001-藤村

4月4日金曜日。藤村でございます。
先週末から、東京、姫路、札幌と場所を変えて、DVD第21弾の副音声収録を行ってまいりました。
今回は、鈴井、大泉両名に加え、「わかさぎ釣り2」でどうでしょう初登場を果たしたチームナックス音尾さんが副音声ゲストとして参戦。
昨年の「どうでしょう祭」の映像もたっぷりと収録されておりますところの今回のDVD。
新作「アフリカ」のロングラン放送で制作が遅れておりましたが、これでようやく完成!
予約は4月1日よりすでにスタート。発売は6月18日であります。
さて、DVDの編集をようやく終えたところのわたくし藤村でありますが、今年はちょっとお芝居をやってみようかと思っておりまして。
お芝居をやる、と申しましても、本職の演出とかではなくて、出る方です。つまりまぁ、役者です。
水曜どうでしょうを始めたころ、大泉さんはお芝居に熱中しておりまして、こちらのロケの日程と重なることもしばしばで、そのたびに「おまえどうでしょうと芝居どっちが優先なの?(もちろんどうでしょうだろ?)」というような言葉をわたくし、無遠慮に投げかけておりました。大泉さんはそのたびに困ったような顔をしておりました。
あれから20年近くが経ち、わたくしも今年は40代最後の年となりました。
このような年ではありますが、いや、このような中高年であるからこそ、気負わずに、会社終わりのサークル活動的に、新たに芝居役者というものをやってみようかと。
正直申しますれば「案外できんじゃね?」という気持ちが充満しておりまして、やけに楽しみな気持ちなのでございます。
今回、わたくしが出るお芝居は、まさに大泉さんはじめナックスの面々が所属していた札幌の劇団「イナダ組」の本公演。
今や各方面で華々しいご活躍をされている諸先輩方の20年後輩としてわたくし、イチから!芝居を学ばせていただきます!
とはいえ、「当時のあいつらよりはうまいんじゃね?」という気持ちも隠し切れず、まもなく始まる稽古が楽しみなのでございます。
まだ台本もあがっておらず、内容もわかりませんが、タイトルと公演日程は決まったようです。
劇団イナダ組新作公演「わりと激しくゆっくりと」
公演初日はDVD発売日と同じ6月18日!
場所は札幌琴似にある小さな芝居小屋「コンカリーニョ」
なんと地方公演もございまして、場所は道東の大空町「大空町教育文化会館」。
チケット発売は今月中旬予定。詳しくは「イナダ組」ホームページで。
どんな役をやるのかはわかりませんが、作演出のイナダさんには
「まぁ主役とは言いませんけど、それに近い役をよこせ」
と半ば脅迫気味に言っております。
【DVD第21弾現在予約受付中!】
DVD第21弾「リヤカーで喜界島一周・釣りバカ対決わかさぎ釣り2」が4月1日より予約開始!
「原付西日本」から半年間の休止期間に入ったどうでしょう班が、2001年1月、21世紀の幕開けと共に完全復活!
「いい宿泊めろバカ野郎」「ツインルームの4人使用」「常に初陣」「僕らは毛布だ」等々、珠玉の名言が怒涛のごとく繰り出される幻の名作「リヤカーで喜界島一周」と、noちゃんこと音尾さんが初めて登場!「わかさぎ釣り2」の2本立て。
そして!特
典映像には、2013年に8年ぶりに開催された「水曜どうでしょう祭」の映像をたっぷり収録!
DVD第21弾は6月18日発売&受け渡し!
【6月18日DVD第21弾発売&受け渡しと同時に全国のローソン店頭でどうでしょう一番くじ開始!】
A賞からはじまりH賞までの8タイプの商品のいずれかが当たる。
また、最後に残ったくじを引くとラストワン賞がもらえる。
各賞の内容は
★A賞対決列島ボードゲーム(仮称)すべてオリジナルなサイコロを使ってゴールを目指すゲーム!
★B賞クッション:赤・黒の2種 ロゴが大きくプリントされたもの
★C賞どうでしょうタオル:一生どうでしょうします!や大鈴のデザインが施されたビッグタオル
★D賞onちゃんぬいぐるみパスケース
★E賞カードケース:最新作の作務衣をイメージデザイン○水と○どの2種
★F賞デザイングラス:番組の各タイトルにちなんだ楽しいデザイン全4種
★G賞クリアファイルセット:番組ゆかりの楽しいデザイン。2種
★H賞ラバーストラップ:番組ゆかりの名セリフや楽しいデザインの全5種
★また、くじを引いた方すべてにチャンスありのダブルチャンスキャンペーンも開催
なんとA賞の別注バージョンが当たる!
<詳しくはこちら>
PC:http://1kuji.bpnavi.jp/suidou2
モバイル:http://bpnavi.jp/t/suidou2
(16:15 藤村)

