2010年2月アーカイブ

2月25日木曜日。藤村です。


みなさまにご報告があります。


このたび私と嬉野は、4月1日付けでコンテンツ事業室という部署に異動することとなりました。

基本的にこれまでと業務は変わらない、とのことではありますが、より放送外収入(DVDの制作など)に特化した部署である、と聞いております。

また、「水曜どうでしょう」並びに「ドラマ」のプロデューサーをつとめていたお馴染みキャップこと福屋は、営業部へ異動となります。

そして我々が在籍していた制作部は、朝番組や夕方のワイド番組を作っている情報部と統合され、情報制作部となります。

制作部にいた部員のうち半数が情報制作部にスライドして「ハナタレナックス」を継続して制作、あとの半数は我々のように他の部署へ異動ということになります。

90年代初めの「モザイクな夜」から始まって、「水曜どうでしょう」「ドラバラ」「いばらのもり」「ハナタレナックス」「素晴らしい世界」などの番組制作を行ってきたHTB制作部ですが、4月をもって、なくなることになりました。

ローカル局では珍しいバラエティー番組の制作、年に1本のスペシャルドラマの制作、さらには「夢チカレコード」というレコードレーベルまで立ち上げた、「自主独立の気概」にあふれた部署でした。

HTB制作部の名称は消えますが、情報制作部に異動する面々には、その伝統を引き継いでもらえたら、と思います。

繰り返しになりますが、私と嬉野は基本的にこれまでと変わらない業務内容と聞いております。どうでしょうがなくなるとか、そういうことではありませんので、ご心配なく。

また、嬉野先生の調子も大丈夫ですので、ご心配なく。

ただ、あまりにも急な異動であったので、落ち着くまで日記の更新はしばらく滞るかもしれません。

申し訳ありません。

以上、報告でした。













(18:07 藤村)
2010年2月24日(水)

嬉野です。

藤村と嬉野、本日も無事でございます。

奥様方も、どうぞお心安らかにお暮らしください。

それでは本日はこれにて終了いたします。

解散。
どうぞ好い夢をごらんくださいませ。

また明日。

(18:03 嬉野)
2010年2月23日(火)

嬉野です。
昨日、お医者で検査してもらいましたが、
なんでしょう、
まぁ、大したことはないみたいで、はい。

で、掲示板を見ましたらね、
大層御心配いただいたようで、
ねぇ、みなさんお優しい。
ありがたいことでございます。

さぁということでね、
本日わたくし嬉野さんも、
「四十路のなんたら」に出演するためにですねぇ、
例の女子アナ二人と録音に臨むのでありますがぁ、

なんだかね、
声がおかしいのであります。

なんだか普通じゃない。

この甲状腺の病を得ましてから、
ずっとおかしいのであります。

あの、こうね、なんだろう、
絞め殺されたようなね、
まぁ殺されちゃいませんが、
なんだかこの喉にフタをされたような按配で、
最悪の状況であります。

ということでね、
今日のところはさようならであります。

ではみなさんまた明日。
解散。

雑な文章ですんません。

(17:22 嬉野)
平成22年2月22日月曜日。藤村でございます。

お知らせが3つ。まずはうれしい知らせ。

ドラマ「ミエルヒ」が1月のギャラクシー月間賞を受賞いたしました。

受賞したのは「秘密のケンミンSHOW」の年始スペシャル、フジテレビのドラマ「神戸新聞の7日間」、NHKのETV特集「シリーズ日本と朝鮮半島」、そしてHTBの「ミエルヒ」の4本。

1月30日の関東圏での放送が賞の対象となったということですから、午前3時からの放送でよくぞと、いうところであります。

今週土曜日27日午後4時からは、ABA青森朝日放送で放送です。青森のみなさまお待たせいたしました。是非ともご覧ください。

お知らせの2つめ。弊社アナウンサー部の面々が徒然なるままにしゃべりたおすという音声配信サービス「HTBポッドキャスト」。小野優子、佐藤麻美アナウンサーによる「遙かなる?四十路への道」というコーナーにわたくし呼ばれましてトークをしております。

