2011年8月11日(木)

2011年8月11日(木)

嬉野です。
今日は木曜。
クジラさんの、
納涼イラスト更新の日でございますですよ奥さん。
どうぞご覧を。

さて、暑い暑い夏に、
ここ札幌から、
東京に出張に出ることが、
まま、ありますが。

たいていは、彼の地のその高い湿度と酷熱に気おされてね、
暑さに対してすっかり腰が引けて、
思わず山手線のホームあたりで倒れそうになりますね。

でも、世間には、そんな哀れな男の身の上にも、
神様が不意に微笑みを見せる時があるもので、
暑い暑い夏の出張の午後に、
ぽっかり時間が空くことがある。

そしてそんな時、
タイミングよく観たかった映画が、
どっかの映画館で上映中だったりする。

私は、すぐにプログラムで上映時間を調べてみる。

すると、今から直ぐにダッシュで向かえば、
上映に間に合うという嘘のような瞬間がやってきたりする。

これはもう縁というものでね、
運命と言っても過言ではないわけで、

かくして私は、SUICAをピッピ言わせながら、
電車をさまざまに乗り継いで、
東京都内を縦横に移動する。

目的地で電車を下りると、
ただちに携帯の地図で、
映画館の場所を確認しながら走ってくわけです。

東京は、私の20代から30代あたりの人生を過ごした場所ですから、おおよその見当はつくわけで、

それでも探し探して、ようやく辿り着くわけです。
手元の時計を見ると上映時刻に充分間に合っている。

私は、玉のように汗を吹く身体でチケットを買って、
もぎりのおじさんに半券をちぎらせ館内に入る。

すると、館内は冷房が効いて、
嘘のようにヒンヤリとしている。

あぁ、気持ち好い。

酷暑の夏に、
ぽっかりあいた時間を使って、
見たかった映画を、
冷房の効いた映画館で、
観る。

これは、気持ちよくてたまらぬ時間の過ごし方です。

幸いにして館内は空いている。

私は座席に腰を掛ける。

シートは新しく、
クッションも良く、
フカッとする。

私は、またしても思う。

あぁ、気持ち好い。

その気持ちの好さに押し上げられて、
私は座席に腰掛けたまま幸福感を反芻し始める。

「上映時間にも間に合った、身体も冷えた、
これから観たかった映画が始まる。もうすぐだ。」

めずらしく全てが順調に進んでいる。

その、上等の揺りかごに揺られるような安堵感の中で、
客電が落ち、館内は暗くなっていく。

やがて、おもむろに映写機の光がスクリーンに投影される。

かくて映画は始まり、
私は、スクリーンに映し出された映像の照り返しを浴び、
えもいわれぬ安堵感と幸福感に包まれながら、

徐々に、気を失っていくのです…。

いや。
寝ちゃう…ん、ですよ…ねぇ。

なんだろ、あれ。
なんか体質?
眠り病?

なんだろ、あれ?

上映時間にも間に合ったぁ、
外は蒸し暑いのに館内は冷房でヒンヤリと冷えてるぅ、
ものすごく気持ちが好ぃ、
イスもフカッとしてすごくすわり心地がいぃ、
明りが消えて暗くなったぁ、
神経が安らぐぅ、
映画が始まったぁ、
面白そう、
あぁ、なんかわかんないけど、
意識が遠のいていくぅ、

そんで、
寝ちゃうんですよね。

いやぁ、なんだろ、あれ?

映画がつまらなかったら、
ちっとも寝れないんですよ。
寝たっていいのに腹が立って寝られないの。

条件が同じでもね。
腹が立ってくると寝れないの。

ところがさぁ、
面白そうだなぁとおもっちゃうと、
あっというまに眠くなっちゃうの。

いやぁ、夏冬の映画館で、
こうして、これまでに、どんだけ寝たことか。

もちろん途中で何度も懸命に覚醒して、
話の筋を追おうとするんだけど、
その度にあらがう術もなく人事不省に陥って、
そうしていきなり最後のクライマックスあたりで目が覚めてね、
俳優の吐いてる名セリフを聞くわけですよ。

そして瞬時に悟るの。

「あぁ、今のセリフでグッと来てる筈だ。本来ならば」

そう思って周囲を確認するとね、
果たして暗い客席で涙を拭う人影がちらほら。

あぁ、またやったなぁオレ。

何しに来たんだオレ。

でまぁ、さすがに、この頃はね。
もうそれほどショックでもなく。

どっちかというと、
こういう幸福感に包まれてオレは寝たいんだな、と、
まぁ納得するというか。

どっちかというと、
映画を面白く観ることより、
寝ることのほうに比重が高く設定されているのかもなぁ、
とも、思うわけですよね。

ただ一度の人生。
こんなに寝てて好いんだろうか!

まぁ、いいのだろう。

それが平和な日常のひとコマであることは、
おそらく間違いのないことですから。

眠れないより眠れる方が好いじゃないか。

眠れ眠れ、
束の間の影たちよ。
安らぎに包まれて眠れよ。

それでは、今宵の諸氏の安眠が、やすらかでありますように、
と、ここ札幌の地より願いつつ、本日は筆を置かせて頂きます。

本日も、諸氏の持ち場で奮闘なされますよう、
願いあげ奉りまする。

では解散。

おやすみ。





(16:24 嬉野)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12