在、およそ12キロ。12キロったら、たいした距離です。でもそんなに疲れない。

実はわたくし、ある時期から「コツ」をつかんだんですね。それから走ることが気持ちよくなってきた。

ランニングコースは自宅近くの川沿いのサイクリングロード。そこを6キロほど下って折り返して帰って来る。前半はラクなんです。下りだから。でも後半はキツくなる。

当初はキツくなれば歩いておりました。今年の夏は特に暑かったから、汗をダラダラ流しながら、「もうダメだ、あそこのカーブまで行ったら歩こう」なんつって目標地点を決めて、「よーし、もう少し」「あと50メートル!」「まだか!」「ぬぅわぁーキツい!」なんてやっておりました。でもカーブにたどり着いたらもう完全にヘタり込んで、二度と走れなくなってしまう。あとはふぬけになって歩くのみ。「やっぱり疲れるなぁ。10キロ走るのはまだ無理か」と。

ところがある日、わたくし走りながら、ちょっと考え事をしてたんですね。特に重要なことでもない。ただ別のことを考えて、下を見て走ってたんです。そしたら、いつのまにか折り返し点を過ぎ、カーブを過ぎ、気がつけば家の近くまで走ってた。「あれ?走れちゃった」。それは、あっけないほどでした。残ったのは心地のいい疲労感のみ。

それで気づいたんです。「もう少し!もう少し!」なんて、目標点だけをまっすぐ見ながら走っていると、自分の足取りの「重さ」と「遅さ」ばかりが気になって、ちっとも目標点が近づいて来ない。うんざりして苛立ち、気持ち的に折れちゃう。体力は大丈夫なのに、自分で勝手に「限界だ」と思い込んで走るのをやめてしまう。

それでその日からわたくし、前を見て走るのをやめました。どーでもいいことを考えながら、道端の草を見たり、空を見たり、そして「あー気持ちいいなぁ」と、人のいないところでニッコリ笑ってみる。足は自然と前に出て、気がつけば12キロ。走ることを考えないことによって、いつしか走ることが楽しくなってきた。

高い目標、あーしたいこーしたい、ここまでは行きたい。しかし、そればかりを考えていると自分の足の遅さばかりが気になって、走ることに苛立ってくる。「なんでおれはこんなに遅いんだ」。しまいにゃ「なんでワタシ走らなきゃいけないの?」と、走る意味まで考え出す。ばかやろうと。走ってりゃあ気持ちいいんだよと。走ること自体が楽しいんだよと。走らないで遠い目標ばかり見てるからイヤになるんだよと。

わたくし、こう思うのであります。皆様の人生におきまして、「どうでしょう」が、路傍の草のような存在であればと。どーでもいいものを見ながら笑っていれば、いつしか気持ちよく走れるようになると。

ただ、「どうでしょう」はあくまで道端の草木。これを「生きがいだ」などとおっしゃると、同じように苛立ち、自分を苦しめることになる。「新作はいつ?」「日記本は?」「てかDVD早く出せ!」・・・路傍の花は、時期が来なければ咲かないのであります。

とうことで、折り返し点を過ぎたおっさんは、本日も北海道で、のんびりと走っております。走ることが、走れることが楽しいのでございます。

ね、いいこと言ってますけど、遠まわしに「新作も日記本もDVDもまだだぞ」「こっちゃぁ渋谷の準備で忙しいんだ」と、言ってるんですよ。

はい!ということでランニングと人生をからめた老練な言い訳日記これまで。

皆の衆また明日!


【水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)間もなく開催!】
日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

【2005年新作の放送が決定!】
9月27日?11月15日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

(19:00 藤村)

2006年9月17日日曜日

嬉野であります。

台風が猛烈な勢力を保持したまま、本日午後6時に長崎に上陸したそうであります。
先程、私の実家がございます佐賀の姉から「瞬間最大風速46.5メートルだった!停電してるよー!」という叫びのメールが入りました。なんという数字でしょうか。気になります。

日本でも、2?3年ほど前から、台風の威力がモーレツになってしまい、各地で必ずと言っていいほど大きな爪あとを残して去って行くようになってしまいましたが、今年こそ、どーぞ大きな被害が出ませんようにと、祈るばかりでございます。

今後、台風は、いかなる進路を取るのか、近隣にお住まいの皆様は、くれぐれもご注意くださいませ。

さて、私、本日会社に出てまいりましたら、編集室の面積が半分になっておりまして驚きました。
いつものように、編集室のドアを開けて中へ入りますと、中ほどにまたドアがあるのです。

「あらら?これはなに?」

と、思いまして、さらにそのドアまで進み、ガラガラとドアを開けますと、「おぉ!」と、そこに懐かしき編集機の姿が。

もうびったんびったんでございます。

どうやらHTBは、どうでしょうの編集室を半分にして、編集室の数を倍増させたもようでございます。

いよいよHTB、地べたがなくなってまいりました。

どうでしょう部屋と呼ばれていた編集室の面積も半減。
いよいよ我々は、編集室の奥の四畳半の布団部屋へと追いやられてしまったような態でございます。

内へ内へと拡張して行くHTB。

もう牛々(ぎゅうぎゅう)です。

以上、本日の日記終わり。

奥さん、またね。
ご飯食べた?

