2015年6月アーカイブ

6月26日金曜日。藤村でございます。



先週末、東京と札幌で副音声収録を終えまして、DVD第23弾「対決列島」が無事、完成いたしました。全10話、未公開シーンをふんだんに入れまして4時間半を越える超大作と相成りました。予約はすでに始まっておりまして、近年にない驚異的なスピードですでに数万枚の受注完了の報を受けております。さすが「どうでミー賞名企画部門第一位」に輝いた超人気作。みなさま、本当にお待たせいたしました。「対決列島」が完全版となって、いよいよ登場でございます!



副音声収録の際には、鈴井、大泉両名とそれぞれ久々に飲みまして、20年目を迎えようとしている「水曜どうでしょう」に、新たなる動きが生まれそうな予感がしております。



さて、DVDの完成を見届けた翌日には、藤村、嬉野両名、大阪へと入りまして出張仕事を遂行しつつ、源五郎一座大阪公演、札幌公演に向けた稽古に突入しております。ゴールデンウィークに行われた東京浅草旗揚げ公演の演目にさらに手を加えましての今回のツアー公演。笑劇武踊団の地元大阪のライブハウスにて行われる公演のチケットはほぼ完売、当日券も出ないであろうと思われる満員ぶりでございますが、札幌公演の方はと申しますと「当日券!ふんだんにございます!いやむしろみなさん、当日券で来られるおつもりなんでしょう?ねぇ?だって10枚しか売れてねぇってことないもん!地元なのに!」と思いつつも、そりゃあ札幌は今一番いい季節ですからね、道外から来る人にはハイシーズンで宿もべらぼーに高いし、地元の人間にとっちゃ外でビールを飲むのが一番おいしい時期だし、そりゃあサラリーマンのおっさんの芝居なんか見てる場合じゃないわ、という事情も重々承知しております。承知してはおりますけれども正直!このままでは負債を抱えて源五郎一座路頭に迷う!という緊急事態にもなりかねません。さすればここは重ねて「7月3日、4日!源五郎一座札幌公演!チケット絶賛発売中ーッ!」と声を枯らして告知するのでございます。



詳細は「笑劇武踊団公式サイト」にて。



尚、今夜11時からは大阪、笑劇武踊団の稽古場からニコ生の配信がございます。



http://com.nicovideo.jp/community/co2131070



お時間のある方は、ぜひご覧くださりませ。


そして大阪のみなさまには、源五郎一座大阪公演初日の前日、28日日曜日の16時からテレビ埼玉「たまたま」の公開収録がございます。
こちらの詳細はたまたまフェイスブックなどで確認してくだされ。なんせわたくし、フェイスブックだのやっておりませんので告知の詳しいことはわからん状態でございますれば。


それでは本日も藤村、嬉野両名、時代劇の稽古に汗を流してまいります。



ではまた!



【2015年6月25日(木)嬉野Dの日記】

2015年6月25日(木)

嬉野でございます。

昨日から、藤村さんと大阪におりましてね。
この6月の29日、30日にね、「藤村源五郎一座」の大阪公演がございますので、その稽古も昨日から始まっておりまして、その合間に出張仕事もこなしつつの日々なのでございます。

今回の「藤村源五郎一座 幕末人斬り伝」。
前回やりました浅草公演と、少し演出を変えました出し物もございますので、すでに浅草公演をご覧いただきました皆さまにも、さらに楽しんでいただけるものになっておると思うのでございます。

そして大阪公演は、月火という平日公演にもかかわらず、ほとんどチケットも完売でございまして、今、余裕がありますのは公演の2日目6月30日の昼公演ということでございます、その回にご都合のつかれますみなさんは是非見に来ていただきたいと思うのでございます。

そして、もしも差し入れをいただけるのならば、ぜひご飯のおかずになるものをいただければと一座全員、願いあげるのでございます。

そして、そのあとの7月3日、4日に控えております札幌公演はね、なにぶん我々の宣伝が足りておりませんので、おそらくはまだ、みなさんご存じないのだと思います。
だって、いまだに 9枚しか売れてない回とかございますからね、まさか、みなさん知っていて9枚って、こともありませんよね。

ね〜

…。

はいはいはい、ですから今日、こうして遅まきながらも告知をいたしましておりますので、明日にはね、もうビックリするほどの予約がね、さぞかし殺到するだろうとね、え〜思うんでございますよ。はい。

