2012年11月3日(土)

2012年11月3日(土)

嬉野です。

クジラさんが書き送ってくれる

「ラブレターfromクジラ2奮闘編」

というタイトルのイラストエッセイ企画を先月から始めて、毎週金曜日になると更新しています。

クジラさんは、2年ほど前に札幌で知り合った60歳を過ぎた
絵描きのおじさんですが。今、家族と別れて12歳になるゴールデンレトリバー犬と八丈島でくらしています。

札幌にあったクジラさんの家はもう人手に渡ってしまってね。
八丈島に越していったおじさんにはもう帰るところがない。

その境遇は実に哀愁が漂い過ぎるのだけれど。
でも、救いは、おじさんが、いろんなことが出来る人だということだな。

絵はもちろんのこと、料理もプロ。
趣味で陶芸もやるらしいよ。
美術の人ってそういうことなんだね。

でもやっぱり歳だから、
膝を痛めて杖をついて歩くこともある。

でも、そういう傷ついた野生動物的な素振りを見せても、
可愛い女の子が近寄ると口説きもするわけでね。
まぁ当たり前ながら上手くはいかないようですが。

でも、そういうおちゃめなところがあるのも救いだと思うな。

外見から眺めるおじさんの風貌は、
実に茫洋として、のどかだからね、それも救いなのだ。

それでもね。
内面は分からない。

けど、まぁ人間、ひょっとすると内面なんてものは要らないのかも知れない。
ただ、そうは言っても、おじさんも高齢化していくわけでね、少し心配でもあるのです。

だから、ぼくは、週に一回、
八丈島から手紙を呉れるようにクジラさんに言いました。

その手紙を見れば、クジラさんがなんとか生きていることを知ることができるから。それが「ラブレターfromクジラ2奮闘編」です。

クジラさんが、書き送ってくれるのは、八丈島での日々の暮らしの中の小さな小さな出来事です。それを独特の素朴な文章にまとめて得意のイラストをつけて送ってくれるのです。

もちろんクジラさんは、別に八丈島へバカンスに行ったわけじゃない。大人の事情でね、行くとこが無くて八丈島へいったのさ。

この先、クジラさんがどうなっていくかなんて、クジラさんにも分かるわけがない。

それでもね、将来のことなんか本当は誰にだって分かるわけがないよ。未来の自分をイメージして、その自分に近づくために今の自分を頑張るなんてことも、実はそんなに上手に出来ないのが人間だと思います。

人間に出来るのは、今、自分の目の前にある状況を乗り越えて行こう乗り越えて行こうとすることだけだと思う。
その都度の状況に対応していく。
人生って結局それを繰り返し続けるだけのことじゃないかな。

とりたてて目覚ましいことは何も無いけど、それでも日々の繰り返しの中で、不意に大事なものが見えた気がするから。そんなことってあるから。そんなことって大事なんじゃないのって、クジラさんが教えてくれるかもしれない。

だから時間のある時はみなさん。
おじさんのページを覗いてみてください。

そしておじさんが60歳を過ぎた年齢から、また一人で、そして知らない土地で、もう一度ゼロから生きようとしているって事実を知ってほしい。

それで。おじさんのことが気に入ったり、気になったりした人はさ、おじさんに励ましのお便りを書いてください。

多分、おじさん、とても喜ぶと思うからね。

では、この星で生きるみなさま。
本日もお疲れさまでした。
引き続き、明日もまた、各自の持ち場で奮闘願います。

来週まで、解散です。



【藤やんうれしーの悩むだけ損!】
ネットサイト「電撃オンライン」にて月2回のペースで「お悩み相談」を執筆しております。


(18:20 嬉野)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12