早く寝るのよー!どーでも好いけどねぇー!

じゃ、また。


●2005年新作の放送が決定!
9月27日?11月5日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(19:27 嬉野)

9月14日木曜日となりました藤村でございます。

昨日から福原美穂の新曲「恋はリズム?BELIEVE MY WAY?」というやつのプロモーションビデオを編集しております。

四十過ぎのおっさんが「恋はリズム」ですよ、えー奥さん。もう先週からずーっと「恋はリズム」ですよ。いい曲ですよ。いい曲ですけどさすがに聴き過ぎてます。頭の中でずーっと「こいはリズムぅ?♪」って歌ってます。四十過ぎのおっさんがだ。「♪鼓動が激しぃ?くなるのぉ?切ないぃくらぁーい」なんつってうっかり口に出して歌おうもんなら白い目で見られますよ。

しかし、撮ってきた画はキレイですよ。さっき嬉野先生が編集室に入って来て、「あら、プロモみたい」ってバカな感想を言って帰って行きましたからね。

その先生は現在、「渋谷パルコ小祭」の展示品、写真パネルの準備に大忙しでございます。本日、専用ページの方には「販売グッズ一覧表」がアップされました。かなりな品数をご用意しております。
道外では初のどうでしょう展示イベント「渋谷パルコ小祭」。いよいよ再来週29日木曜日から開催。小さな催しですが、「見栄えだけはデカイ」モノも、目立つとこにご用意しておりますので関東一円ご一同様、是非ともご来場下さい。

そして突然ですが、福島県民の皆様。遅ればせながらご報告!であります。

2005年新作の放送が決定!
9月27日?11月5日まで、ご存知KFB福島放送さんで。

ゆるい気持ちでご覧下さい。

と、いうわけで本日の日記これまで。

ささ、わたくしもうちょっとだけ「恋はリズム」やってきます。

こぉ?の恋は負けら?れなぁいのぉ?♪

・・・もう歌詞全部覚えました。

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(18:35 藤村)

2006年9月13日水曜日

今晩は奥さん、嬉野であります。
今宵は、水曜どうでしょうクラシックの夜でございます。

北海道地方、本日放送されるのはね「シェフ大泉夏野菜SP」の最終夜でございますよ。
いよいよね、料理自慢の大泉シェフが、その自慢の腕を披露されますですよ。
長かったですね、開墾から調理まで実に2ヶ月という気の長い時間が掛かっております。
地味な大作と言って良いでしょう。

「じゃ、なんでそんなに黄色いんだよ」という、あの大泉シェフの乱暴なセリフも安田顕さんの黄色いキャラと相まって、私の好きなセリフでございますね、今宵お聞きになれますですよ。

そうしましてね、来週。
いよいよ「ヨーロッパ・リベンジ」が始まるのでございます。

「ここをキャンプ地とする!」日も目前でございます!
ちょっと楽しみであります。

さてね。
昨日の藤村先生の日記の最後に夢の話がございましたね。
「夢を見ました」というのがありました。
珍しいですね。
藤村先生から夢の話を聞いたことなど無いですからね。

なんでもですね。
夢の中にどうでしょう班4人が出てきたそうです。
で、やはりミスターが先頭を歩いていたのだそうですね。
で、そのミスターが、ずんずん入って行ったビルの玄関についてた回転ドアが、あろうことか横に回転するのではなく、縦に回転しちゃったそうですよ。
だもんだから、それに捉えられたミスターは、もうハムスターのようになりながらクルクル回っちゃったそうですよ。
その様を見て藤村先生が大笑いをしたという、ま、そういう夢だったそうでね。まぁ夢とは言えね、そんな夢を見られてミスターも気の毒と、いうところでございますね。
オレじゃなくて良かったというね。

で、藤村先生なんですが。
月曜日は早朝5時集合で、一日みっちりロケだったようですね。
どうでしょうと違いますから仕事量は濃いですね。
それで、気疲れも手伝ってか一昨日はロケ帰りにぐったりとされておりましたね。