ね〜

…。

まあまあ、とわいえ、浅草公演も2枚しか売れてない回とかたくさんございましたからね。この源五郎にいったい価値があるのかないのか、実際、定まらないというところがあるのは間違いないのでございます。

でもね、みなさん。
源五郎、見たら楽しいと思うの。
つまり、この時代、他の誰も手を出さないというジャンルをやってるんだと思うの。

だからね、お芝居だけど、演劇とも違う気がするの。
芸術性がないからね、だから、わかりづらいところもなくて、でも、妙な得体の知れない深さのようなものは、なんだかあるような気がするのです。

さぁさぁ、とにかく札幌公演はね、当日も思い立ったらスルッと見にこれると思いますのでね、ぜひみなさん、7月3日、4日をお忘れなく、怖いもの見たさでも構いませんので、ご都合がつかれましたら、ぜひ、ギューブガーデンにお立ち寄りいただければと思うのでございます。

それでは、皆さま、本日も各自の持ち場で奮闘願います。また明日お会いしましょう〜

解散!



【2015年6月16日(火)嬉野の日記】

2015年6月16日(火)

さて、みなさま!
嬉野でござりまする。

思えば昨日6月15日より、
水曜どうでしょうDVD第23弾
「対決列島」の予約が開始となっておりまする!

みなさま!遅れを取ってはなりませんぞ!

すでに戦端は開かれ、各地、各地は大騒ぎでありますぞ!

日本全国のローソン屋敷のロッピー前はすでに炎上!

民衆は竹槍をもって屋敷を急襲!
ロッピーめを、きゅうきゅうに締め上げては、気炎を吐いておるころあいと思うのであります。
まぁ、そういう連絡も入らないので勝手に思ってるだけですが。

はたまた、HTBオンライン城は守りも手薄であるために、
押し寄せてくる軍勢の破竹の勢いに打つ手なく、落城寸前!という、話は、こちらもまだ聞いておりませんが、なんか、そんな感じで。

とにかくねぇ「対決列島」ですよ。

民衆悲願のタイトルの登場ですよ。

水曜どうでしょう史上大人気企画でありますよ!
愛蔵版でございます!

2003年の水曜どうでしょうDVD発売開始から数えて12年!
よくぞみなさん辛抱強く待ってくれた!
産んだ赤ん坊も小学六年生になっちゃったぞ!

あの日、札幌HTB裏口駐車場に停めてあった車の中から、白塗りの安田さんが出てきて「やぁやぁ!鈴井貴之!」と呼ばわってから、鹿児島での白熊対決までの激闘の全10話を!ビシッ〜と!二枚組に詰め込みましたから!
もうもうディスク容量はパッツンぱっつんで、「対決列島」は、ハチキレてしまいそうですよ!

そんなハチキレそうな旅の後半!
アキラが歌う「自動車唱歌」の歌声に、不意に旅情があふれ出し、
心をぐっと暖かくわしづかみにされてしまうのは、あれは小林旭さんの高音の伸びやかな歌声のせいだけなのでありましょうか。

失いそうになっているニッポンの懐かしい呑気さのすべてが、水曜どうでしょうの画面の端々から、今もあたりまえのようにニコニコと顔を出し、今もここにある。何も変わってはいないぞニッポン!

それではみなさま。
一家に一枚水曜どうでしょうDVD。
夫婦円満!家内安全!毎回安産!のためにも、どうぞお求めくださいませ。

それでは本日も、各地、各地のロッピーさんの前で奮闘願います!

解散!



(10:53 藤村)
2015年6月25日(木)

嬉野でございます。

昨日から、藤村さんと大阪におりましてね。
この6月の29日、30日にね、「藤村源五郎一座」の大阪公演がございますので、その稽古も昨日から始まっておりまして、その合間に出張仕事もこなしつつの日々なのでございます。

今回の「藤村源五郎一座 幕末人斬り伝」。
前回やりました浅草公演と、少し演出を変えました出し物もございますので、すでに浅草公演をご覧いただきました皆さまにも、さらに楽しんでいただけるものになっておると思うのでございます。

そして大阪公演は、月火という平日公演にもかかわらず、ほとんどチケットも完売でございまして、今、余裕がありますのは公演の2日目6月30日の昼公演ということでございます、その回にご都合のつかれますみなさんは是非見に来ていただきたいと思うのでございます。

