1月20日火曜日。

001-藤村

1月20日火曜日。

やぁどうも!藤村です。

ちょっとフランクにご挨拶してみましたよ。

皆さんご機嫌いかがでございましょうか。

私はDVD第11弾の編集に終わりが見えてまいりまして、ようやくひと段落ついたところでございます。

「桜前線」「十勝二十番勝負」「サイコロ5」。

今から11年前の98年春から初夏にかけて作られた作品であります。

この年の夏にはアラスカへ行きシェフ大泉が登場、冬には短編の名作と呼ばれる「車内でクリスマスパーティー」が作られるなど、番組が勢いよく加速していく、まさにそんな時期。

番組に力がみなぎっている、もう走りたくてしょうがない、走らせろ、それが98年だったような気がいたします。

時は流れて2008年の年末。

DVDの前枠撮影のために久々に顔を合わせたどうでしょう班。

大泉洋35歳。鈴井貴之46歳。

前回の「ヨーロッパ20カ国」からも、すでに2年あまりが経過。

どうでしょうさん的には、ずいぶん前に走るのをやめ、まぁゆっくり歩こうやと言うのも束の間、今や縁側に座り込んで毎日茶をすすっているような状態。

そんなどうでしょうさんが、「よいしょ」と、久々に腰を上げたかのような今回のDVD用の前枠撮影。

本編の方は98年、力みなぎるどうでしょう班。

かたやオープニングの前枠に登場するのは、2008年の年の瀬
に「んどくせぇなぁ」と多少は腹に持ちつつ集まってきたどうでしょう班。

しかし、です。

しかし、歳をくって毎日茶をすすっている2008年のどうでしょう班の方がおもしろい。

前枠も後枠も、その場に板付きで中身のある話なんか一個もしてないのに、なんだかおもしろい。ずっと聞いていられる。

「歳を重ねる」というのは、これは絶対的な力なんだなぁとつくづく思ったのであります。

2008年は、皆様にテレビでお会いすることはできませんでしたが、このDVDでは、オープニングから「今の大鈴」がしっかりと皆様の前に登場し、ダラダラとしゃべっております。

これは「テレビではできない」「DVDというメディアだからこそできるおもしろさ」だと、私は実感したのであります。

DVD第11弾はこの前枠後枠も楽しみにしていて下さい。

ささ、では編集もラストスパート。

がんばってまいりましょう。

(15:02 藤村)