で、引き続き昨日もぐったりとなさっておられました。
「画が綺麗なんだよ!」と興奮しておられましたけどもね、顔はぐたりしておられましたね。

やっぱりそういう疲れた時に、あれなんでしょうか。
印象的な夢というものは、見られるものなのでしょうかね。

深く沈むような肉体の疲れと、どこか高揚して静まらぬままの脳。
これが印象的な夢を見る時の条件なのかも知れませんね。

まぁ、それにしても、藤村先生の夢に引きずりこまれたミスターさんこそいい迷惑でね、私でなくて良かったわいと重ね重ね安堵しておりますね。

さて、ぼくの友人の竹本Dがね、今、札幌駅のそばにある紀伊国屋書店の2階の隅を借りてね、個展をやってます。
写真のね、個展なのね。
小さい小さい個展だよ。
でもね、面白い写真なのね。
フイルムの幅8ミリしかないちっちゃなフイルムで撮影してるから、写真に伸ばすとボケちゃってボケちゃって、物によっては何が映ってんのかわからないのもある。
じっくり見たってボケボケの画像だけど、なんでだか見飽きず見てしまう写真なのだね。
きっと見てるぼくらに、何かを考えさせる写真なんだろうなと、今ぼくは理解してます。
たまたま札幌に来てて時間のある人や、冷やかしに出かける余裕のある人は、ぜひ覗きに行ってみてください、無料だから。
本買うついでにね、寄ってみてください。
今週の金曜までやってるみたいですよ。

それでは奥さんまた明日。
こっちは快晴だけど、本州は天気悪いのかねぇ。

元気なふりしてでもいいから明日もおいでなさいませね。

じゃ、解散。
また明日。

今日こそ早寝をしたいね。

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(19:56 嬉野)

9月12日火曜日。お久しぶりに藤村でございます。

昨日までどうでしょうとは違う仕事をしておりました。

先々週の土曜日、どうでしょう新作ロケから帰国して会社に戻りますと、私のデスクの上に1枚のCDが置かれておりました。メモには、「福原美穂の新曲です」とありました。

今年の春、札幌の高校を卒業してすぐにユメチカレコードからデビューした福原美穂。雪下ろしで鍛えた強靭な足腰と天真爛漫な笑顔、そして驚くべき歌唱力を持った19歳の女子であります。

ユメチカレコードのプロデューサー福屋キャップは、なぜかバラエティー一辺倒のこの私に彼女のデビュー曲のプロモーションビデオを撮らせ、そして今回も「当然藤やんにやってもらう」と、撮影の約束をしていたのであります。

「撮影は9月11日の月曜日」と決まっておりました。

撮影まであまり時間がない。しかしながらロケの疲れもあってその日はすぐに帰り、私がそのCDを手にしたのは週明け、先週の月曜日のことでありました。つまり、撮影の1週間前。

「よし!短期決戦だ」

と勇んでCDを聞きますれば、しかしそこに入っていたのは、彼女の歌声とピアノの伴奏だけ。まだデモテープの段階でありました。

「そうかそうか」と。
「撮影1週間前にまだ曲が完成していないのか」と。
「更なる短期決戦!のぞむところだ」と。

翌火曜日。「ほぼ完成のようです」と、新たなCDが届きました。

「ようーし来たか」

と勇んで聞きますれば、歌詞がガラリと変わっております。

「そうかそうか」と。
「撮影6日前に歌詞を変えてきたか」と。
「更に更に!短期決戦!のぞむところだ」と。

その日、曲を聞いて一気にイメージを固めていきました。歌詞は「恋のライバルには負けないわ?」みたいな女子の恋心を歌ったものでしたが、私が抱いたイメージは「爽快感」。「雲ひとつない抜けるような青空!」であります。

翌水曜日、急ぎロケ地の選定に向かいました。向かった先は札幌から100キロ、空知平野の穀倉地帯・滝川。そこに「丸加高原」という牧草地が広がる高原がございます。
見上げれば青空、眼下には大地、さらにそこではこの時期、「コスモス」が咲き乱れておりまして、ガーデナーであるわたくしの花好きをよく知っているロケコーディネーター松倉という男が探し出してきた絶品のロケ地でございます。

「どうですか!」

「どうですかっておまえ・・・なんにも見えねぇけど」

その日はあいにくの雨。眼下に広がる空知平野どころか、高原はぶ厚い雲に覆われまして視界ゼロ。

「でも、この下に緑の大地が広がってます!」
「今はまっ白だけどな」
「そして抜けるような青空!」
「今は白いけどな」

「そしておまえ・・・コスモス・・・咲いてねぇけど」
「咲いてますよ」
「咲いてっけど・・・」
「えー2分咲きです。少し早かったですね」

コスモスは「咲き乱れる」というより、「咲き細る」といった風情で冷たい雨にしなだれておりました。

「でもあれだ。今日の雨でコスモスも一気に咲くわけだ。そして本番には満開!と」
「前向きですね」
「して、もちろん当日は晴れ!と」
「今のところ降水確率・・・60%ですね」
「高いな」
「前日はそして、雨ですね」
「さらにコスモスが咲くな」
「前向きですね」