そして、もしも差し入れをいただけるのならば、ぜひご飯のおかずになるものをいただければと一座全員、願いあげるのでございます。

そして、そのあとの7月3日、4日に控えております札幌公演はね、なにぶん我々の宣伝が足りておりませんので、おそらくはまだ、みなさんご存じないのだと思います。
だって、いまだに 9枚しか売れてない回とかございますからね、まさか、みなさん知っていて9枚って、こともありませんよね。

ね〜

…。

はいはいはい、ですから今日、こうして遅まきながらも告知をいたしましておりますので、明日にはね、もうビックリするほどの予約がね、さぞかし殺到するだろうとね、え〜思うんでございますよ。はい。

ね〜

…。

まあまあ、とわいえ、浅草公演も2枚しか売れてない回とかたくさんございましたからね。この源五郎にいったい価値があるのかないのか、実際、定まらないというところがあるのは間違いないのでございます。

でもね、みなさん。
源五郎、見たら楽しいと思うの。
つまり、この時代、他の誰も手を出さないというジャンルをやってるんだと思うの。

だからね、お芝居だけど、演劇とも違う気がするの。
芸術性がないからね、だから、わかりづらいところもなくて、でも、妙な得体の知れない深さのようなものは、なんだかあるような気がするのです。

さぁさぁ、とにかく札幌公演はね、当日も思い立ったらスルッと見にこれると思いますのでね、ぜひみなさん、7月3日、4日をお忘れなく、怖いもの見たさでも構いませんので、ご都合がつかれましたら、ぜひ、ギューブガーデンにお立ち寄りいただければと思うのでございます。

それでは、皆さま、本日も各自の持ち場で奮闘願います。また明日お会いしましょう〜

解散!



【2015年6月16日(火)の日記】

2015年6月16日(火)

さて、みなさま!
嬉野でござりまする。

思えば昨日6月15日より、
水曜どうでしょうDVD第23弾
「対決列島」の予約が開始となっておりまする!

みなさま!遅れを取ってはなりませんぞ!

すでに戦端は開かれ、各地、各地は大騒ぎでありますぞ!

日本全国のローソン屋敷のロッピー前はすでに炎上!

民衆は竹槍をもって屋敷を急襲!
ロッピーめを、きゅうきゅうに締め上げては、気炎を吐いておるころあいと思うのであります。
まぁ、そういう連絡も入らないので勝手に思ってるだけですが。

はたまた、HTBオンライン城は守りも手薄であるために、
押し寄せてくる軍勢の破竹の勢いに打つ手なく、落城寸前!という、話は、こちらもまだ聞いておりませんが、なんか、そんな感じで。

とにかくねぇ「対決列島」ですよ。

民衆悲願のタイトルの登場ですよ。

水曜どうでしょう史上大人気企画でありますよ!
愛蔵版でございます!

2003年の水曜どうでしょうDVD発売開始から数えて12年!
よくぞみなさん辛抱強く待ってくれた!
産んだ赤ん坊も小学六年生になっちゃったぞ!

あの日、札幌HTB裏口駐車場に停めてあった車の中から、白塗りの安田さんが出てきて「やぁやぁ!鈴井貴之!」と呼ばわってから、鹿児島での白熊対決までの激闘の全10話を!ビシッ〜と!二枚組に詰め込みましたから!
もうもうディスク容量はパッツンぱっつんで、「対決列島」は、ハチキレてしまいそうですよ!

そんなハチキレそうな旅の後半!
アキラが歌う「自動車唱歌」の歌声に、不意に旅情があふれ出し、
心をぐっと暖かくわしづかみにされてしまうのは、あれは小林旭さんの高音の伸びやかな歌声のせいだけなのでありましょうか。

失いそうになっているニッポンの懐かしい呑気さのすべてが、水曜どうでしょうの画面の端々から、今もあたりまえのようにニコニコと顔を出し、今もここにある。何も変わってはいないぞニッポン!

それではみなさま。
一家に一枚水曜どうでしょうDVD。
夫婦円満!家内安全!毎回安産!のためにも、どうぞお求めくださいませ。

それでは本日も、各地、各地のロッピーさんの前で奮闘願います!

解散!