001-藤村

3月26日水曜日!藤村でございます。
先週は横浜(「ミエルヒ」上映会)、盛岡(震災フォーラム)、大阪(「たまたま」収録)と移動を続けましたが、今週末30日の日曜日も、大阪におじゃまいたします。
大阪駅(梅田)の横にデン!とそびえるグランフロント大阪で行われる「こたつ会議」というイベントに参加いたします。
以下、詳細
こどもからおとなまで、OMOSIROI(オモシロイ)を体感する!
「こたつ会議 3回目」
開催日時:2014年3月30日(日)12:00~18:00 ※予定 │
開催場所:ナレッジプラザ (うめきたグランフロント大阪北館ナレッジキャピタル1階) 
入場無料
詳細HP→ http://kc-i.jp/kotatsu/
事前申し込みなど一切必要なしです。ふらっと来ていただいて結構です。グランフロント大阪北館の1階の吹き抜けのスペースに作られた「こたつ」に、昼12時から夕方6時ぐらいまで、ずーっと私おります。そこで来ていただいた方たちともいろいろお話しをしながら、「おもしろい」について考えるというイベントです。飲みながらでもオッケーらしいです。
関西方面のみなさん、買い物ついでにぜひ顔を出してください。待ってますよぅ!
【以下、過去日記】
3月18日火曜日。藤村でございます。
日曜日は宮城・女川にて、ミスターさんとともに我らどうでしょう反体制派の3人で「復幸祭」に出場してまいりました。
当日、来られなかった体制派大泉洋さんからも珠玉のVTRコメントが寄せられまして、たいそう盛り上がりました。
で、私と嬉野先生は、今週末22日も東北にまいります。
場所は岩手盛岡。
「藤やん&うれしーの盛岡で岩手のこれからを話そう」と題して、女川や陸前高田、大船渡を訪れて感じたことをいろいろお話しをする会でございます。しゃべることがいっぱいあります。しゃべらなければいけないこともいっぱいあります。どうぞお越しください。
日時:3月22日(土) 開場15時30分 開演16時 (18時終了予定)
会場:盛岡劇場メインホール
入場無料
詳しくは「SAVE IWATE(セーブ岩手)」さんのページにて。
翌日23日は大阪城豊國神社にて!よみうりテレビ西田二郎と「たまたま」の公開収録を行います。参加自由!当日は境内で謎のヒーローショーの芝居もあり!時間は14時半!関西のみなさま集合!
おれ、朝はまだ盛岡にいるんで、どう考えてもギリギリの到着です。
さて!お待たせしておりましたDVD「喜界島/わかさぎ2」の発売が決定いたしました!
発売&受け渡しは6月18日!
予約開始は4月1日から!でございます。
詳しくはグッズページにて。
では、また。
【以下、嬉野先生の激しい宣伝】
全国の奥さんのみなさん、こんにちは。本日は、みなさま方のご機嫌をうかがうべしとて、これなる嬉野、老骨にムチを打ちまして、七重の膝を八重に折り、これこのように平身低頭、ご無沙汰続きの皆様方へ、ご挨拶にまかりこしておりますれば、なにとぞ、よろしくおつきあいのほど願い上げ奉ります。
さて、振り返りますレバ本年度。手前ども水曜どうでしょうは3年ぶりの新作アフリカを無事放送いたしまして、それに伴い、涙なくしては語れない激務の編集作業が夜を日に継ぐがごときスケジュールの中で、実に長きに渡り進められてまいりましたる都合上 (はい。すでに言い訳がはじまっております) 普段の年でありましたなら、今月の末あたりには発売開始となっておりますはずのどうでしょうDVDも、いまだ出る気配がない。
「おや?どーしました?」「通年よりスケジュール的に押してんじゃありませんか?」と、大いに首をおひねりになられております向きも、おありになるやも知れませんが、仕方がないのは皆さんも承知。「だって今年度は新作アフリカの編集をしておりましたもん!」という状況でございますれば、その辺り「あら、そうだったわね」と再度この場でご確認をいただき、よろしくご納得を賜わりました上で、皆様方には心安らかにお待ちいただきますようにと改めて願い上げる次第でございます。
では今回、
「いったい、どうでしょうDVDの発売日 は何月頃になるのでしょうか?」というご質問には、
「はいはい、6月某日でございます」とお答えをするのでございます。
「そうしますと、今回の年貢取り立てはいつ頃からになるのですか?」というご質問には、
「はいはい。4月早々には御触れが出て、厳しい取立てが順次はじまる構えでございますれば、ご用心ご用心」と、これもお答えするのでございます。
かくして、滞りなく重き年貢納入お済みになられましたる皆様方には、そこから2カ月程、香を炊きしめ、身を浄め、世間に善根を積み、一日一善、夜には人知れずお百度を踏みなどしていただきながら、国を憂い、人を憂いなどしてお待ちいただき、しかる後に、晴れて、6月某日なる日をお迎えいただきまして、全国のローソンさん店頭に続々お越しいただき、年貢納入済まされましたどうでしょうDVDを順次お受け取りいただくという、この美しい日本で古来より執り行われてまいりましたる恒例の儀式が今年も各地各所のローソンさん店頭で繰り返される運びとなっております次第でございます。
んが、しかし!今回!
来る6月某日水曜日よりのローソンさん店頭には!これまでとは違う若干の趣向がしてあるのでございます!
それは何かと尋ぬれば、
なんと!あの高名なる!バンプレストさんの「一番くじ」に!水曜どうでしょうバージョンが魅力的に立ち現れまして!「支払いも済んだし」と油断した精神状態で呑気にローソンさんへDVDを受け取りにみえられました奥様方の懐を目掛けて一発必中の狙い撃ちにするという、実に恐るべき罠が仕掛けられるとのことでございます。
これは剣呑!かなり剣呑!
皆様方にはくれぐれもご注意願いたいぞ!とこの嬉野、この頃は夜も眠れぬほどに案ずる日々でございます。げに1番くじの恐ろしや、恐ろしや。
(※一部店舗では取扱が無い店舗さんもありますのでご注意を!)
と言うわけでね、えぇ、なんでこのようにどこまでも話が長くなってしまうのだろうと、自分でも思うのでありますが、ご挨拶をと思いますと、ついついこのように言葉遣いがおかしくなってまいりまして、業務連絡と言えども長くなってしまうという、変わらぬわたくしのサガでございます。
さて、このバンプレストさんの一番くじ!1回600円(税込)也で!
詳しいところはずっと下に細々と書かれておりますから、別途それをお読みいただければと思いますが、かいつまんで申しますに、この1番くじの当たりくじの景品というものが奥さん、なんだかどうにもね、こちらの魂をくすぐってくるのでございますよ。
例えば、具体的に申しますと、どうでしょうさんゆかりのものをモチーフにしてデザインいたしましたガラスのコップなんてね。これなんてぇものはね奥さん、実に好い感じの出来なんだよ。
なんて言ったら分かってもらえるだろうか。ちょいと目を引くアレンジなんだけど、どこか安い感じのするような、きわきわを巧みについてくるデザインの塩梅とコップの質感でね、どうにも物欲をくすぐってくる。だって売ってないもん、あんなコップ、どこにも、と思わせる。いやあ、お部屋にあって、あれで夏はアイスコーヒーやらビールやらメロンソーダなんが呑んだら好い気分だろうねえと思わせるようなガラスのコップなんだよ。そういうのが、くじの賞品としてあるわけで、くじ全体のトータルデザインが実に感心するしつらえだから、あれ、一番くじは人気になったんだろうねえと、これも分かってくるというもんで。
しかも今回の一番くじの、どうでしょう版を企画したのも、実際に賞品をデザインしたのも、その実行者の誰も彼もがバンプレストさん内のどうでしょうさん好きの皆さんなわけですから、そのどうでしょうさん魂が商品デザインにも乗り移って来るだろうというものでね。それだものだから、なるほどなあ~と思えるほどに物凄い共感力でもってこちらの好みをくすぐってくるから、気になる賞品ばかりになるのだろうと、私は思ったよ奥さん。でなきゃ、ガラスのコップにあんなデザインなんかしてこないよなあ、なんて思えるほどでございますよ奥さん。
ですのでね。
どうでしょうDVDを受け取りにローソンさん店頭へお越しになる際にはね、くれぐれも気をしっかりお持ちになってもらいたいわけですよ!老婆心ながらね。
だって、うっかり帰り際にでも1番くじを見てしまおうもんなら、ついつい当たりくじの賞品に目が眩んでね、そのまま催眠術にかかったように一番くじばかり、バカみたいに引かないとも限らないからね、ここは1番注意をいたしましょうという親心というか、既に催眠術を始めているというかね。そういうことですよ奥さん。
いやもうね、とにかくここで強く言っときますよ「注意しろ」と。喚起しておきますよ奥さん「注意しろ」と。
お店に入ってもあんまり見ない方がいいよ1番くじの方は。見ると欲しくなるから、したら、くじ引いちゃうから、だから見ちゃダメよ!1一番くじは!いい?
DVD受け取ったらそのままお店を飛び出してお家に帰るのよ!
一番くじなんか引かないで帰るのよ!引いちゃだめよ!
絶対引いちゃだめよ!
とまあね、
ここまで繰り返して言っときゃ引くだろうと、いうことなんか、私は全然期待してるわけじゃないですよ、と、強く言っときますよ。
で、
奥さんここだけの話だけどね。
この一番くじの一番好い賞の賞品が凄いのよ奥さん。
なんだと思う?
ボードゲームだって言うのよ。
ねえ。今時じゃないよねえ。
ところがこれやったけど面白かったのよ。驚いちゃった。
そして聞けば、このゲームを考えた人もやっぱりどうでしょう好きのゲームクリエイターだっていうじゃない。恐ろしいねえ、どうでしょう好きの人の底力はね。
このボードゲーム、開きますと盤上には日本地図が描かれておりますのよ。そしてサイコロ、そして駒、そしてゲーム展開を面白く誘導して行くカード。このカードにいろんな指示が書かれているわけ。で、このボードゲームは、水曜どうでしょうの企画の何をモチーフにしてるかと言えば知れたこと。
そう、「対決列島」でございますよ。
日本中の土地という土地を対決をして奪い合うという、あの死闘を盤上に展開させるという試みで。これかなり白熱いたします。4人さん以上でやりますと、これ盛り上がりますね。このご時世にボードゲームを繰り出してくるという辺り、そしてあのゲームが600円で手に入ったら凄いことよこれ、思わせてくる出来ですの奥さん。
だからね、1番くじ引いちゃダメよ奥さん。言っとくよ。
引くのよ。なんてことは、なにひとつ言ってないわよ。分かっているわね。ということでね。
水曜どうでしょう版の一番くじ、やりますよ。という業務連絡でしたけど、オレが書くと長くなるね。
はい、お邪魔しましてね。
またね皆さん。
じゃあね、本日もね、
各自の持ち場で奮闘するのよ。
それではみなさま、また明日。
ご機嫌よう~♪
A賞からはじまりH賞までの8タイプの商品のいずれかが当たる。
また、最後に残ったくじを引くとラストワン賞がもらえる。
各賞の内容は
★A賞対決列島ボードゲーム(仮称)すべてオリジナルなサイコロを使ってゴールを目指すゲーム!
★B賞クッション:赤・黒の2種 ロゴが大きくプリントされたもの
★C賞どうでしょうタオル:一生どうでしょうします!や大鈴のデザインが施されたビッグタオル
★D賞onちゃんぬいぐるみパスケース
★E賞カードケース:最新作の作務衣をイメージデザイン○水と○どの2種
★F賞デザイングラス:番組の各タイトルにちなんだ楽しいデザイン全4種
★G賞クリアファイルセット:番組ゆかりの楽しいデザイン。2種
★H賞ラバーストラップ:番組ゆかりの名セリフや楽しいデザインの全5種
★また、くじを引いた方すべてにチャンスありのダブルチャンスキャンペーンも開催
なんとA賞の別注バージョンが当たる!
<詳しくはこちら>
PC:http://1kuji.bpnavi.jp/suidou2
モバイル:http://bpnavi.jp/t/suidou2
と、いうことでね奥さん。
いったいあなたは何を引き当てるでしょうか?
それはまた、明日の心だ~♪
引いちゃだめよ~♪
くどいってか…。
3月12日火曜日!
藤村でございます。
まずは大々的にお知らせ!
3月16日の日曜日、宮城・女川で開かれます「復幸祭」に今年も!
わたくし藤村と嬉野先生が出演いたしますが、
今回はなんと!ミスターどうでしょう鈴井貴之も出演決定!でございます。
どうでしょう反体制派の3名がそろって女川に上陸!
さらに樋口了一さんもいらっしゃるとのことで、
たいへん貴重な一日となりそうです。
東北周辺のみなさま、どうぞいらっしゃってください!
また、21日は横浜にて安田顕、脚本家青木豪とともに
ドラマ「ミエルヒ」の上映トーク会がございます。
こちらは応募多数で抽選となったようで、当たった方は
当日をお楽しみに。
そして23日日曜日は、わたくしと読売テレビの西田二郎が
やっております番組「たまたま」の収録が初めて、
大阪で行われます。
場所はなんと!大阪城にある豊国神社。
時間は14時半から。雨天決行。
いやむしろ雨天結構。という情報しかわたくしにはございません。詳しくは「たまたま」もしくは「西田二郎」のフェイスブック
やらツイッターやらを見ていただきたいとのことでありますが、
わたくしと同じく、なーんも知らずに神社に集まるのも
よろしかろうと思います。
また翌週30日の日曜日もわたくし、
大阪に呼ばれておりまして、
大阪駅のグランフロント大阪でナレッジキャピタル主催の
「こたつ会議」というイベントにほぼまる一日出る予定でございます。
関西方面のみなさま「週末はふじむらとともに」。
というわけでございまして、3月2日は大分竹田の名水マラソンに
三度笠の旅姿で石坂店長とともに出走してまいりました。
結果は見事に! 6時間の足切り寸前の 5時間59分54秒! ビリから2番目! やりましたぁーヒゲマラソン部。
ついに「最後尾」と書かれた車にずっと尾行されながら走るという屈辱を味わいました。
こちらの模様は、当日ものすごくたくさん集まっていただいた
熱心なみなさんによるお写真を、嬉野先生が早々に!
編集いたしまして、早々に!公開することになっておりますので、そちらをお楽しみに。
では、出張続きで若干遅れておりますDVD
「リヤカーで喜界島一周/わかさぎ2」の編集に入ります。
みなさま、各所でお会いいたしましょう!
当つ
(15:36 藤村)