「いいか。今回は青空が絶対条件だからな。そしてオール外ロケだ。日が傾くまでに全部撮り終えるぞ。夕方4時には撤収!」
「早っ!」

そして昨日の本番当日。

午前5時の夜明け前に札幌を出発。朝7時の撮影開始のころは少し雲が残っていたものの、やがて空知地方は気持ちの良い秋晴れとなり、文字通り「雲ひとつない青空」が広がったわけでございます。しかし、逆にあまりにも雲がなさ過ぎて「青いバックで歌ってる」みたいに見えたのは、ちと予想外でありましたが、予定通り4時半にはすべての撮影を終了。全員多少の日焼けをして、真っ赤な夕陽の丸加高原を後にしたのでございます。

天気さえ良ければ、北海道には金をかけたスタジオセットに勝るとも劣らない自然のスタジオがある。絵になる風景がある。今回、改めてそう思いました。

前回は外国曲のカバーだったためにネット上での映像配信はできませんでしたが、今回は「ユメチカ18」のサイトにて、来月あたり映像を見てもらえそうであります。
空知の抜けるような青空と、そして福原美穂の力強い歌声。是非ご覧いただければと。

さて最後に。

昨日は嬉野先生が奇妙な夢について書かれておりましたが、わたくしも昨夜、疲れていたんでしょうか、久しぶりに夢を見ました。妙にリアルな夢でございました。

登場人物は、どうでしょう班4人であります。

先頭をミスターさんが歩いています。いつもの見慣れた光景です。

ミスターはツカツカと歩いていきます。

やがて、ビルの入口でしょうか、ガラス張りの回転ドアが見えてまいりました。

先頭のミスターは勢いよく回転ドアを、ダンッ!と押しました。

ところがその回転ドア、なぜか横に回るのではなく、不意にタテ回転をいたしまして、勢いあまったミスターさんはそのままハムスターの滑車のようにクルクルと回り続けたのでございます。無表情で。

「ぶははははは!」と、わたくし、ハッキリ笑いましたですね。

自分の笑い声で起きましたもん。

おもしろい夢でしたね。

ということでね、えー本日の日記これまで。

あ、「私もこんな夢見ました!」っていう報告はいりませんよ。

「あ、そう」

っていう反応しかできないですからね。

じゃまた明日。

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(18:20 藤村)

RSSフィードのURLが、変更になっています。

旧:http://suidou.d-archives.info/index.xml など
 ↓
新:http://feeds.feedburner.jp/suidou/d-archives

もし登録されている方がおられましたら、
変更をお願いいたします。

2006年9月11日月曜日

ういす。嬉野っす。

札幌、本日いきなり秋になりました。
半袖で表に出たら、ちと涼しいぞと思った。
もう夏ではないのですな。
夏よさよなら。こんにちは秋。
季節は巡る。少し寂しいが、しかたがない。

えぇ藤村センセは、本日ロケですな。
天候は快晴、ロケ日和です。
プロモの撮影だそうでございます。

私は、新作ロケから帰ってからというもの次のDVDの特典映像用に、去年の祭りの編集を続けております。
言っておきますが、去年祭り会場におみえになった皆さんね。
皆さんの顔、ばんばん使ってますからね。
使われた方は、次のDVDに顔が出ます。
困ると言われても困りますので、今のうちから覚悟しておいてくださいませねと言っておきますですよ。

ところでね、私ね、先週の金曜日お休みを頂きました。
で、木曜日ちょっと夜更かしをいたしました。

家内も留守をしておりまして我が家には私ひとり。
そういうこともありまして、久々に気兼ねなく家の中をうろつきながら珈琲を沸かしたりして溜まってた本をどんどん読んでおったのです。

しかしながら、私が夜更かしをするのには別の訳もありましてね。

どうもロケから戻ってこのところ、不思議と寝つきが悪いのです。
だいたい深夜0時を回っては起きていられなかったのに、この頃は午前2時を回っても少しも眠くならないのです。

あっと思って時計を見ると知らぬうちに午前3時を過ぎている。
それなのに私の目は冴えに冴えている。

これでは明日一日が台無しになる、早く寝なければと思いながらも脳は覚醒しきっている。こらだめだ、仕様がないと、私は灯かりをつけて本を開く。
そんな毎日を送っておりました。

