Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxeritas/style.css

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxech/style.css

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxech/style.css

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxeritas/style.css

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxech/luxech.js

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxeritas/js/jquery.timestamp.check.js

Could not touch the file.

/var/www/nobodyplace/sites/wordpress/wp-content/themes/luxeritas/js/jquery-migrate.timestamp.check.js

午後9時15分。藤村でございます。 | 水曜どうでしょうD陣日記アーカイブ

午後9時15分。藤村でございます。

藤村

午後9時15分。藤村でございます。

先ほどナックスさんがHTBに集合し、これから始まる生放送の打ち合わせが行われました。

いろんな部分で彼らは番組内容を知らされないんですね、今回。

ほとんど台本が黒く塗りつぶされておりました。

まぁそれはそれとして、私打ち合わせを聞きながらふと思いましたよ。

「40周年記念!夢みる広場に大集合!」って、華やかなタイトルで、「8月30日土曜日は札幌ドームから生中継!みんな集まれー!」って言ってますけど、

朝なんですよね。

朝9時半に番組始まって、まずはナックスさんが華々しくステージに登場しますよ。キャノン砲かなんかバーン!っていくらしいですよ。ナックスさんが手を大きく振ってね、「アリーナー!」なんつうと「キャー!」「洋ちゃーん!」ってね、言うみたいなね、感じで番組がスタートするイメージですよ

でも、朝ですよね。

朝っぱらから、もう、やるわけですよね、ゲームとか、あの5人が。

札幌ドームで。

いやー、そんなに人来ないでしょう。

ドームに客がパラパラいて、「40」って書いたTシャツ姿の社員ばかりが拍手して、そんな中でクイズだの、対決だのをもう、あの5人がシャカリキになってやるようなね、

シュールな番組になると思いますよ。

これはもう午前中は、テレビで見てた方がいいね。

むしろドームに集まらなくていい。

彼らの声ばかりが大きくドームに響き渡るシュールな番組を見たいですよ。

いやー・・・

なんにしたって、朝からバラエティーはきついって。

しかもあの5人ほとんど徹夜だし。

うははははは!

8月29日金曜日。本日も藤村でございます。

さて北海道内の皆様方!

いよいよ本日夜11時15分より、弊社40周年記念番組「全部たしたら10時間!夢みる広場大集合」がスタートいたします。

今夜の放送はHTB社内、特に我々のいる制作部から生中継で、HTB40年の番組作りを振り返ってまいります。

ナックスのみなさんをメインパーソナリティーに、ゲストにはミスターさんをお招きし、HTBの大反省会と題して、伝説の過激番組「派手〜ずナイト」「モザイクな夜」、そしてもちろん「どうでしょう」などのVTRを大放出。

深夜1時20分までの放送。

その後、なんというか、みどころは午前4時すぎからの「画面」でしょうかね。

放送終了後、普段は札幌の街の様子に天気かなんかの文字放送が入るわけですが、今夜は違います。

ずーっと「やつ」が映るそうですよ。1時間半。

詳しくは今夜の放送で。

そして、明日は札幌ドームでの公開生放送とイベント。

先ほどドームに行ってきましたが、なかなか華やかで楽しそうであります。

100円でできる縁日コーナーがズラリと並び、グッズの販売コーナーも。

一番大きな「水曜どうでしょうミュージアム」をはじめ、小さいながらも「歓喜の歌」ブースも開設。衣装や小道具の展示、モニターではドラマの一部を見ることができます。

ほかにも、「素晴らしい世界」のスタジオセット、「ハナタレ」のセット、「おにぎり」のロケ車などが展示。

特に必見は「ハナタレ」のスタジオセット、通称「ハナタレ部屋」。

この装飾は、JALの機内誌などもてがけた札幌のイラストレーター鯨森さんの手作り。

ヘタウマ…っていうか、ヘタヘタなイラストが実にいい味で、セットを見るというより、彼の作品を見るという感じで楽しんでいただきたい。

この鯨森というおっさん、描くイラストも味があるが、人物も味がある。

こういうおもしろいクリエイターの人間と、なにか作り出すことができれば、テレビはまた少しは面白くなると思います。

今夜から明日の夕方まで、HTBの技術陣、制作陣を中心に、ほぼ徹夜の状態で生放送が続きます。

まぁ、自分らの会社の40周年ですからね、こういうことがあってもいい。

まもなく午後7時。普段と違って、まだまだ社内は慌しいです。

では、皆様。

明日、札幌ドームでお会いしましょう。

【お知らせ】
10月に東京で「JAPAN国際コンテンツフェスティバル(略称コ・フェスタ)」というのが開かれます。
東京国際映画祭や、アニメフェア、ゲームショウなど、これまで別々に開かれていたものをひとつにまとめたものであります。
その中のオリジナルイベントに「劇的3時間SHOW」というのがありまして、それに私が出ることになりました。
「10人のコンテンツプロフェッショナルが語る3時間」ということで、10月6日からの10日間、日替わりで様々な人が登場し、それぞれの分野のプロフェッショナルな話を、たっぷり3時間しゃべりたおすというイベントであります。
松任谷正隆さん、リリー・フランキーさん、映画監督・堤幸彦さんなど豪華な方々が、それぞれにゲストを呼んで、3時間語り合う。
私の担当は10月12日(日)。
ゲストには、「奥さん元気?」の優しい語りかけで人気の嬉野雅道氏をお迎えして、大いに語り合うという地味なものであります。
場所は、東京表参道!スパイラルホール
入場は無料ですが、事前受付が必要。
受付開始は9月1日の12時からとのこと。
詳しくは「JAPAN国際コンテンツフェスティバル・劇的3時間SHOW」のサイトをご覧ください。

(21:48
藤村)