001-藤村

3月18日火曜日。藤村でございます。
日曜日は宮城・女川にて、ミスターさんとともに我らどうでしょう反体制派の3人で「復幸祭」に出場してまいりました。
当日、来られなかった体制派大泉洋さんからも珠玉のVTRコメントが寄せられまして、たいそう盛り上がりました。
で、私と嬉野先生は、今週末22日も東北にまいります。
場所は岩手盛岡。
「藤やん&うれしーの盛岡で岩手のこれからを話そう」と題して、女川や陸前高田、大船渡を訪れて感じたことをいろいろお話しをする会でございます。しゃべることがいっぱいあります。しゃべらなければいけないこともいっぱいあります。どうぞお越しください。
日時:3月22日(土) 開場15時30分 開演16時 (18時終了予定)
会場:盛岡劇場メインホール
入場無料
詳しくは「SAVE IWATE(セーブ岩手)」さんのページにて。
翌日23日は大阪城豊國神社にて!よみうりテレビ西田二郎と「たまたま」の公開収録を行います。参加自由!当日は境内で謎のヒーローショーの芝居もあり!時間は14時半!関西のみなさま集合!
おれ、朝はまだ盛岡にいるんで、どう考えてもギリギリの到着です。
さて!お待たせしておりましたDVD「喜界島/わかさぎ2」の発売が決定いたしました!
発売&受け渡しは6月18日!
予約開始は4月1日から!でございます。
詳しくはグッズページにて。
では、また。
【以下、嬉野先生の激しい宣伝】
全国の奥さんのみなさん、こんにちは。本日は、みなさま方のご機嫌をうかがうべしとて、これなる嬉野、老骨にムチを打ちまして、七重の膝を八重に折り、これこのように平身低頭、ご無沙汰続きの皆様方へ、ご挨拶にまかりこしておりますれば、なにとぞ、よろしくおつきあいのほど願い上げ奉ります。
さて、振り返りますレバ本年度。手前ども水曜どうでしょうは3年ぶりの新作アフリカを無事放送いたしまして、それに伴い、涙なくしては語れない激務の編集作業が夜を日に継ぐがごときスケジュールの中で、実に長きに渡り進められてまいりましたる都合上 (はい。すでに言い訳がはじまっております) 普段の年でありましたなら、今月の末あたりには発売開始となっておりますはずのどうでしょうDVDも、いまだ出る気配がない。
「おや?どーしました?」「通年よりスケジュール的に押してんじゃありませんか?」と、大いに首をおひねりになられております向きも、おありになるやも知れませんが、仕方がないのは皆さんも承知。「だって今年度は新作アフリカの編集をしておりましたもん!」という状況でございますれば、その辺り「あら、そうだったわね」と再度この場でご確認をいただき、よろしくご納得を賜わりました上で、皆様方には心安らかにお待ちいただきますようにと改めて願い上げる次第でございます。
では今回、
「いったい、どうでしょうDVDの発売日 は何月頃になるのでしょうか?」というご質問には、
「はいはい、6月某日でございます」とお答えをするのでございます。
「そうしますと、今回の年貢取り立てはいつ頃からになるのですか?」というご質問には、
「はいはい。4月早々には御触れが出て、厳しい取立てが順次はじまる構えでございますれば、ご用心ご用心」と、これもお答えするのでございます。
かくして、滞りなく重き年貢納入お済みになられましたる皆様方には、そこから2カ月程、香を炊きしめ、身を浄め、世間に善根を積み、一日一善、夜には人知れずお百度を踏みなどしていただきながら、国を憂い、人を憂いなどしてお待ちいただき、しかる後に、晴れて、6月某日なる日をお迎えいただきまして、全国のローソンさん店頭に続々お越しいただき、年貢納入済まされましたどうでしょうDVDを順次お受け取りいただくという、この美しい日本で古来より執り行われてまいりましたる恒例の儀式が今年も各地各所のローソンさん店頭で繰り返される運びとなっております次第でございます。
んが、しかし!今回!
来る6月某日水曜日よりのローソンさん店頭には!これまでとは違う若干の趣向がしてあるのでございます!
それは何かと尋ぬれば、
なんと!あの高名なる!バンプレストさんの「一番くじ」に!水曜どうでしょうバージョンが魅力的に立ち現れまして!「支払いも済んだし」と油断した精神状態で呑気にローソンさんへDVDを受け取りにみえられました奥様方の懐を目掛けて一発必中の狙い撃ちにするという、実に恐るべき罠が仕掛けられるとのことでございます。
これは剣呑!かなり剣呑!
皆様方にはくれぐれもご注意願いたいぞ!とこの嬉野、この頃は夜も眠れぬほどに案ずる日々でございます。げに1番くじの恐ろしや、恐ろしや。
(※一部店舗では取扱が無い店舗さんもありますのでご注意を!)
と言うわけでね、えぇ、なんでこのようにどこまでも話が長くなってしまうのだろうと、自分でも思うのでありますが、ご挨拶をと思いますと、ついついこのように言葉遣いがおかしくなってまいりまして、業務連絡と言えども長くなってしまうという、変わらぬわたくしのサガでございます。
さて、このバンプレストさんの一番くじ!1回600円(税込)也で!
詳しいところはずっと下に細々と書かれておりますから、別途それをお読みいただければと思いますが、かいつまんで申しますに、この1番くじの当たりくじの景品というものが奥さん、なんだかどうにもね、こちらの魂をくすぐってくるのでございますよ。
例えば、具体的に申しますと、どうでしょうさんゆかりのものをモチーフにしてデザインいたしましたガラスのコップなんてね。これなんてぇものはね奥さん、実に好い感じの出来なんだよ。
なんて言ったら分かってもらえるだろうか。ちょいと目を引くアレンジなんだけど、どこか安い感じのするような、きわきわを巧みについてくるデザインの塩梅とコップの質感でね、どうにも物欲をくすぐってくる。だって売ってないもん、あんなコップ、どこにも、と思わせる。いやあ、お部屋にあって、あれで夏はアイスコーヒーやらビールやらメロンソーダなんが呑んだら好い気分だろうねえと思わせるようなガラスのコップなんだよ。そういうのが、くじの賞品としてあるわけで、くじ全体のトータルデザインが実に感心するしつらえだから、あれ、一番くじは人気になったんだろうねえと、これも分かってくるというもんで。
しかも今回の一番くじの、どうでしょう版を企画したのも、実際に賞品をデザインしたのも、その実行者の誰も彼もがバンプレストさん内のどうでしょうさん好きの皆さんなわけですから、そのどうでしょうさん魂が商品デザインにも乗り移って来るだろうというものでね。それだものだから、なるほどなあ〜と思えるほどに物凄い共感力でもってこちらの好みをくすぐってくるから、気になる賞品ばかりになるのだろうと、私は思ったよ奥さん。でなきゃ、ガラスのコップにあんなデザインなんかしてこないよなあ、なんて思えるほどでございますよ奥さん。
ですのでね。
どうでしょうDVDを受け取りにローソンさん店頭へお越しになる際にはね、くれぐれも気をしっかりお持ちになってもらいたいわけですよ!老婆心ながらね。
だって、うっかり帰り際にでも1番くじを見てしまおうもんなら、ついつい当たりくじの賞品に目が眩んでね、そのまま催眠術にかかったように一番くじばかり、バカみたいに引かないとも限らないからね、ここは1番注意をいたしましょうという親心というか、既に催眠術を始めているというかね。そういうことですよ奥さん。
いやもうね、とにかくここで強く言っときますよ「注意しろ」と。喚起しておきますよ奥さん「注意しろ」と。
お店に入ってもあんまり見ない方がいいよ1番くじの方は。見ると欲しくなるから、したら、くじ引いちゃうから、だから見ちゃダメよ!1一番くじは!いい?
DVD受け取ったらそのままお店を飛び出してお家に帰るのよ!
一番くじなんか引かないで帰るのよ!引いちゃだめよ!
絶対引いちゃだめよ!
とまあね、
ここまで繰り返して言っときゃ引くだろうと、いうことなんか、私は全然期待してるわけじゃないですよ、と、強く言っときますよ。
で、
奥さんここだけの話だけどね。
この一番くじの一番好い賞の賞品が凄いのよ奥さん。
なんだと思う?
ボードゲームだって言うのよ。
ねえ。今時じゃないよねえ。
ところがこれやったけど面白かったのよ。驚いちゃった。
そして聞けば、このゲームを考えた人もやっぱりどうでしょう好きのゲームクリエイターだっていうじゃない。恐ろしいねえ、どうでしょう好きの人の底力はね。
このボードゲーム、開きますと盤上には日本地図が描かれておりますのよ。そしてサイコロ、そして駒、そしてゲーム展開を面白く誘導して行くカード。このカードにいろんな指示が書かれているわけ。で、このボードゲームは、水曜どうでしょうの企画の何をモチーフにしてるかと言えば知れたこと。
そう、「対決列島」でございますよ。
日本中の土地という土地を対決をして奪い合うという、あの死闘を盤上に展開させるという試みで。これかなり白熱いたします。4人さん以上でやりますと、これ盛り上がりますね。このご時世にボードゲームを繰り出してくるという辺り、そしてあのゲームが600円で手に入ったら凄いことよこれ、思わせてくる出来ですの奥さん。
だからね、1番くじ引いちゃダメよ奥さん。言っとくよ。
引くのよ。なんてことは、なにひとつ言ってないわよ。分かっているわね。ということでね。
水曜どうでしょう版の一番くじ、やりますよ。という業務連絡でしたけど、オレが書くと長くなるね。
はい、お邪魔しましてね。
またね皆さん。
じゃあね、本日もね、
各自の持ち場で奮闘するのよ。
それではみなさま、また明日。
ご機嫌よう〜♪
A賞からはじまりH賞までの8タイプの商品のいずれかが当たる。
また、最後に残ったくじを引くとラストワン賞がもらえる。
各賞の内容は
★A賞対決列島ボードゲーム(仮称)すべてオリジナルなサイコロを使ってゴールを目指すゲーム!
★B賞クッション:赤・黒の2種 ロゴが大きくプリントされたもの
★C賞どうでしょうタオル:一生どうでしょうします!や大鈴のデザインが施されたビッグタオル
★D賞onちゃんぬいぐるみパスケース
★E賞カードケース:最新作の作務衣をイメージデザイン○水と○どの2種
★F賞デザイングラス:番組の各タイトルにちなんだ楽しいデザイン全4種
★G賞クリアファイルセット:番組ゆかりの楽しいデザイン。2種
★H賞ラバーストラップ:番組ゆかりの名セリフや楽しいデザインの全5種
★また、くじを引いた方すべてにチャンスありのダブルチャンスキャンペーンも開催
なんとA賞の別注バージョンが当たる!
<詳しくはこちら>
PC:http://1kuji.bpnavi.jp/suidou2
モバイル:http://bpnavi.jp/t/suidou2
と、いうことでね奥さん。
いったいあなたは何を引き当てるでしょうか?
それはまた、明日の心だ〜♪
引いちゃだめよ〜♪
くどいってか…。
3月12日火曜日!
藤村でございます。
まずは大々的にお知らせ!
3月16日の日曜日、宮城・女川で開かれます「復幸祭」に今年も!
わたくし藤村と嬉野先生が出演いたしますが、
今回はなんと!ミスターどうでしょう鈴井貴之も出演決定!でございます。
どうでしょう反体制派の3名がそろって女川に上陸!
さらに樋口了一さんもいらっしゃるとのことで、
たいへん貴重な一日となりそうです。
東北周辺のみなさま、どうぞいらっしゃってください!
また、21日は横浜にて安田顕、脚本家青木豪とともに
ドラマ「ミエルヒ」の上映トーク会がございます。
こちらは応募多数で抽選となったようで、当たった方は
当日をお楽しみに。
そして23日日曜日は、わたくしと読売テレビの西田二郎が
やっております番組「たまたま」の収録が初めて、
大阪で行われます。
場所はなんと!大阪城にある豊国神社。
時間は14時半から。雨天決行。
いやむしろ雨天結構。という情報しかわたくしにはございません。詳しくは「たまたま」もしくは「西田二郎」のフェイスブック
やらツイッターやらを見ていただきたいとのことでありますが、
わたくしと同じく、なーんも知らずに神社に集まるのも
よろしかろうと思います。
また翌週30日の日曜日もわたくし、
大阪に呼ばれておりまして、
大阪駅のグランフロント大阪でナレッジキャピタル主催の
「こたつ会議」というイベントにほぼまる一日出る予定でございます。
関西方面のみなさま「週末はふじむらとともに」。
というわけでございまして、3月2日は大分竹田の名水マラソンに
三度笠の旅姿で石坂店長とともに出走してまいりました。
結果は見事に! 6時間の足切り寸前の 5時間59分54秒! ビリから2番目! やりましたぁーヒゲマラソン部。
ついに「最後尾」と書かれた車にずっと尾行されながら走るという屈辱を味わいました。
こちらの模様は、当日ものすごくたくさん集まっていただいた
熱心なみなさんによるお写真を、嬉野先生が早々に!
編集いたしまして、早々に!公開することになっておりますので、そちらをお楽しみに。
では、出張続きで若干遅れておりますDVD
「リヤカーで喜界島一周/わかさぎ2」の編集に入ります。
みなさま、各所でお会いいたしましょう!