で、木曜日の夜ばかりは、明日は休みだし、どうせ寝られないのだからと、夜更けに誰もいない台所へ行き珈琲を沸かしたりしておりました。

開封したばかりの珈琲の香りが辺りに広がるのは好いものです。
ずいぶん濃く入れてしまいましたが開封直後の新鮮な珈琲は苦旨(にがうま)で好い味に出ておりました。

思いがけず旨く出来あがった珈琲をガブガブ飲んだことで、ほどよく脳も活性化したのでしょうか読書が進みました。

宮部みゆきさんの新刊本を会社の帰りに買っていたのですが、それが面白くて、どんどん読んでしまいました。
あぁ、終わるのがもったいないなと思い始めましたので本を変えたりして、色んな本を読みました。

午前4時近かったと思います。

少し疲れてきた私は、布団の上で仰向けになって本を読んでおりましたが、とろとろと眠くなり始めていたのです。

あぁこらそろそろ寝るなぁ、部屋の灯かりを消さないと、このまま寝ちゃうなぁ、まずいなぁ、そんなことを思いながら、しかし、立ち上がって灯かりを消しに行くほどの意志を持てなかった私は、どうやらそのまま眠ってしまっていたようです。

どれくらい経っていたでしょうか。
私は、不意に目を覚ましたのです。

あぁ、やっぱり寝ちゃってたなぁ。
そう思いながら、でも事態がひっ迫していることを理解していました。

間違いなく誰かが部屋に入って来たのです。

間違い無いのです。

なぜなら、私は、その何者かが、私が寝ている布団を踏みしめながら歩くために起きた、布団の浮き沈みの、その感触を受けて、はっとして目を覚ましたからです。

私は、ぼんやり後悔し始めていました。
泥棒が入ったと思ったからです。
玄関の戸締りをしていなかったのかなぁと思ったのです。
迂闊だったなぁと後悔していました。

侵入者は、間違いなく横向きに寝ていた私の頭の直ぐ後ろ辺りに立って、私を見下ろしているはずなのです。

しかしその時、ぼくの中にあった感情は恐怖ではなく、不味い事になったなぁという妙に落ち着いたものでした。
カギを掛けたのをちゃんと確認しておけばこんなことにならなかったのになぁと、呑気に悔やむ作業ばかりをしていました。

この先、いったいどんな展開を迎えることになるのだろうと思いながら、いや、ひょっとしたら、これは夢かもしれないと思い始めてもいたのです。
振り返ってみればわかる。多分誰もいない。
そう、これは夢に違いないのだから。

私は意を決して後ろを振り返り、結局それが夢だったことを知りました。

振り返って見上げた私の視界の先には誰も立っておらず、その時、部屋の中には、やはり私ひとりしかいなかったのです。

その時、入眠幻覚という言葉が浮かびました。

昔、何かの本で読んだのです。
うとうとっとした寝入りばなに妙に現実味のある幻を見ることがあると書かれていました。

それなのかと思いました。

しかし、ほっとすると今度は反対に、本当にあれは幻覚だったのだろうかと思い始めました。

自分が体験した感覚が、あまりにリアルすぎたからです。
自分が寝ている布団を踏みながら誰かが歩くあの感触が。

布団の材質で当然変わるだろう布団の反発。浮き沈み。
それをリアルに感じたから驚いて目が覚めたのです。

あれが夢なのだろうか。

今でも良く分かりません。

ただ、これとはまったく関係ない話ですが、人間は、本当に切迫した状況を迎えると、これは夢ではなかろうかと思うそうです。
例えば戦場で、知らぬ間に敵に包囲されていて、その敵が一時に攻めてきた時などに、自分が決定的にまずい状態に陥りながら、不思議に現実感が薄れるそうなのです。

これは夢なのではないだろうか、と。

人の感じるリアリティーというのは、どうも奇妙なもののようです。そう、なんとなく思うのです。

ただまぁね奥さん、とにかく次の日から戸締りだけは私、指差し呼称しながら執拗に確認するようになりましたよ。

奥さん方も戸締りと火の元には、念入りに注意するのよー!

ということでね、本日の日記は終わり!

そう言えば昨晩も、会社の裏道で、奇妙な女の人を車の窓から見たけどね、まぁ、あの、深く考えないようにしてるのよね。
夏も終わったことだし。
バックミラーで確認したけど、なんか映ってなかったような…ね、まぁいいか、気のせい気のせい。ねぇ奥さん。

じゃ、奥さんまた明日!

本日はこれにて解散!

気合だけでも好いから今日も元気でいるのよー!
明日も来るのよー!