「三十路を超えた女子アナは会社にいづらくなる・・・」などと本音を隠さず話す弊社女子アナ2名と、四十を超えたおっさんディレクター。通常の倍以上、50分あまりの音声配信を行っております。まぁほとんどおっさんがしゃべっておりますが、職場で悩む女子諸君は是非。

3つめ。「日記本3」の発売が決定いたしました。5月12日(水)。3月1日からローソン・ロッピー端末並びに道内HTBグッズ販売店で予約開始であります。

ロッピー端末の予約番号商品コードは027320(語呂募集)。

とりあえず日記本と鯨森さんの絵本がひと段落して一息ついた嬉野先生にはゆっくり休養していただいております。

まぁ、「しんどいしんどい」「通常より脈が速い」などとここ最近の症状を隠すことなくおおっぴらに連呼し、しかしおかげで「女房がいろんなことを多目にみてくれる」「藤やんが席を譲ってくれた」等の、いくつかの恩恵を列記し、最終的に「弱った嬉野さんに寛容でありましょう」と世間一般、不特定多数に対して呼びかけて、なんなら見舞い品なども暗に所望しようかという貪欲さですから、さほど心配することではございません。

みなさんはこれまで通り各自の持ち場で通常営業してください。

じゃ、また明日。



(18:19 藤村)
2010年2月19日(金)

嬉野です。

なんでしょう、まぁ普通にしんどいですよ。
しかしながらうちの女房は「更年期障害よ」と言うのです。

確かに症状はそうであります。
何かの瞬間に身体がカッと熱くなって、
ドッカン!ドカン!汗をかくわけです。
そしてその反動で今度は冷える。

日常的に脈拍が早くなったのであります。
だもんですからそれでもって身体が熱いのでありましょう。

更年期障害ねぇ。
男にもあるのでしょうか。
というか私は「おばさん化」していたのでありましょうか。
まぁ構いませんが、

「これは甲状腺の異常ですねぇ」と、
お医者は言っておりました。
再検査をするそうですよ。

でまぁ、なんであろうとね、
ちょっと動くと私はハァハァ言うわけでありますよ。

でも奥さん、
そのお陰で女房がいろんなことを大目に見てくれましてね、
優しくしてくれますので、これはありがたい話であります。

先の出張の時も電車の中で藤やんが、
空いた席に座んなさいよ言ってくれまして、
驚きつつも「長生きはするものだわいのぉ」と、
ありがたく座らせてもらいましたしねぇ。

まぁ、弱ると世間が寛容になってくれますので、
私といたしましては予想外のありがたさ。

さて、只今「日記本3」を鋭意制作中であります。

今回の「日記本3」は2004年のお話で、
ミュージックステーションに大泉さんが生出演して歌う!
という物騒な情報が入りHTB制作部ディレクター全員が恐慌状態に陥るところから年が明けます。

あの年は新潟の大水害があり、新潟中越地震もありました。
被災地からの掲示板への生の声が寄せられたりもしました。

「私のどうでしょうDVDが全部流されてしまいました」
そんな書き込みを読み、他人事では済ませられない生々しい気持ちになったことを覚えています。

そして暮れには、ミスターが映画留学で韓国へ旅立ちました。

そんな2004年を綴る「日記本3」。
来る3月1日より予約開始です。

いやぁ、早く回復したいわぁ。

ではまた来週お目にかかりましょう。
それでは奥さん、本日のところは解散であります。

あ!そうそう。
鯨さんの携帯着せ替えが好評です。
どこかほっとする、鯨森惣七の着せ替えの絵柄。
どうぞ試してみてください。

それではみなさま、
弱った嬉野さんに、来週も寛容でありましょう!