(16:04 藤村)

001-藤村

3月12日火曜日!藤村でございます。
まずは大々的にお知らせ!
3月16日の日曜日、宮城・女川で開かれます「復幸祭」に今年も!わたくし藤村と嬉野先生が出演いたしますが、今回はなんと!ミスターどうでしょう鈴井貴之も出演決定!でございます。
どうでしょう反体制派の3名がそろって女川に上陸!
さらに樋口了一さんもいらっしゃるとのことで、たいへん貴重な一日となりそうです。
東北周辺のみなさま、どうぞいらっしゃってください!
また、21日は横浜にて安田顕、脚本家青木豪とともにドラマ「ミエルヒ」の上映トーク会がございます。こちらは応募多数で抽選となったようで、当たった方は当日をお楽しみに。
そして23日日曜日は、わたくしと読売テレビの西田二郎がやっております番組「たまたま」の収録が初めて、大阪で行われます。場所はなんと!大阪城にある豊国神社。時間は14時半から。雨天決行。いやむしろ雨天結構。という情報しかわたくしにはございません。詳しくは「たまたま」もしくは「西田二郎」のフェイスブックやらツイッターやらを見ていただきたいとのことでありますが、わたくしと同じく、なーんも知らずに神社に集まるのもよろしかろうと思います。
また翌週30日の日曜日もわたくし、大阪に呼ばれておりまして、大阪駅のグランフロント大阪でナレッジキャピタル主催の「こたつ会議」というイベントにほぼまる一日出る予定でございます。関西方面のみなさま「週末はふじむらとともに」。
というわけでございまして、3月2日は大分竹田の名水マラソンに三度笠の旅姿で石坂店長とともに出走してまいりました。
結果は見事に!
6時間の足切り寸前の
5時間59分54秒!
ビリから2番目!
やりましたぁーヒゲマラソン部。
ついに「最後尾」と書かれた車にずっと尾行されながら走るという屈辱を味わいました。
こちらの模様は、当日ものすごくたくさん集まっていただいた熱心なみなさんによるお写真を、嬉野先生が早々に!編集いたしまして、早々に!公開することになっておりますので、そちらをお楽しみに。
では、出張続きで若干遅れておりますDVD「リヤカーで喜界島一周/わかさぎ2」の編集に入ります。
みなさま、各所でお会いいたしましょう!
(14:43 藤村)