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(15:24 嬉野)

2006年9月7日木曜日

嬉野であります。

長野でもクラシックの放送が始まったようですね。
みなさん見ていて下さっておられるようで嬉しいですね。

昨日は、藤村先生より新グッズの発表がございましたね。
怒涛の11品目という(あ、私、数え間違えしてませんよね。ちょっと心配)いやはや、その数の豊富さ。恐るべし。

したども、掲示板を見れば、「是非買いたい!」という意気込みの方々が、これも怒涛の勢いでずらずらずらっと御並びで、こっちの方も恐るべし!

まことにもってありがたいこと限りなしでございます。

なかでもね、来年の手帳が出ないのを嘆かれておられる方が多くてね、申しわけないことだと店長も今頃出張先でしおれておることと思いますね。

でもね、しおれながらもね、まぁあの店長にしたところで、出したいのは山々だったかもしれませんしね、「出さないのは、出さないなりに、今年は自重するしかないなと思うところがね、彼の胸のうちにあったのだろうなぁ」と、まぁそこは大人の想像力でもって、お許し願えればと思いますですよ。

でね、今年のところはね、急場を凌ぐということでね、どーぞ皆様の手作りでもってね、去年の手帳の皮だけ御使用になるなどされて、時期をお待ちくだされば、いつの日か店長も奮起するのではないかと思いますのでね、なにとぞ今回は御寛恕いただきたいと思うのでございます。

さて、先月ね、ロケに出る前のCUEさんのドリームジャンボリーを見せて頂いて帰るときのことですよ。

ガランとした劇場のロビーを出ようとしたところをね、一人のお嬢さんに呼び止められましてね、「おや、どうなさいました?」と尋ねましたらね、その方、カナダから来ましたとおっしゃるのですよ。

「カナダ!なして、そげな遠方から!」

と、私、驚愕したのですがね、何しろ連れがおりましたのでね(カミさんですよ)それ以上深いお話をすることもなくお別れをしたのですが、翌日、掲示板にその方からメールがありまして、読んで初めて、あぁ、だったらもう少しお話すれば良かったなぁと、悔やまれましたねぇ。

その方ね、山古志村にお住まいだった方だそうで、二年前の地震で御両親をいっぺんに亡くされたのだと書かれておられました。

たった一日で、人生が一変するということを、人はとても受け入れられるものではないです。

この年になっても、それは容易に受け入れられることではないと思います。ですから、その方のようにお若ければね、なおのことそんな現実はどうしても認められなかったのだと思います。

その方はね、その直後、故郷の山古志村を離れるだけではなく、日本をも離れてカナダに行かれたそうです。

昨日まで山古志村に住んでいた自分が、明日からはカナダに住む。

その、ご自分にとってリアリティーの無いカナダという突飛な環境だけが、その時、その方の唯一生きられる場所だったのかもしれないなぁと、そのメールを読みながら、私、思いました。

だってね、昨日まで普通に自分と接してくれていたお父さんとお母さんが、たった一日を分けただけで、今日から永遠にいないのだとという事実の方こそ、その方にとっては、よっぽどリアリティーの無いことだったはずですから。

でも、その方ね、メールの最後に書かれてました。
そろそろ山古志村に帰りますって。
二年経って、いろいろお考えになったんでしょうね、そろそろ現実を受け入れなきゃってね。

その想いに至る後押しをしてくれたのが、CUEさんの面々や、うちの番組であったと、その方は書いてくれてました。

もしそれが本当であればね、うれしいことだと思います。

やっぱり生きていくって、いろいろある。
いろいろありすぎて重すぎて、容易には慰める言葉のひとつも思い浮かばない我々ですが、その方のお気持ちはね、ありがたく頂いたのでありますよ。

気づかないところで、ぼくらが、お役にたっているのであれば、それは、なによりの励みでありますよ。

いろんな境遇の人がいて、いろんな想いでこのページを見てくれているのだろうね。あらためて、そう思いました。

元気になられたら、また掲示板に連絡してほしいものですね。

おや、札幌は、晴れてきましたねぇ。
朝まで雨だったんですがね。
皆さんのところも、そろそろ秋めいてきているのでしょうか。

どうでしょうTOPの絵柄も、徐々に秋めいてきております。
ウサギのやつらは、月で餅をつくのも忘れて、茂みの中で、お月見の団子を狙っておりますしね。
団子を頭に載せた藤やん犬も、自分がグッズになったこと、知ってるんでしょうかねぇ。
相変わらず、この呑気な世界で、呑気に過ごしておるようでございますがね。

それでは奥さんまた明日。
不機嫌でも好いから、まぁ明日もお寄りなさい。

それでは、本日はこれまで。
解散。


【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(16:29 嬉野)