(14:22 嬉野)
2月17日水曜日。藤村でございます。

本日から「HTBきせかえ500」のコーナーに、「アーティスト応援企画」の鯨森惣七さんの携帯きせかえツールが登場いたしました。

還暦のじじいが1年がかりで描き上げた絵本の世界を、もしよろしければあなたの携帯に。ダウンロード525円でじじいの絵を買ってくださればと。

さて。

もうずいぶん経っちゃったんだけど、去年のクリスマスのことを書こう。


クリスマスイブの夜、子供たちが寝静まったころにサンタクロースがやってきてプレゼントを置いていく。


さすがに高校生と中学生になった長女と次女は、そんなことを信じているわけではないが、でも、いつの年から信じなくなったのか、それはよくわからない。まぁたぶん小学校の高学年ぐらいだったろうとは思うけれど、そのことについては何も言わず、相変わらずクリスマスイブの夜を楽しみに待っている。

一番下の坊主は今、小学5年生。こいつは低学年ですでに、

「サンタはお父さんなんでしょ」

と、禁断の言葉を吐き捨てて、家族全員からヤキを入れられたことがある。それがあってか、以来その言葉は口にしなくなり、おととし、4年生となって迎えたクリスマスの朝には、プレゼントのバスケットシューズに書かれた「中国製」の文字に驚愕し、「サンタどうしたぁーッ!」「なんで中国なんだぁーッ!」と、心の底から雄叫びを上げた。

サンタといえばヨーロッパあたりから来るもんだろう、なんで中国なんだと、彼は当惑し、思いがけず声を荒げてしまったのだ。

その声を寝床で聞きながら、「よしよし」と、「まだ信じてたんだな」と、少し安心したものである。

で、去年の暮れ。5年生となって迎えたクリスマスのこと。

早朝、バタバタと居間に降りていく坊主の足音で目が覚めた。

しばらくすると、「あるよ!あるよ!早く早く!」と、お姉ちゃんたちを起こす坊主のうわずった声が聞こえてきた。その声につられてお姉ちゃんたちも居間に集まってくる。

「ふふふ、よしよし」と、「子供らしいじゃないか」と、3人の声を聞きながらもう一度眠りについた。

目が覚めると子供たちはもう学校に行っていなかった。

居間には、包みを開けたプレゼントが3つ並んでいた。

マフラーや手袋、帽子、カラフルなお菓子・・・。

しかしカミさんはなぜか、少し仏頂面だった。

聞けばあのクソ坊主は、ひとしきりうれしそうな顔でプレゼントを眺めまわし、「いいねぇいいねぇ」と満足そうな顔を見せたあと、そっとカミさんのそばに寄って来て、

「あのさぁ」

と、声をひそめて言ったそうだ。


「あのさぁ、値札は取っとかないと」


クリスマスイブの夜、子供たちが寝静まったころにサンタクロースがやってきてプレゼントを置いていく。

そんな魔法のような、信じられない話を親は子供にする。

「サンタさんはエントツから入ってくるんでしょ?」
「そうだよ」
「サンタさんは大きいんでしょ?」
「大きいよ」
「このエントツの穴に入れるの?」
「入れるよ」
「あ!魔法で小さくなるんだ」
「そうだよ」

でもいつか子供は、それが真実ではないことを知る。

知るけれども、それは言わない。

そんな魔法のような、他の人に言ったらバカにされるような話をする家族という囲みの中で、囲まれている安心感を、いつまでも持ち続けていたい、と願うからだと思う。


子供がいつまでサンタクロースを信じるかは、その子供がどれだけ愛されているかによる。


3人の子供たちがまだ小さかったころに、この日記にそんな言葉を書いた。

でも、たぶん3人の子供たちは去年、サンタクロースを卒業した。

一番上の姉ちゃんは今年、高校3年生。大学受験を迎える。

来年の春にはたぶん、この家からいなくなるだろう。

今年が、だから、5人で迎える最後のクリスマスになる。


今年のクリスマスイブも、これまでと変わらずサンタクロースをしてやろうと思う。


これが2009年のクリスマスの出来事。

よし、また明日。






(18:09 藤村)
2月15日月曜日。藤村でございます。

嬉野先生がすでに日記を上げていたようだけど、まぁいいや、もう書き始めちゃった。

そしてこれは「アーティスト応援企画」のブログに書いた方がいいのかもしれないけど、まぁいいや、もう書いちゃった。

絵を描いている人やら、皿を焼いている人やら、そういう具体的にモノ作りをしている人たちに、テレビ局に勤めている我々ならば何かできるんじゃないだろうか、という気持ちで始めた「アーティスト応援企画」。

