1月8日金曜日。藤村でございます。

001-藤村

1月8日金曜日。藤村でございます。
新年のご挨拶もないまま年が明けて1週間が経ちました。
申し訳ござりません。
仕事始めからずっと、このパソコンのある自分のデスクに立ち寄ることもなく編集室にこもってDVD「ユーコン川」の編集に明け暮れておりました。
本日をもちまして、特典映像も含め、めでたくすべての編集を終えました。
ユーコンはいいですね。やはり。未公開シーンもたくさんあるので、ぜひともご覧いただきたい。
週明けには東京で副音声の収録が行われ、私はそのまま札幌に戻らず、ミスターさんのお芝居オーパーツ第3弾「ホーンテッドハウス」の稽古のために東京住まいが始まります。
今回も会社が「役者としての芝居活動」を「出勤扱い」にしてくれまして、これからほぼ2か月間、ミスターさんや森崎リーダー、そしてドラマ「ミエルヒ」にも出演していただいた渡辺いっけいさんさんたちと、お芝居漬けの日々を過ごしてまいります。
札幌に戻ってくるのは3月の札幌公演のころ。
冬もそろそろ終わりの時期ということになります。
そういえば、3月頭の大分竹田の名水マラソンにも出場しようと思ってます。
雪のない東京で走り込みもやっていこうと。
こちらの日記は、担当者にメールして、それをアップしてもらうという段取りになりますので、なかなか顔を出せない日々になろうかと思います。
先月から始めたフェイスブックは、自分のスマホで管理できるので手軽で、ほぼ毎日、編集の様子などを更新しております。フォローをしておいていただければ、迅速にいろんな情報が送れますのでぜひに。
オーパーツ第3弾「ホーンテッドハウス」はチケット絶賛発売中!
そしてDVD第24弾「ユーコン川160キロ〜地獄の6日間」も絶賛予約受付中!
では、しばし札幌とお別れです。
フェイスブックでお会いいたしましょう。
【DVD第24弾「ユーコン川160キロ〜地獄の6日間」予約受付中!】
よい子のみなさま、嬉野でございます。
どうでしょうDVD「ユーコン川160キロ〜地獄の6日間〜」の予約が開始されました!
よい子のみなさまに置かれましてはそれぞれに出陣の準備を怠りなくなさいまして、完全武装の上、交通法規を守りながら今日も全国各地にはびこっておりますローソン屋敷へ続々と打ち入られますことを、この際、強くお勧めするものでございます。
屋敷の方でも準備万端、よい子のみなさまの御到来を今や遅しと待ち構え、返り討ちにしてくれんとの意気込みで、よい子のみなさまのおもてなしに勤しむべしと気合い十分のことと思われますれば、
よい子のみなさまにおかれましては、勇躍、ローソン屋敷のロッピーさんの前に並ばれまして、手慣れた操作で、存分に画面をタッチされまして、一刀両断の元に、ご予約賜りますようにと、よい子のみなさまの御武運をここに切望するので御座います。
そして今回より新展開となりました予約開始の討ち入りの御ついでに「どうでしょうフィギュアはどうでしょう」ということでね、ローソン屋敷店頭では各種新作フィギュアを取り揃えまして、ご来店なさいました、よい子のみなさまに「連れてって〜」「連れて帰って〜」とばかりな熱い視線を送ります箱入りどうでしょうフィギュアの面々がおりますことも、どうぞお忘れなく。
なかでも今回は、わたくし嬉野のフィギュアもございます。
いやまぁ、わたくしのといいますか、わたくしもミスターさんの運転するカブの荷台に乗りましてベトナムの風景を撮影したことがありましたところから、おそらくあのヒゲの方が思いつかれたんでしょう「そういえば、嬉野さんもカブの荷台に載ってたから、あの人も荷台に載せた積荷のひとつだよね」ということでね、わたくし、だるまや米やらジャックフルーツやらと同列に扱われまして、このたび、積荷シリーズにラインナップされた模様でございます。
しかも、サイズがデカいからということで、本人でありますわたくしに何の相談もないまま乱暴に上半身、下半身に分断されましての箱詰めバラ売り状態。
しかし、どうでしょうフィギュアは箱を開けるまでは何が入っているか分からないお楽しみの玉手箱システム。お目当てのフィギュアが欲しいのに、嬉野さんの下半身ばかりが手に入るという事態が頻発いたしますと、さすがに世間の評判も悪かろうということでね、今回特例で、わたくしのフィギュアの入っている箱に限っては「うれしー上」「うれしー下」と書かれているらしい。
う〜む。なんとなく情けない。
しかし、だからといって「じゃ〜」ということでね、わたしのフィギュアばかりが、えり残されるなんてあなた、ことにでもなりましたら、わたしとしてもこんな悲しいことはない。
どうぞ、よい子のみなさまにはね、せっかくで御座いますから連れて帰っていただいて「コップのふちこさんならぬパソコン画面のへり子さん」くらいの扱いをしていただけたら本人といたしましても本望と思うのでございます。
とはいえ、上半身だけというわけにもいかず、もちろん下半身だけというわけにはなおさらいかず、どうしたって倍額かかってしまう厄介な代物で御座いますが、この際なんとかしていただきたい。
(22:54 藤村)