9月6日水曜日。長旅から無事帰還いたしまして平常運行に戻っております。藤村でございます。

さて本日は冒頭より、真っ向から皆様方に商品宣伝でございます。

今後発売予定の新グッズを一挙にお知らせいたします。

まずは、以前より申し上げておりました少し小さめの「水曜どうでしょう」ロゴステッカーが、来週9/16(土)より発売開始でございます。
 
その1、水曜どうでしょうミニロゴカッティングシート(白・蛍光オレンジ)
その2、水曜どうでしょうミニミニロゴカッティングシート(白・蛍光オレンジ・金・銀)

これまで販売されておりました大判のロゴステッカーは、主に車両の後部ウィンドーに接着されまして「どうだ」とばかり周囲に権勢を誇っておりましたが、今回の「ミニ」は、それより一回り小さめの遠慮がちなサイズ。さらに「ミニミニ」は、ケータイなんかにも貼れる極小サイズ。そして「ミニミニ」のみ、金と銀のめでたい2色も新たにご用意いたしました。財布は貧乏でもケータイは豪華にという方、どうぞ金・銀お好みで貼り付け下さい。
 
そして今月末、東京・渋谷パルコでの展覧会「渋谷小祭」の開催に合わせまして、9月29日(金)より以下のグッズが発売開始。

まずは、男の持ち物「水曜どうでしょうジッポー」が4種類。
その1、シルバーの本体に怒り文字「カチッ」が刻印された「カチッジッポー復刻版」。
その2、4人のシルエットがさりげなくデザインされたヌメ革製ジッポー。
その3、「水」の文字がこれまたさりげなくデザインされた高級木材ローズウッド製のジッポー。
その4、ダメージ加工を施しまして使い古し感を出しましたビンテージジッポー。

先に申し上げておきますが、いずれもグッズ店長とわたくしが素材にまでこだわった趣味的商品でありますゆえ、製作コストがやけに高くついております。ジッポー好きな方、とても大事な方へのご贈答など、よほどの理由がない限りお買い求めを強く勧めるものではございません。見るだけ見て、あとは無理なさらぬように。

そして、番組開始10周年を記念して、
その1、「どっかのユニフォームに似てねぇか?」10周年記念Tシャツ
その2、「これなら普通に着れそう」10周年記念パーカー
の2種を製作。

さらに、「激闘!西表島」の前枠・後枠でお馴染み「トリオ・ザ・タイツ携帯ストラップ」。

珠玉の名セリフが散りばめられました「水曜どうでしょう名台詞タオル」。

とうとうフィギュアになっちまった「藤やん犬根付け」。

そして、ガチャガチャに無造作に放り込まれまして、どれが出るかは運次第の「水曜どうでしょうプチストラップ」が10種類。中には「こんなもんいらんわ」というデザインもあり、「これは貴重だ!」という手の込んだシークレットもあり。B級のお遊び商品でございます。

そして早くも、年末商戦についてもお知らせ。

12/1(金)から、以下2種類のカレンダーが発売。
その1、その昔作りました名セリフ日めくりが、もう少し使いやすいサイズとなって新発売「2007年名セリフカレンダーミニ」。
その2、恒例となりました「2007年卓上カレンダー」。

尚、手帳につきましては、今年は製作をとりやめました。申し訳ありません。

そして、12/20(水)からは、なんと!水曜どうでしょうの名場面が切手になった!
「水曜どうでしょうオリジナルフレーム切手シート&手紙セット」が発売開始。
正真正銘の使える切手にどうでしょう10年間の名場面を印刷。中には、「リバースした直後の安田さんの顔」なんていう、とんでもない切手もございます。

いずれもお求めは、北海道内の「各HTBグッズ販売店」、道外の皆様には、ネット通販の「HTBオンラインショップ」。そしてもちろん、9月29日から開催の「渋谷パルコ小祭」会場でも販売いたします(12月発売グッズはのぞく)。

詳しくは画像付きの詳細ページをご覧下さい。

ということで、とり急ぎ新グッズの速報をお伝えしました。

皆様、常々申し上げております通り散財は禁物、取捨選択の心積もりをお忘れなく。


【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(16:55 藤村)

2006年9月5日火曜日

嬉野であります。

本日の札幌、午前中雨降っておりましたが、現在西日が差しておりますね。吹く風も、もう秋ですわいねぇ。肌寒いですもの。

土曜日の夜、千歳空港に降り立ったミスターさんが、この気温差で自分は風邪を引くんじゃなかろうかと申されておりましたよ。

北海道も、そろそろ秋でありますね。

さて、藤村先生が、ロケ中、足に若干の怪我をされたとか。
昨日の掲示板で告白なさったようですが…。

まぁ、ロケ中というか、ロケを始める前と言いますかねぇ。
誰が頼んだわけでもなくねぇ、ご自分ひとりでなんかなさってねぇ、初日の朝にいきなり、「どうーされました!」みたいな状態で出演者の前に姿を現わされまして、そのままロケを始めるはめになっちゃったみたいなねぇ、あれですけど。