【2015年6月12日(金)嬉野Dの日記】

みなさんこんにちは。
嬉野です。

このホームページで毎週金曜日になると更新している
「ラブレターfromクジラ」という連載があってね、

それがもう2年半ほど続いていて、

でも私らが、この頃あまり日記を書かなくなったから、
みんなもうそんな連載が続いていることさえ忘れているかしら〜と、思っていたら、そんなことはなくて、

意外に見ているのだということを、
東京出張の際にばったり会った人などの口から聞いて、

そのたびに
「ほ〜」と感心をするのです。

「犬のお話、なんか見ちゃいます」と言っててね。

そう、クジラさんは3年ほど前に、
ラブラドールレトリバーの老犬と2人で、
札幌から八丈島に淋しく引っ越して行きまして、
それから始まった連載なんだけど。

以来、おっさんは、八丈島で、
おっさん一人、チャチャという名前の犬一匹で、
肩を寄せ合うように生きていたんだけど、

そのチャチャがちょうど1年前に天に召されてね。

大型犬は長生きしてはくれないんだよね。
早いやつは10年くらいで天国へ行っちゃうのね。

でも、チャチャは長生きしたの。

そんなチャチャのことを、クジラさんが、
「チャチャはボクの相棒なのだ」というタイトルで書き出したのが、今年の1月のことでね。

以来半年、「チャチャはボクの相棒なのだ」は続いていて。

それをこの前、初めから一気読みしてみたら、
これが意外に面白かったの。

いや、意外と言っては鯨森画伯に失礼だけど、
一週間に一話読むより、読み応えがあって面白かったの。
やっぱりおっさんには人生という長い過去があるからね、
なんだか物語になってるのよね。

だったらと、スマホで一気読み、しやすいように、
連載画面の下をすこしずり下げたあたりに

「前のおはなし」「次のおはなし」

というボタンを新設したので、
このボタンを押しながら次々と、
お話からお話へ飛んでいただいて
一気読みしていただければと思うのでございます。

クジラさんの連載の魅力は、独特のクジラさん文体と、
クジラさんのイラストよね。

ではそういゆことで、
帰宅電車の中とかで、どうぞ電車に揺られながら、
おじさんとワン公のお話を読んでみてくださいね。


それではまた来週!
本日も各自の持ち場で奮闘願います!

解散



(20:02 嬉野)
2015年6月16日(火)

さて、みなさま!
嬉野でござりまする。

思えば昨日6月15日より、
水曜どうでしょうDVD第23弾
「対決列島」の予約が開始となっておりまする!

みなさま!遅れを取ってはなりませんぞ!

すでに戦端は開かれ、各地、各地は大騒ぎでありますぞ!

日本全国のローソン屋敷のロッピー前はすでに炎上!

民衆は竹槍をもって屋敷を急襲!
ロッピーめを、きゅうきゅうに締め上げては、気炎を吐いておるころあいと思うのであります。
まぁ、そういう連絡も入らないので勝手に思ってるだけですが。

はたまた、HTBオンライン城は守りも手薄であるために、
押し寄せてくる軍勢の破竹の勢いに打つ手なく、落城寸前!という、話は、こちらもまだ聞いておりませんが、なんか、そんな感じで。

とにかくねぇ「対決列島」ですよ。

民衆悲願のタイトルの登場ですよ。

水曜どうでしょう史上大人気企画でありますよ!
愛蔵版でございます!

2003年の水曜どうでしょうDVD発売開始から数えて12年!
よくぞみなさん辛抱強く待ってくれた!
産んだ赤ん坊も小学六年生になっちゃったぞ!

あの日、札幌HTB裏口駐車場に停めてあった車の中から、白塗りの安田さんが出てきて「やぁやぁ!鈴井貴之!」と呼ばわってから、鹿児島での白熊対決までの激闘の全10話を!ビシッ〜と!二枚組に詰め込みましたから!
もうもうディスク容量はパッツンぱっつんで、「対決列島」は、ハチキレてしまいそうですよ!

そんなハチキレそうな旅の後半!
アキラが歌う「自動車唱歌」の歌声に、不意に旅情があふれ出し、
心をぐっと暖かくわしづかみにされてしまうのは、あれは小林旭さんの高音の伸びやかな歌声のせいだけなのでありましょうか。

失いそうになっているニッポンの懐かしい呑気さのすべてが、水曜どうでしょうの画面の端々から、今もあたりまえのようにニコニコと顔を出し、今もここにある。何も変わってはいないぞニッポン!

それではみなさま。
一家に一枚水曜どうでしょうDVD。
夫婦円満!家内安全!毎回安産!のためにも、どうぞお求めくださいませ。

それでは本日も、各地、各地のロッピーさんの前で奮闘願います!

解散!
