最初に応援しようと決めたのは鯨森惣七さん。

彼が絵本を描く。それを我々が応援する。

そして、まもなくその絵本が完成する。

それを前に先日、くじらさんが今の心境を文章にして我々に配った。

その文章を少し抜粋してみる。


「物を創りだす」

「やるからにはイイモノを、内容のあるものを、意気を感じてもらえるものを」 

「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」

「一番はじめの企画としてセイコウさせたい」

「そうすることで企画立案者が、その関係者が、次があることを知るであろう、すくわれるであろう」

「そんな思いではじめたら集中するしかない」

「カラダをはって、あるだけのパワーを使う」「60才のしみこんできたものを表現する」

「だから、他の仕事は手につかないし、できない」「この1年間、他をふりむくことなく、全力をつくしていた、貯金をくずしてやってきた」

「なにか新しいものを作りだすって、なにかをギセイにしないと作れないもの、手はぬけない」

「手にした者に、意気を伝えるものにする」

「物を創るって、そんなもん」


これを読み、くじらさんはこの1年、我々の思いが及ばぬほどの全力で、この企画にのめり込んでいたのだ、ということに、ドキッとした。

その全力ぶりに対し、我々の言う「応援」という言葉の、なんと陳腐なことか、とも思った。

我々のしていることと言ったら、応援企画のサイトを立ち上げ、ブログを書く、ということ。

それを読んでくれる人のほとんどは、この「どうでしょう」の入口から入って来てくれた人たちだろう。

間口が狭い。

せっかく1年がかりで作った絵本の流通にしたって、一斉に全国の書店に並ぶわけではない。今のところは、予約を取っての受注生産と、いくつかの書店の店頭に並べてもらう、ということだけだ。

間口が狭い。

それじゃぁ、「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」というくじらさんの願いは叶えられない。

これじゃぁいけない。

もっとうまいPRの方法はないのか、もっと広く流通させる手立てはないのか、もっと、もっと・・・。

間口を広げることへの要望、願望は尽きない。

でも、やらなければ・・・。

一方。

それとはまったく違うところで嬉野先生は、思い悩んでいた。

「どうやったら、くじらさんの描く絵の魅力をわかってもらえるか」

それをずっと考えていた。

間口が広いとか狭いとか、それはまぁともかく、今こうしてこの企画に関心を寄せてくれている人たちに対し、「鯨森惣七の絵の魅力そのものをどう伝えたらいいのか」、ということにのみ、頭を悩ませていた。

「それにはまず絵を見てもらうことだ」と、くじらさんの絵を飾っている店に行き、写真を撮り、自分なり言葉でその魅力を文章に起こした。

嬉野先生は、流通とかなんとか、そういう自分の力の及ばないことには見事なほどに口を出さない、手出しをしない。

出来ないことは出来ない、わからないことはわからない、と、堂々と言ってしまう。

だから誤解されることも多い。

「そういうこともさぁーちゃんとやろうよー」と。

でも、出来ないことを「ちゃんとやろうよー」というノリだけでやらされるのは非常に困る。だって、結果が目に見えているから。

それよりも、自分の考えが及ぶこと、出来ることであれば、体を壊すまで思い悩み、作戦を練り、行動に移すことはできる。

だからまぁ、嬉野先生は、「間口を広げること」とは別次元で、自分の出来ることをやっている。

でも、考えてみれば、くじらさんの「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」という願いは、単に「間口を広げる」という物量的なことだけではなく、すでに「ここにいる人たちの中で」、その中で「一人でも多く」という考え方もできる。