001-藤村

2014年2月19日(水)
嬉野でございます。
えらいご無沙汰をしておりました。
お元気だったでしょうか。
さて、この頃は奥さんねぇ。
「そうか!」と膝を打って思いついたようなことだって、
いざ書く段になったら
「あれ?で…?なんだったっけ…?」
ってな感じで、書こうと思ってたことを忘れてるってことが多いわけですよ。
今がね、
まさにそうなんですよ。
今、こうしてね、日記を書こうとしてるわけなんですよ私は。
そうでしょう。
ですがね、
「そもそも私は何を日記に書こうとしていたのか」
そこがですね、これ、一向に思い出せないという。
これはねぇ鬱陶しいです。
これは我ながら鬱陶しい。
書こう書こうと思って勇んでおったのにですよ私は。
途中でたった2〜3の仕事を挟んだだけだったのに、
「はて?なんだったっけか?」
と、今や頭が白紙になっている。
年をとるというのは実に呑気なもんですね。
これで生きていかざるを得ないわけですからねぇ。
ということで、なんとここで日記を終えるしかないわけです。
これにはビックリ!
でも、これ以上、話が続かないもの。
ということで諸氏!
本日も各自の持ち場で奮闘されたし!
さて、嬉野さんは、果たして何が書きたかったのか〜!
それはまた。
明日の心だ〜!
解散。
あさってから讃岐映画祭です。
2月12日水曜日。藤村でございます。
昨日、イベントのお知らせをいくつか書きましたが、まだありました!追記します。
まず2月25日に、韓国のTVバラエティー制作者との対談イベントが東京であります(こちらは応募期間が過ぎてました!)。おととし、韓国向けバラエティー番組「クロスバトル」を作るときに、ずいぶん韓国のバラエティーを見てて、その中で「1泊2日」っていう番組がおもしろいと感じてたんですが、今回の対談相手が、その「1泊2日」の制作者の方だそうで、これは実に楽しみな対談になりそうです。
そしてそして!忘れちゃいけないのが3月2日!大分は竹田で行われる「岡の里・名水マラソン」に今年も「ヒゲマラソン部」出場いたします。
秋の大阪マラソンを欠場した石坂店長が、今回は「出る!」と言っております。昨年以上に、まったく練習も体調管理もしてないおっさんがフルマラソンを走ります。九州勢のみなさま、ぜひぜひ!応援、もしくは一緒に走りましょう。
そして!一番大事な宣伝を忘れておりました。
嬉野先生と一緒に執筆しております「悩むだけ損」の第3弾が、2月14日バレンタインデーに発売されます。本のために書き下ろされた「隣にずっといる人」という、藤村、嬉野それぞれがお互いのことを書いた文章もございます。表紙は「進撃の巨人」でおなじみ!浅野くんが、我々ふたりを描いております。完全に「居酒屋放浪記」みたいな絵になっております。
こちら、担当者によりますと「予約していただいた方が確実に手に入りますから!予約をお願いします!」とのことでございます。
以上、お知らせ追記でした。
2月11日火曜日。
休日出勤でDVDの編集に邁進しております藤村でございます。
なかなかこちらに顔を出せずにおりますが、今年はイベントなどで各地に顔を出す機会が増えておりまして、今月21日には高松の「さぬき映画祭」でドラマ「四国R−14」の上映&トークイベントがございます。こちらはチケットが即完売してしまったそうですが、今後もいくつかあるのでご紹介しておきます。
まずは、放送人の会が主催する、日本の名作ドラマを鑑賞し、その出演者スタッフが制作秘話などをお話しするという「名作の舞台裏」というイベントにドラマ「ミエルヒ」が招かれまして、主演の安田さん、脚本の青木豪さん、そして私と嬉野先生が出演して、ドラマの上映とトークを行います。
これはなかなか見られない顔合わせで、たぶん最初で最後でしょう。関東近辺の方、ぜひお越しください。
日時:3月21日(金・祝)13時30分〜16時30分
開場:横浜情報文化センター 情文ホール
詳しくは「放送ライブラリー」のHPイベント情報で
続きまして、関西方面のみなさま
奈良県立図書情報館で「シゴトヒト3days?〜シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間」と題したフォーラムに私藤村が呼ばれております。
まったく異業種の人が3人集まって「仕事以外にある何か」について語り合うというもので、私のほかに京都の一乗寺にある本屋「恵分社」の店長、石見銀山生活文化研究所所長の方が呼ばれ「背伸びしないヒト」というくくりでお話しをします。
これ、かなり興味深い顔ぶれで、おもしろい話になりそうです。
日時:3月8日(土)10時〜18時(時間たっぷり!です)
場所:奈良県立図書情報館 1階交流ホール
詳しくは「奈良県立図書情報館」のHPイベント情報で
またテレビ埼玉で私とよみうりテレビの西田Pでやっている番組「たまたま」では、あちこちで公開収録をしておりますが、今週末2月16日はさいたまスーパーアリーナで行われる「埼玉サイクリングショー」におじゃまするそうです。14時45分からはメインステージで自転車好きの方とトークするそうであります。詳しい中身は毎度のことながら私はまったく!知りませんが。
そしてそして
まだ詳細は発表されておりませんが、3月16日に行われる宮城・女川の「復幸祭」に今年も出ます。呼ばれなくたって、出ます。
東北のみなさま!また女川でお会いしましょう!
(16:05 藤村)

001-藤村

2月12日水曜日。藤村でございます。
昨日、イベントのお知らせをいくつか書きましたが、まだありました!追記します。
まず2月25日に、韓国のTVバラエティー制作者との対談イベントが東京であります(こちらは応募期間が過ぎてました!)。おととし、韓国向けバラエティー番組「クロスバトル」を作るときに、ずいぶん韓国のバラエティーを見てて、その中で「1泊2日」っていう番組がおもしろいと感じてたんですが、今回の対談相手が、その「1泊2日」の制作者の方だそうで、これは実に楽しみな対談になりそうです。
そしてそして!忘れちゃいけないのが3月2日!大分は竹田で行われる「岡の里・名水マラソン」に今年も「ヒゲマラソン部」出場いたします。
秋の大阪マラソンを欠場した石坂店長が、今回は「出る!」と言っております。昨年以上に、まったく練習も体調管理もしてないおっさんがフルマラソンを走ります。九州勢のみなさま、ぜひぜひ!応援、もしくは一緒に走りましょう。
そして!一番大事な宣伝を忘れておりました。
嬉野先生と一緒に執筆しております「悩むだけ損」の第3弾が、2月14日バレンタインデーに発売されます。本のために書き下ろされた「隣にずっといる人」という、藤村、嬉野それぞれがお互いのことを書いた文章もございます。表紙は「進撃の巨人」でおなじみ!浅野くんが、我々ふたりを描いております。完全に「居酒屋放浪記」みたいな絵になっております。
こちら、担当者によりますと「予約していただいた方が確実に手に入りますから!予約をお願いします!」とのことでございます。
以上、お知らせ追記でした。
2月11日火曜日。
休日出勤でDVDの編集に邁進しております藤村でございます。
なかなかこちらに顔を出せずにおりますが、今年はイベントなどで各地に顔を出す機会が増えておりまして、今月21日には高松の「さぬき映画祭」でドラマ「四国R−14」の上映&トークイベントがございます。こちらはチケットが即完売してしまったそうですが、今後もいくつかあるのでご紹介しておきます。
まずは、放送人の会が主催する、日本の名作ドラマを鑑賞し、その出演者スタッフが制作秘話などをお話しするという「名作の舞台裏」というイベントにドラマ「ミエルヒ」が招かれまして、主演の安田さん、脚本の青木豪さん、そして私と嬉野先生が出演して、ドラマの上映とトークを行います。
これはなかなか見られない顔合わせで、たぶん最初で最後でしょう。関東近辺の方、ぜひお越しください。
日時:3月21日(金・祝)13時30分〜16時30分
開場:横浜情報文化センター 情文ホール
詳しくは「放送ライブラリー」のHPイベント情報で
続きまして、関西方面のみなさま
奈良県立図書情報館で「シゴトヒト3days?〜シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間」と題したフォーラムに私藤村が呼ばれております。
まったく異業種の人が3人集まって「仕事以外にある何か」について語り合うというもので、私のほかに京都の一乗寺にある本屋「恵分社」の店長、石見銀山生活文化研究所所長の方が呼ばれ「背伸びしないヒト」というくくりでお話しをします。
これ、かなり興味深い顔ぶれで、おもしろい話になりそうです。
日時:3月8日(土)10時〜18時(時間たっぷり!です)
場所:奈良県立図書情報館 1階交流ホール
詳しくは「奈良県立図書情報館」のHPイベント情報で
またテレビ埼玉で私とよみうりテレビの西田Pでやっている番組「たまたま」では、あちこちで公開収録をしておりますが、今週末2月16日はさいたまスーパーアリーナで行われる「埼玉サイクリングショー」におじゃまするそうです。14時45分からはメインステージで自転車好きの方とトークするそうであります。詳しい中身は毎度のことながら私はまったく!知りませんが。
そしてそして
まだ詳細は発表されておりませんが、3月16日に行われる宮城・女川の「復幸祭」に今年も出ます。呼ばれなくたって、出ます。
東北のみなさま!また女川でお会いしましょう!
(15:16 藤村)

001-藤村

2月11日火曜日。
休日出勤でDVDの編集に邁進しております藤村でございます。
なかなかこちらに顔を出せずにおりますが、今年はイベントなどで各地に顔を出す機会が増えておりまして、今月21日には高松の「さぬき映画祭」でドラマ「四国R−14」の上映&トークイベントがございます。こちらはチケットが即完売してしまったそうですが、今後もいくつかあるのでご紹介しておきます。
まずは、放送人の会が主催する、日本の名作ドラマを鑑賞し、その出演者スタッフが制作秘話などをお話しするという「名作の舞台裏」というイベントにドラマ「ミエルヒ」が招かれまして、主演の安田さん、脚本の青木豪さん、そして私と嬉野先生が出演して、ドラマの上映とトークを行います。
これはなかなか見られない顔合わせで、たぶん最初で最後でしょう。関東近辺の方、ぜひお越しください。
日時:3月21日(金・祝)13時30分〜16時30分
開場:横浜情報文化センター 情文ホール
詳しくは「放送ライブラリー」のHPイベント情報で
続きまして、関西方面のみなさま
奈良県立図書情報館で「シゴトヒト3days?〜シゴトとヒトの間にあるものを考える3日間」と題したフォーラムに私藤村が呼ばれております。
まったく異業種の人が3人集まって「仕事以外にある何か」について語り合うというもので、私のほかに京都の一乗寺にある本屋「恵分社」の店長、石見銀山生活文化研究所所長の方が呼ばれ「背伸びしないヒト」というくくりでお話しをします。
これ、かなり興味深い顔ぶれで、おもしろい話になりそうです。
日時:3月8日(土)10時〜18時(時間たっぷり!です)
場所:奈良県立図書情報館 1階交流ホール
詳しくは「奈良県立図書情報館」のHPイベント情報で
またテレビ埼玉で私とよみうりテレビの西田Pでやっている番組「たまたま」では、あちこちで公開収録をしておりますが、今週末2月16日はさいたまスーパーアリーナで行われる「埼玉サイクリングショー」におじゃまするそうです。14時45分からはメインステージで自転車好きの方とトークするそうであります。詳しい中身は毎度のことながら私はまったく!知りませんが。
そしてそして
まだ詳細は発表されておりませんが、3月16日に行われる宮城・女川の「復幸祭」に今年も出ます。呼ばれなくたって、出ます。
東北のみなさま!また女川でお会いしましょう!
(21:11 藤村)