【2015年6月12日の日記】

みなさんこんにちは。
嬉野です。

このホームページで毎週金曜日になると更新している
「ラブレターfromクジラ」という連載があってね、

それがもう2年半ほど続いていて、

でも私らが、この頃あまり日記を書かなくなったから、
みんなもうそんな連載が続いていることさえ忘れているかしら〜と、思っていたら、そんなことはなくて、

意外に見ているのだということを、
東京出張の際にばったり会った人などの口から聞いて、

そのたびに
「ほ〜」と感心をするのです。

「犬のお話、なんか見ちゃいます」と言っててね。

そう、クジラさんは3年ほど前に、
ラブラドールレトリバーの老犬と2人で、
札幌から八丈島に淋しく引っ越して行きまして、
それから始まった連載なんだけど。

以来、おっさんは、八丈島で、
おっさん一人、チャチャという名前の犬一匹で、
肩を寄せ合うように生きていたんだけど、

そのチャチャがちょうど1年前に天に召されてね。

大型犬は長生きしてはくれないんだよね。
早いやつは10年くらいで天国へ行っちゃうのね。

でも、チャチャは長生きしたの。

そんなチャチャのことを、クジラさんが、
「チャチャはボクの相棒なのだ」というタイトルで書き出したのが、今年の1月のことでね。

以来半年、「チャチャはボクの相棒なのだ」は続いていて。

それをこの前、初めから一気読みしてみたら、
これが意外に面白かったの。

いや、意外と言っては鯨森画伯に失礼だけど、
一週間に一話読むより、読み応えがあって面白かったの。
やっぱりおっさんには人生という長い過去があるからね、
なんだか物語になってるのよね。

だったらと、スマホで一気読み、しやすいように、
連載画面の下をすこしずり下げたあたりに

「前のおはなし」「次のおはなし」

というボタンを新設したので、
このボタンを押しながら次々と、
お話からお話へ飛んでいただいて
一気読みしていただければと思うのでございます。

クジラさんの連載の魅力は、独特のクジラさん文体と、
クジラさんのイラストよね。

ではそういゆことで、
帰宅電車の中とかで、どうぞ電車に揺られながら、
おじさんとワン公のお話を読んでみてくださいね。


それではまた来週!
本日も各自の持ち場で奮闘願います!

解散





(14:33 嬉野)
2015年6月12日(金)

みなさんこんにちは。
嬉野です。

このホームページで毎週金曜日になると更新している
「ラブレターfromクジラ」という連載があってね、

それがもう2年半ほど続いていて、

でも私らが、この頃あまり日記を書かなくなったから、
みんなもうそんな連載が続いていることさえ忘れているかしら〜と、思っていたら、そんなことはなくて、

意外に見ているのだということを、
東京出張の際にばったり会った人などの口から聞いて、

そのたびに
「ほ〜」と感心をするのです。

「犬のお話、なんか見ちゃいます」と言っててね。

そう、クジラさんは3年ほど前に、
ラブラドールレトリバーの老犬と2人で、
札幌から八丈島に淋しく引っ越して行きまして、
それから始まった連載なんだけど。

以来、おっさんは、八丈島で、
おっさん一人、チャチャという名前の犬一匹で、
肩を寄せ合うように生きていたんだけど、

そのチャチャがちょうど1年前に天に召されてね。

大型犬は長生きしてはくれないんだよね。
早いやつは10年くらいで天国へ行っちゃうのね。

でも、チャチャは長生きしたの。

そんなチャチャのことを、クジラさんが、
「チャチャはボクの相棒なのだ」というタイトルで書き出したのが、今年の1月のことでね。

以来半年、「チャチャはボクの相棒なのだ」は続いていて。

それをこの前、初めから一気読みしてみたら、
これが意外に面白かったの。

いや、意外と言っては鯨森画伯に失礼だけど、
一週間に一話読むより、読み応えがあって面白かったの。
やっぱりおっさんには人生という長い過去があるからね、
なんだか物語になってるのよね。

だったらと、スマホで一気読み、しやすいように、
連載画面の下をすこしずり下げたあたりに

「前のおはなし」「次のおはなし」

というボタンを新設したので、
このボタンを押しながら次々と、
お話からお話へ飛んでいただいて
一気読みしていただければと思うのでございます。

クジラさんの連載の魅力は、独特のクジラさん文体と、
クジラさんのイラストよね。

ではそういゆことで、
帰宅電車の中とかで、どうぞ電車に揺られながら、
おじさんとワン公のお話を読んでみてくださいね。


それではまた来週!
本日も各自の持ち場で奮闘願います!

解散





(17:20 嬉野)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12