お気の毒ということに関しては、まさにその通りでありましたね。
勿論、自業自得ということでもありますが。

とにかくね、今度の旅で思いましたがね、この10年を経て、どうでしょう班全員、ベテランになりましたね。

で、普通はね、ベテランになれば人間強くなるものですが、どうでしょうさんの場合、ベテランになればなるほど「やられ易く」なるということが言えますね。おかしな話ですけど。

「そら、あんたたち、たんに年取って弱くなっただけだろう」って、奥さん、今おっしゃった?
違いますよ、それがベテランになったってことなんですよ。

で、これから毎年、我々は勝手にベテラン度を増していくわけでありまして、皆様方にとっては些細なことに見えましょうとも、我々は、簡単に相当のダメージを感じて「やられる」ぞ、ということでございます。

多分ね、遠からずそーなります。
物忘れも始まってますからね、トークすらママならなくなる日もそう遠くは無いですね。楽しみですね。

さぁということでね、久々に身よりも頼りも無い海外で、密な時間を過ごすことになりました我々どうでしょう班4人の旅の顛末、いかなることに相成りますでしょうか!
全国の奥様方の叱責に鞭打たれながら、今後とも老いた馬車馬のようになりながらも懸命に走り続ける所存でござりますれば、新作の完成まで、当分しばらくお待ちいただきたいものでございます!

じゃ、奥さん、また明日ね。

今日のところは解散よ。
夏休みも終わったねー!

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(16:59 嬉野)

無事、帰ってまいりましたよ。

9月4日月曜日。藤村でございます。

8月22日に出発して一昨日、9月2日に帰国。

あ、「帰国」って言っちゃいましたね。

そうですよ。海外に行っておりました。海外に行ってどうでしょう班4人、みっちり旅をしてまいりましたよ。

中身についてはもちろん何も言いませんけど、旅の最終日、ミスターさんがポロっとこぼした一言だけを、ここで紹介しておきましょうね。

「えー・・・不本意ながら、疲れました」

どういう意味なんでしょうね。

・疲れるつもりじゃなかったんだけど、疲れた。
・疲れたと言いたくはないんだけど、疲れた。

ま、そういう意味なんでしょうね。私も全く同感です。

2006年水曜どうでしょう新作。

中年の男4人、特に気張ることもなく、しかし疲れ果てて、無事旅を終えました。さぁこれから編集でございます。放送は今のところ「一切未定」。「完成したら放送する」というスタンスで、自然に、流れにまかせて、そのうち放送いたします。しばしお待ち下さい。

さて、帰国した土曜日。道内と一部の地域では大泉さん主演、HTB制作のドラマ「大麦畑でつかまえて」が放送されました。私も夜、録画テープを見ました。

良かったですね。

見終わったあとの清涼感、とでも言いますか。とても気分が良かった。

「単発の1時間ドラマ」というのはとても難しい。登場人物や状況の説明にどうしたって時間がかかり、物語的には食い足りない感じが残る。

でも、「大麦畑」は、1時間という短い時間の中で、最後に見る者をとても晴れやかな気持ちにしてくれた。

脚本と、上富良野の風景、そして、役者の勝利だったと思います。

つい先ほどまで一緒に旅をしてさんざんゴネてた男が農家の息子役で出ているのに多少の違和感もありましたが、しかし大泉洋、肩の力が抜けた良い演技をしておりました。

リーダー森崎博之。彼も良かったですねぇ。彼の芝居には「大きな引き出しがひとつしかない」と言われておりますが、まさにその「大きな引き出しの中にある、大きなひとつの芝居」をてらいなく出しておりまして、それが実にドラマにマッチしておりました。いいぞリーダー。キミはそれでいいのだ。

そして大御所、大滝秀治先生の、自然体でありながら常に何か狙っているような、静かなる貪欲性といった演技は、やはりさすがでございました。大滝先生の演技をもっと見ていたい、そう思いました。そんな大滝先生と共演した大泉洋が先生のモノマネを習得し、今回の旅で披露しております。そちらもまたお楽しみにと。

さて、というわけでどうでしょう班、長らく留守にしておりましたが、みなさんは変わらず元気でお過ごしでありましたでしょうか。今日からまた平常運行に戻ります。

では皆の衆。

また、明日!


【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(18:29 藤村)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12