001-藤村

1月22日火曜日。藤村でございます。
次回DVD「リヤカーで喜界島一周/釣りバカ対決わかさぎ2」の編集を進めております。
本日はお知らせ。
来週26日の日曜日に東京・早稲田大学で「テレビ番組を作る人」と題したトークイベントが開かれます。
私や読売テレビの西田二郎はじめ、各キー局の系列を越えた現場テレビマンが仕事について語るもので、主にマスコミを目指す学生に向けたものですが、一般の方ももちろん入れます。こんな機会めったにありませんので、ぜひともおいでくださいまし。
日時 1月26日(日)14:30開場 15:30開演
場所 早稲田大学大隈講堂
参加 無料
申込み、詳細は「IPG(インタラクティブ・プログラム・ガイド)」さんのホームページにあります
そして、来月2月に四国香川で開かれる「さぬき映画祭」に水曜どうでしょうのドラマ「四国R-14」が招かれまして、トークと上映を行います。
時は2月21日。トークは私と嬉野さん、そして「踊る大捜査線」の本広克行監督という珍しい顔ぶれ。本広監督はどうでしょうファンで、中でも「四国R-14」を絶賛しておられる方でございます。当日は、映画館でドラマを上映しながら、「本当はあのとき何があったのか?」というお話をする予定。こちらもぜひ!おいでください。
先週は、岩手に行っておりました。実に多くの方々がいらっしゃいまして、実に熱気にあふれた会場でありました。
翌日は三陸の陸前高田、大船渡に行き、いろんな人にお会いしました。そのお話はまたゆっくりと。
(20:23 藤村)

001-藤村

2014年1月6日月曜日。
みなさま、明けましておめでとうございます。
本日より仕事始めでございます。
まずは岩手のみなさまにお知らせ!
年明け早々ではありますが、来週13日月曜日(祝)に私と嬉野先生は盛岡におじゃまいたします。
昼12時から盛岡駅ビル「フェザン」にて、1時間ほどお話しをいたします。
詳しくは岩手朝日テレビのHPで告知されております↓
http://goiaty.iat.co.jp/pc/page/eventlist/1373
数年前はずいぶんと頻繁に訪れていた岩手でありますが、震災後は初めてのこととなります。
岩手のみなさま、ぜひいらっしゃって、元気な顔を見せていただければと思います。
トークの後は、その場で本のサイン会などもして、それから盛岡市内を見て回り、翌日は陸前高田に連れて行ってくれるそうです。
いろいろ見てこようと思っております。
さて、北海道内では年始早々の2日、3日に新作の第12夜までが一挙に放送されまして、あさって8日がいよいよ最終夜となります。
13週続いた「初めてのアフリカ」。最後までぐだぐだなおっさんたちの旅路に、どうぞ寛大な心でお付き合いください。
2014年の仕事始め。
私は本日より、次回DVD第21弾「リヤカーで喜界島一周/釣りバカ対決わかさぎ釣り2」の編集に着手しました。
今年も、精一杯働いていこうと思っております。
皆の衆!
今年もどうぞよろしくお願いしまぁーす!
2014年1月1日(水)
奥さん。
新年 明けましておめでとうございます。
嬉野でございます。
今年もよろしくお引き立てのほどをお願いいたします。
なんせ札幌は、毎日吹雪吹雪氷の世界でございましてね。
外出困難な日々でございますよ。
私だって嘘はつきたくないですがね、
だって札幌地方、元旦から荒れるって予報ですからね、
たしかに今日は大晦日ですけど、しかたがない。
今日は貴重な晴れ間だったんですもの。
さて、みなさま。
2014年も平和に明けました。
このまま平和に生きていきたいぞ!と、
感じ入っております年の初めでございます。
正月気分も、何もかも、失くしてしまいましたがニッポン!
それでも、新しい年が来たという感慨はどうやら失うことはないだろうという自分に気づいて持ち直しておりますわたくしでございます。
ということで諸氏!
2014年の正月も各自の持ち場で奮闘願います!
それでは年の初め!始動!
※この日記を大晦日に読んじゃってるあなた。
あなたは、書き手のその辺の事情を大人らしく含みを持たせてね、
その上で、今夜のところはゆく年くる年の聖なる時間に思いを馳せなさいね。そして元日にまた読み直してください。
頼みましたよ!
2013年12月27日(金)
嬉野です。
奥さん今日はね。
だいたいね。世間は仕事納めですよ。
つまりね今年最後の勤務日ですよ。
まぁ、たいして年の瀬感もないですけど、
世間が年の瀬感を出す気がないのなら、
私はひとりでも静かに出していきますよ。
という心意気でございます。
さて、来年の抱負ですが。
「やるこた やるぞ!」と、いうことでね。
とにかく、なにもしないではないというね、
ことですよ。
少なくともやることたやるぞ、と。
いうことで。
ということでね奥さん!ここで北海道エリアのみなさんへ向けての業務連絡です。
年明けすぐの正月2日、3日という三が日中に、
なんと「水曜どうでしょうアフリカ」!を一挙に再放送しちゃうというHTBさんの番組編成でございます!おたちあい!
しかもね、テレビ朝日さんの大人気ドラマ「相棒スペシャル」を
サンドイッチした感じで放送していくという物凄い段積みです。
呑気なテンポで進行しております「水曜どうでしょう最新作アフリカ篇」!ゆるい!てぬるい!あんなものはどうでしょうではない!
さまざまな温かい声援を受け大好評のアフリカ編!
そのゆるい番組進行を、では立て続けに見てみたらどうなのか!
一気に見せられたら見る人々の見え方はどう変わるのか!
変わらんのか!どうにもならんのか!
壮大な実験のような新年松の内の緊急再放送であります。
さすがどうでしょうのお膝元北海道!やることが違います。
どうぞチャレンジャーなみなさま。
このめったにない機会に、どっぷり浸かってご覧になってはいかがでしょうか!
正月2日、3日に、まとめて新作を12週分も観させられて!
そのまま一気に1月8日放送のアフリカ最終夜へとなだれ込んで行ってほしいぞ!というHTBの安直な編成がカウンターパンチとなるのか!とくに効果は無いのか!どうぞ2014年のお正月も水曜どうでしょうでお楽しみください!
以下、編成のお気楽な告知です!
◆水曜どうでしょう最新作が早くも再放送!
1月8日(水)放送の最終夜に向けてビシッと予習できちゃいます。
見逃した方、帰省で北海道に戻って来られる方、雪を乗り越え旅行で北海道を訪れる方。一気に見れちゃいます!
しかも、大人気ドラマ「相棒スペシャル」と一緒にどどーんと正月に放送でございます。
「新春お年玉スペシャル “おせち”もいいけどどうでしょうで相棒をサンドイッチしてみた」
【1月2日(木)ごご1時〜6時(北海道ローカル)】
◆ごご1時〜 「水曜どうでしょう最新作」第1夜・第2夜
◆ごご1時59分〜 「相棒シーズン10スペシャル 罪と罰」
◆ごご4時10分〜  「水曜どうでしょう最新作」第3夜〜第6夜
【1月3日(金)ごご1時〜6時(北海道ローカル)】
◆ごご1時〜 「水曜どうでしょう最新作」第7夜・第8夜
◆ごご1時55分〜 「相棒シーズン12スペシャル ビリーバー」
◆ごご4時10分〜 「水曜どうでしょう最新作」第9夜〜第12夜
ということでね。
「おせちも好いけどカレーもね!」
懐かしいです。
お正月を♪写そう♪綺麗な晴着を写そ♪
実に懐かしいCMです。
それではみなさん。
新春も各自の持ち場で奮闘願います!
行く年!来る年!
(20:22 藤村)