嬉野先生のやっている努力は、そういう意味で、くじらさんの「一人でも多く」という願いには、ちゃんと応えているのだと思う。

まぁ本来ならば、流通やPRといった物量的に間口を広げる努力と、その作品の魅力を伝える質的な努力と、両方バランス良くできればいいんだろうけど、現状は、というかたぶんこれからも、我々は作品の魅力そのものを伝える努力の方に重きを置くだろう。だって、そもそも両方できるような規模の組織じゃない。どっちが出来るかをちゃんと見極めないと戦(いくさ)には勝てない。

しかしまぁ、そんな中でもやれることはやっていこう。

まずはあさって17日昼ごろから、「鯨森惣七のきせかえツール」の配信を始めます。

携帯という「額縁」の中に、様々な「鯨森惣七の絵を飾ってみる」というイメージで、彼の絵を買ってみてはいかがでしょうか。525円です。

「どうでしょう」をすでにダウンロードしてる人も、「きせかえ」なんだから、たまに「きせかえ」してもいいんじゃないでしょうか。

そして、パソコン版の応援企画サイトでは、壁紙のダウンロードサービスを始めました。

まずは手っ取り早く、鯨森惣七の絵をパソコンという額縁に飾ってみる、ということですね。まだ一枚ですが、私が「ぜひ壁紙にしてくれ」と頼んだ絵も、そのうちリストに加わると思います。

壁紙なんかは飽きたら、すぐ取り替えてもらってかまいません。

こちらは無料です。

ということで、90ページを超える鯨森惣七の絵本が発売されるまで、とりあえず、彼の絵を手元に置いてみてください。

あの絵、いいんじゃないかと、思いますよ。

嬉野先生が応援企画のブログにこんなことを書いてましたね。


くじらさんが描く絵のキャラクターはどうも目つきが悪い。

だから、放っておいても勝手に生きていくみたいな強さがある。

そこが安心する。


さすがな評論ですね。いい見方です。


【嬉野先生の本日の日記】

2010年2月15日(月)

奥さんどうも、嬉野です。

どうもね、体調が不良ですよ。

元気じゃないわけじゃないんですが、
元気なわけじゃないんです。

よくわからんですが、疲れやすいのです。
動くと、はぁはぁ言っちゃうわけで。

しかしながら、こうして日記を書くくらいの元気はある。
とはいうものの、濃い話は書けないわけで。
考えるのが途中で面倒くさくなっちゃう。
根気というものが行方不明になったわけで。

ですからまぁ、
食っちゃ寝、食っちゃ寝、する分にはね、
まぁさして影響は無い。

さぁということでね、
本日も日本全国でなんとか生きているみなさんに、
きっと好い事ありますように。

私も早いとこ元気になりますように。

ということでね、
本日はこれまで。

解散。



(18:17 藤村)
2010年2月15日(月)

奥さんどうも、嬉野です。

どうもね、体調が不良ですよ。

元気じゃないわけじゃないんですが、
元気なわけじゃないんです。

よくわからんですが、疲れやすいのです。
動くと、はぁはぁ言っちゃうわけで。

しかしながら、こうして日記を書くくらいの元気はある。
とはいうものの、濃い話は書けないわけで。
考えるのが途中で面倒くさくなっちゃう。
根気というものが行方不明になったわけで。

ですからまぁ、
食っちゃ寝、食っちゃ寝、する分にはね、
まぁさして影響は無い。

さぁということでね、
本日も日本全国でなんとか生きているみなさんに、
きっと好い事ありますように。

私も早いとこ元気になりますように。

ということでね、
本日はこれまで。

解散。





【お知らせ】
今から11年前、DVD第13弾で登場の東北ツアーにご参加いただいたみなさま!皆様のお顔にはいっさいぼかしなどの処理はいれておりませんのでご承知おきくださいね!
映ってた人の顔は、全員バッキンバッキで見れますからねぇー!