001-藤村

12月19日金曜日。藤村でございます。
新作の編集も本日をもってすべて終了いたしました。
年末の特別編成で、最終夜だけは中途半端にも年明け1月8日の放送となりましたが、まぁあと少しだけ我々の旅にお付き合いください。
さて、今年は祭りと新作が重なり、えらく忙しい年でありました。その上わたくしは読売テレビの西田二郎とテレビ埼玉で「たまたま」なる番組も始めて、さらに忙しい日々でありましたが、その「たまたま」の年内最後の公開収録が下記の要領で今週土曜日に行われます。埼玉近郊の方々、お時間ありましたらぜひいらしてみてください。
今回の収録は「ヒーローショー・ショー」と題しまして、百貨店の屋上でやるような「ヒーローショー」を、藤村・西田の演出で作り出す課程を、そのまま舞台上で見せる、というものでございます。つまり「ヒーローショーを作る課程を見せるショー」ということで「ヒーローショー・ショー」。わたくしは、台本をまだ一切見ておりません。当日、台本を読みながら、生でその場で演出をして作っていくわけでございます。知っていることといえば、このヒーローショーは「ミュージカルである」ということだけ。どういうことなのか、当日が楽しみであります。
場所は物産展でもおじゃましたことのある熊谷・八木橋百貨店。当日は、このショーのほかにも、なにやらおもしろい企画をやるそうでございます。「どうでしょう」とはまた違ったおもしろさのある西田二郎との仕事。一度収録に参加したら、きっとそのおもしろさをわかってもらえるかと思います。
土曜日はぜひ!熊谷でお会いいたしましょう!
以下、詳細です。
テレビ埼玉「たまたま」公開収録
日程 : 12月21日(土)
場所 : 埼玉県熊谷市・八木橋百貨店 8階カトレアホール
開場 : 午後2時/ 開演 : 午後2時30分より
[お1人様1枚まで、先着300名様限り]
※当日、午後9時45分より1階北口にて整理券を配布いたします。
列が終了後、残った整理券は8階カトレアホール会場前にて配布致します。
当日限定の八木橋百貨店 × たまたまコラボ企画も満載!!
2013年12月13日(金)
こんちわ奥さん。
嬉野でございます。
あれは1981年のことでしたから、
もう32年も前のことになりますか。
私はまだ21歳でしたから、
顔に幼さすら残る若者だったでしょうか。
あの頃、日本はまだバブル経済に突入する前でしたから、世の中には70年代と変わらない呑気の風が吹いておりました。
日本人はもうとうに貧乏ではなかったけれど、それでも長年民族の中に刷り込こまれた貧乏臭さというものはなかなか抜けなかったようで、日本人は誰しもが依然として金持ちより貧乏の方に親しみを感じておりまして、庶民的という言葉が本当に似合いの時代でした。
若者は貧乏暮らしをするのが当たり前と本人も世間も思っておったものでした。
もうみんな貧乏ではなくなっていたのに、みんな相変わらずお金持ちより貧乏の方を馴染み深いと思ってしまうあの気分が、あの頃、呑気の風を世間に吹かせていた根拠だったのだろうなぁと、今、私は思うのです。
と、まあ書いてますけどね、
私は今日ね、猫の話をしようと思って書き始めたんですよ、
だけど、前段でついついあれこれ思い出しちゃったものですから、思いのほか前段に手間取って、
いっこうに猫に辿り着けない。
まあ、好いですね、昔話を続けますよ。
それでも70年代の終わり頃から変化して来たのは海外旅行でした。
70年代の庶民は自分が気軽に海外旅行の出来る身分になるだなんてまだ誰も考えもしてなかったんだけど、
それでも1978年頃から雑誌ポパイが北米西海岸のショップの情報を紙面に載せ始めていてね、
それを見た、九州の田舎高校生だったぼくは唖然として
「誰がアメリカまで服買いにいくよ」
と思って記事を読んでいたのでしたが、
庶民が普通に自力でアメリカくらい行けちゃう時代にはきっともう、なってはいたのでしょうね。
当時まだ高価だったけど、ダウンジャケットも既に出現しており、ダウンジャケットは買えないけど、ジャケットよりはダウンの量の少ないダウンベストを着て羨ましがられ、「なにそれ?あったかいの?」と珍しがられていた友人も、1978年頃には、すでにおりましたし、同じく1979年頃にはデザイナーズブランドの服も若者の間で流行り始めてもいたのです。
それでも携帯電話やらパソコンやらはもちろん影も形もありませんから、当然メールなんて出来ません時代です。
世間の連絡事項はもっぱら電話一本です。
でもその電話だってお部屋に引くためには工事費や電話料金だけでなく電話債権という、今となっては、なんだかよく分からない高額な債権を買わなければならない取り決めがあったもんですから、まとまったお金がない若者の侘び住まいには、なかなか電話も引けずでしたし、そんな時代ですから、往来には公衆電話が乱立しておりまして、渋谷や新宿やらの電話ボックスの前には順番待ちの列さえありました。
人々は知らぬ間にすっかり電話に頼っておりましたから、あの頃、既に若者は手紙を書くことはあまりしなくなっていたのです。
それでもね、貧乏旅行中の友人が旅先から送ってくる絵葉書にはロマンがありました。
郵便受けの中の郵便物に混じった絵葉書。
旅先という手の届かないところにいる友の足取りを羨ましく思い、こことは違う時間の流れを感じることで、どこか遠くにある町の風情にうっとり思いを馳せることが出来る時代だったのだと、今は思います。
携帯電話なんて夢にも思わない時代でしたからね。
手の届かない、思いの届けられない領域が生活の身近なところにたくさんあって、届かない届けられないのは当たり前と思う自分がいたから、そのぶん「想像力という」自力で思い描く時間が、何か大事なものをぼくらの中で育てることをしていたのかもしれません。
きっといろんなところにあったそこそこの不便が、ゆったりとした呑気の風を呼んでいたのかなって、思います。
ゲームはアーケードゲームが華やかな頃で、テレビゲームの火付け役は、1979年に出現したインベーダーゲームの大人気振りでした。
インベーダーゲームの人気は物凄かったのです。
不況に強いと言われたパチンコ屋さんに誰も行かなくなるという事態が起こり、誰もがインベーダーゲームに百円コインを投入し続け、パチンコ屋さんが潰れそうだ!と言われるくらい日本人は目の色を変えて来る日も来る日もテレビゲームというものの虜になっておったのです。
でも、そんな流行り病も1980年頃には落ち着きを見せ、パチンコ屋さんも潰れることなくお客の流れは旧に復して行ったようで、
プレステはもちろ、ファミコンさえまだ登場以前でしたから、任天堂さんは実直にトランプや花札を作っておられたのであろう(内情は知りませんが)あの時代、
東京の賃貸アパートにはお風呂がないのがまだ普通でした。
それだから町には大きな銭湯が必ずありまして、夜中の1時くらいまで営業しており、当然ながら銭湯は毎晩大にぎわいでありました。
彼女と二人で夜更けの銭湯に行く。その風情にも貧乏臭さ無しでは味わえない慎ましく穏やかなロマンがありましたあの時代。
コンビニもね、ポツポツ出来つつある頃ではあったんですが、セブンイレブンさんの営業時間だって、まだ朝7時から夜11時までという名前通りでの営業でしたし、
年末年始はスーパーも商店街も定食屋さんも完璧にお休みになっていた頃でしたから、年末年始の食糧買いだめやら何やらは是非もので、
アパートぐらしの独身者は年越しの緊張感やら里帰りの段取りやらで気ぜわしくも妙にソワソワと楽しげなムードに包まれる身の上でした。
そんな時代の独り者の暮らす6畳ひと間には、テレビがあり、バイトして買ったデッカいオーディオセットがあり、狭い部屋をなおさら狭くするベッドがあり、毎晩夜更かしをし、気の合った友だちと集まって夜遅くまで呑んで話をするのが何より楽しい娯楽で、
大人漫画雑誌がいっぱい出版され、電車の中の暇つぶしに盛んに読まれ、読み捨てられ、それをまた拾って読み、漫画文化は爛熟し、多くの漫画家を育て、出版社は大きくなり、
音楽は突如CDの時代になってはいたけど、まだレコードもあり、貸しレコード屋が流行り始めており、ビデオの時代は目前だったけど、まだ庶民にはビデオ登場の影すら見えず、
文字はすべて手書きだったし、今より漢字もいっぱい書けてたし、パソコンもワープロさえも無かったあの時代。
あれは、そんな時代の、ぼくが22歳の誕生日を前にしていた、ほんの21歳でしかなかったある早春の宵のことです。
あぁ、やっと本題です、始まりました。
東京の高円寺のぼくのアパートの部屋に友達が4人ほど集まって電熱線でスルメを焼いてお酒を飲んでいたところへ、ずいぶん近いところでいきなり猫が鳴いたのです。
「今、ずいぶん近いところで猫が鳴いたなあ」
と、奇妙に思うほど、それはそれは大きな鳴き声のように思ったけど、周りの誰も気にする風で無く。
はて、あれだけのハッキリした音量であるにもかかわらず誰も気づいていないということは自分の空耳であるのだろうかと思えば、
「ねえ、今、猫が鳴いたよねぇ」
と、喉のこの辺りまで確認してみたい気持ちがこみあがっているのだけれど、
でも、あれほどはっきり聞いた鳴き声が空耳であるということを自覚するのもなんだか却って怖ろしいようで、妙に臆して切り出せず、
いや、でも、ぼくの部屋は表通りに面した木造モルタルアパート二階の角部屋で、窓枠も時代遅れの木枠であり、アルミサッシですらないのだから、通りで鳴り渡る喧騒も窓を閉めたところで昼夜を問わずに無遠慮に入ってくるような安普請であることを考慮に入れれば、往来で鳴く猫の声もどこかで器用に反響増幅され、あたかも耳元で鳴いたように聞こえたかもしれずと、今一度、思い直せば、
確かに気にすることでもないような気がして来たのだけれど、それにしてもずいぶん近かったよなあと思ったところへ、もう一度、鳴り渡るサイレーンのような調子で猫が鳴いたのです。
その鳴き声の音源がやっぱり今度も近過ぎて。
そしたら、その声に今度は集まっていたみんなも互いに目を見合わせ始めたから、これは空耳ではないとぼくは立ち上がり、半畳の流しの前にある玄関ドアの前まで進むと外の様子を眺めるべく、思いきってドアを押し開けたのです。
すると、その瞬間を待っていたかのように一匹の白と灰色のトラ柄の猫がぼくの足下を悠々すり抜けて部屋の中へ当たり前のような足取りで入って来て。
怪談話のとば口に立つが如き緊張感も、この猫の悠長さであっけなく霧消してね、そのおっとりした動きは人慣れして部屋慣れした猫のそれでした。
なんだ、ただたんにすっげえ近くで猫が鳴いただけだったのかと分かると、全員ホッとするやら拍子抜けするやらで、とりあえず迷い猫という珍客を受け入れ無駄話の席は続いたのです。
東京暮らしの独身者と猫。
孤独な都会の独り者と孤独を棲家に生きるように見える猫とは接点が多いのか、新参の猫は違和感無く車座の中に居場所を得ていました。
ぼくはそれまで猫を飼ったこともなく、猫の扱いなど知りもしなかったけれど、小動物は嫌いでなかったからスルメを与えてみたところ、よほど空腹だったのか猫はこれを旨そうにペロッと食べてしまったのです。
あとで知ったことだったけれど猫はスルメを食べると中毒を起こすそうで。確かにしばらくして猫の様子がおかしくなり始めた。目がなにやら白眼をむき始め口元を見れば若干の泡を吹き始めている。
俄かに急変して行く猫の容体を見て、集まっていた友人たちは、このままここにいては、再度、怪談話のとば口に立たされかねないとでも思ったか、なんだか突然大事な用事でも思い出したようなそぶりを見せ始め、「さあ」とか「じゃあそろそろあれだな」とか、急にソワソワし出すと、猫の臨終になんか立ち会いたくないと口々に言いながら慌てふためき帰って行った。
部屋にはぼくと臨終寸前の猫とが残され、ぼくはスルメ中毒とも知らず、きっと年を取った猫がこのぼくの部屋で最期の時を迎えるためにあぁまで大きな声で鳴いてオレを呼んだのであるかもしれぬし、と思えば、これも縁あってのことだったのだろうと覚悟を決めると、目を白黒させているやつを膝に乗せ、最期を看取るつもりでいた、けれど。
なんだか猫は死ぬこともなく、そのうち徐々に正気を取り戻して、その後は毒気も抜けたのかぼくの膝から畳の上にペタンと下りると、何事もなかったようにひとつ大きく伸びをして、そのままベッドに飛び上がり、身体を丸くして気持ち良さそうに寝てしまったのです。
その日から猫はぼくの部屋に居つき、ぼくは翌日からスーパーで猫砂やトイレ用のバットを買って、この部屋で猫が暮らせるような設備を整え、段々に猫を溺愛していくわけで。
見ればその猫は首にノミ取りの首輪をしてもらっており。その首輪にはさらにチリンチリン鳴る鈴もついていて。明らかに飼い猫だったようで、それが、いったいどんな事情があったのかは知らないけれど、ある日、なんとはなしに放浪の旅に出てしまい、以来、元の棲家に戻れぬまま、こうして何の因果か我が家に住み着くこととなったわけで。
とくだん痩せてもおらず汚れているわけでもなかったところを見ると放浪を始めてそれほど日も経ってはいなかったはずであり、ぼくはどことなくおっとりした物腰のこの猫になんだか自分を見るようで、「若旦那」という名前をつけて可愛がることにしたのです。
翌日、若旦那を近所の公園に連れて行き放してみると、近所のガキどもが繰り出す挙動が怖かったのか、一目散に近くの木に駆け登ったまでは敏捷で良かったが、
夢中で上がった木の上から下を見下ろせば、今度は降りるのがさらに怖かったらしく幹にしがみついたまま鳴いて救いを求めるというなんとも情けないていたらくでね。
スーパーで買い求めて来た猫缶も日をあけず同じ物が続くと飽きるようで、前足であっち行けとばかり畳を掻き掻きして食べようともしない。どうにも猫は我が儘だなぁと呆れたものでした。
ところがこの若旦那、しばらくして元気がなくなってしまったのです。
急に食欲が無くなり、あんなに綺麗なピンク色だった鼻の頭が真っ白になって血の気が引いている。
ぼくは気になって若旦那を抱えて、以前風邪でも引いたかと思い、連れて行って結局病気でも何でもないと言われた近所の犬猫病院へ急いだ。
獣医は「またお前か」という渋い顔でぼくを迎えると「とにかくきみは動物を過保護にしすぎるんだ、動物は全体に強い物だから何か気になったと言ってそういちいち連れて来ていてはこちらとしても迷惑だ」と言わんばかりの剣幕だったが、とにかく明らかに状態がおかしいので診るだけ診てくださいと猫を差し出すと、仕方のないやつだと言わんばかりの顔で不祥無精触診を始めた。
ところが急にハッとした顔になり、獣医はさらに若旦那を触り、バツの悪そうな顔で「これは肋膜炎だね、すぐ水を抜かないと」と注射針を刺して水を抜き始めた。
獣医は「申し訳なかった」というような言葉をごにょごにょ言っていたが、「大丈夫でしょうか」というぼくの問いかけに「いや、もうこれで大丈夫。薬を出しておくからそれを毎日飲ませてください」と言ったので、ホッとして若旦那を抱いて帰ってきた。
獣医がとにかく安静が良いと言っていたので、部屋に戻ると若旦那を小さいダンボール箱に入れて、良く眠るようにとそのまま暗い押入れに入れて寝かしてみた。
若旦那は心持ちホッとした顔をしていたように見えた。水を抜いてもらえたのが良かったのだろう、翌日から若旦那は蒲鉾を差し出すと少したべるようになったから、大好物だった鳥のささみも買って来て食べさせた。
そのうち段々に鼻の頭にもピンク色が戻ってきた。
猫でも恩義は感じるようで、若旦那はそれまでとは違う素直そうな目でぼくを見上げるようになり、ぼくの手から細く割いたカニカマをパスタのように器用に食べるのだった。
肋膜炎を乗り越えて回復した若旦那は、ぼくの胸の上で丸くなって寝るようになり、ぼくらはなんだか仲良しになった。元気になってからは日中は外に出し半野良で飼い始めた。
ぼくが夕方、アパートにかえってくると、どこで待っていたのか猛烈なスピードでぼくの前を横切り一目散にアパートの階段を駆け上がると一足早く部屋のドアの前でキチンとお座りをして、ぼくが階段を登りきるのを待つのだった。
くる日もくる日も夕方になるとそれは儀式のように行われ、また次の日も続けられ、ぼくの前を横切り階段を一散に駆け上がってぼくを待つ若旦那の姿を見る度になんだか経験したことのない幸福感が募っていくのが自分でも分かった。
そうして夕方の陽射しの中で繰り返されるその行為が、なんだかお互いに渡された絆の確認をする場のような気がしてくるのだった。
若旦那は夜になるとぼくに寄り添いぼくの胸の上で眠るようになった。
ある休日の朝のことだった。窓の外から甘えたように鳴く聞き覚えのある猫の声がした。窓から顔を出して見下ろすと、果たして往来の歩道からぼくを見上げるあいつがいた。どことなく困ったような弱ったような、「どうしたら良いのでしょうね」、とでも言いたげな、助けを求めるような甘えた声を発しながらあいつはぼくを見上げていた。
そして、そんな声を発する理由と分かる位置に若くて可愛いメス猫が従っており、「あの人だぁれ?」とでもいうような顔で同じようにぼくを見上げていた。
若い二匹の猫は、なんだかお似合いで、同じようにぼくを見上げるその並び姿の初々しさが、なんとも微笑ましく見えたのだった。
その晩遅くなっても若旦那は帰ってこなかった。
猫も恋する春になったのである。
だが、翌朝早く、傷だらけの血だらけで若だんなは帰ってきた。
明らかにどっかから現れた屈強な雄猫に喧嘩で負けてほうほうの体で逃げ帰ってきたのだろうと思わせる哀れを誘う姿だった。
あいつの初々しさは何処かへ行き、あいつは何処か屈折してしまったようでもあった。
若旦那の生きる猫の世界には意外に過酷な側面があるのだなとぼくは猫に対する考えを少し新たにした。
部屋に入れた時から思ったのだが傷ついた若旦那の身体からやたらとスースーするメンタムの匂いがする。
誰か親切な人が、傷口に軟膏を塗ってくれたようだ。
捨てる神あれば拾う神もあるのだぞと、ぼくは若旦那を励まし、世間様を思ってありがたくなるわけで、それはなんだかもう立派に保護者の心境であったのかもしれない。
だが、あいつは聞いている風でもなく不貞腐れたか疲れ果てたかで横になっていた。
やがてそんな春も過ぎ、暑かったその年の夏が終わる前。突然、若旦那は帰らなくなった。
幾日も幾晩も、ぼくは鈴を鳴らしながらアパートの階段を駆け上がってくる若旦那を待ったが、若旦那はそのまま二度と戻らず、それから30数年が過ぎる。
それでも、あの猫との間に数ヶ月続いた何とも言い難い関係は今も忘れられず覚えている。あいつはどうしてぼくに予告もなしに何処かへ行ってしまったんだろう。
当時付き合って居た女の人が、自分の顔のそばに、つらあてのようにウンコした若旦那のことを根に持って、ことあるごとに若旦那をいじめて居たから、
あれを苦にして家出をしたのかなぁ。とまぁ、
しまらない形でこの話は終わるのです(^-^)
今日の札幌は真冬日です。
最高気温は氷点下ですから、これで根雪になるのでしょう。
今年も本格的な冬が到来しました。
いつもあることが今年もある。
それはけして悪いことばかりではないのだろうと、
このごろは思う私です。
同じことが繰り返されることからくる馴染の中で、
人は安心して営みを続けられるのだと思いますからね。
変わり映えのしないこともまた、大事なことですわ。
さぁそれでは諸氏!
本日もまた、各自の持ち場で奮闘願います!
解散。
(16:44 藤村)