(14:39 嬉野)
2月5日(金)。藤村でございます。

つい忘れておりましたが、前回のDVD第12弾「北極圏突入アラスカ他」の「シークレット映像の出し方」をウラにアップしておきました。遅くなってすいません。

もうひとつ。

台湾にお住まいの皆様!いよいよやってまいりました!

アメリカ合衆国ロサンゼルスに続き、どうでしょうさん海外進出でございます。

台湾の日本語ケーブルチャンネル「ゴールドサン國興衛視」で、毎週日曜日夜8時〜9時の1時間、毎週2本ずつ「どうでしょうクラシック」放送であります。

番組の中国語タイトルは、「玩轉世界瘋很大」。直訳すると、"世界を舞台に徹底的にハチャメチャに遊び転げる"という意味だそうです。

ハチャメチャに遊び転げる・・・このタイトルから想像するに、年のころなら22、3という男女4人ぐらいのアイドル系のタレントさんがですね、世界各地でバンジーとか、スカイダイビングとか、そういったものをワーキャー言いながらチャレンジしていって、「今回の旅もチョー楽しかったですっ!」かなんか言いながらまた来週みたいな、そんな番組を想像してしまいますよね。

でもね、台湾の方、違うんですよ。

ぐだぐだのローカルタレントとテレビ局員のおっさん4人組がですね、世界各地でレンタカーとか、バスとか電車とかに揺られて、宿の一室で一杯ひっかけた赤ら顔でぐだぐだにくだをまいて、しまいには「二度と来るかこんなとこ!」と、悪態だけを吐き捨てて帰るような、そんな番組なんですよ。

決してね、「ハチャメチャに」「遊び転げる」なんていう清々しいハツラツとしたシーンは、終生見ることはできないんですよ。

でもね、台湾の方、これが日本では結構な人気なんです。

特に悪態ばかりをつくタレントのニョーイズミニョーなんてのは、映画やドラマに出てけっこうなスターダムにのしあがっているんです。

不思議な国ですねぇ日本は。

でもね、台湾の方。旅っていうのは、きれいな景色や名所旧跡、珍しいもの見たり、美味しいもの食べたり、そういうことだけではないと思うんです。

思い出に残るのは、そういうものばかりではない。

むしろ、一緒に旅に出た人とケンカをしたり、バカ話で盛り上がったり、そういう些細なことが意外と思い出として終生残るもんなんです。

何を見ようと、どこへ行こうと、いや、どこへも行かなくても、そういう些細なことが人の人生に終生残る。

つまり、そういう些細なことが案外、人生を豊かにしていくもんなんです。

旅に出て、「チョー楽しかった」「チョーおいしかった」だけでは、決して人生を豊かに彩りはしない。その人の人生に何かを残してはくれない。

些細なことをどれだけ拾い集められるか、が実は大事なことなんです。

「水曜どうでしょう(玩轉世界瘋很大)」という番組はですね、そこらへんのところを深く追求した、まことにもって知的な、思慮深い番組なんですよ。どうかお子様にも安心して見せてあげていただきたいと、そう思うわけであります。

ただその、あまりにも熱心に見すぎると、なぜか出演者たちの独特の口語口調がうつってしまうという、妙な現象がままあるようです。

この番組の出演者たちは、日本人の一般的な発音言語形態とは若干異なる、ということをご理解の上、ご覧いただければと思います。

では、台湾の皆様!今後とも末永いお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

藤村でした。ではまた。再見!


【お知らせ】
今から11年前、DVD第13弾で登場の東北ツアーにご参加いただいたみなさま!皆様のお顔にはいっさいぼかしなどの処理はいれておりませんのでご承知おきくださいね!
映ってた人の顔は、全員バッキンバッキで見れますからねぇー!



(17:09 藤村)

2017年1月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12