2月15日月曜日。藤村でございます。

2月15日月曜日。藤村でございます。

嬉野先生がすでに日記を上げていたようだけど、まぁいいや、もう書き始めちゃった。

そしてこれは「アーティスト応援企画」のブログに書いた方がいいのかもしれないけど、まぁいいや、もう書いちゃった。

絵を描いている人やら、皿を焼いている人やら、そういう具体的にモノ作りをしている人たちに、テレビ局に勤めている我々ならば何かできるんじゃないだろうか、という気持ちで始めた「アーティスト応援企画」。

最初に応援しようと決めたのは鯨森惣七さん。

彼が絵本を描く。それを我々が応援する。

そして、まもなくその絵本が完成する。

それを前に先日、くじらさんが今の心境を文章にして我々に配った。

その文章を少し抜粋してみる。


「物を創りだす」

「やるからにはイイモノを、内容のあるものを、意気を感じてもらえるものを」 

「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」

「一番はじめの企画としてセイコウさせたい」

「そうすることで企画立案者が、その関係者が、次があることを知るであろう、すくわれるであろう」

「そんな思いではじめたら集中するしかない」

「カラダをはって、あるだけのパワーを使う」「60才のしみこんできたものを表現する」

「だから、他の仕事は手につかないし、できない」「この1年間、他をふりむくことなく、全力をつくしていた、貯金をくずしてやってきた」

「なにか新しいものを作りだすって、なにかをギセイにしないと作れないもの、手はぬけない」

「手にした者に、意気を伝えるものにする」

「物を創るって、そんなもん」


これを読み、くじらさんはこの1年、我々の思いが及ばぬほどの全力で、この企画にのめり込んでいたのだ、ということに、ドキッとした。

その全力ぶりに対し、我々の言う「応援」という言葉の、なんと陳腐なことか、とも思った。

我々のしていることと言ったら、応援企画のサイトを立ち上げ、ブログを書く、ということ。

それを読んでくれる人のほとんどは、この「どうでしょう」の入口から入って来てくれた人たちだろう。

間口が狭い。

せっかく1年がかりで作った絵本の流通にしたって、一斉に全国の書店に並ぶわけではない。今のところは、予約を取っての受注生産と、いくつかの書店の店頭に並べてもらう、ということだけだ。

間口が狭い。

それじゃぁ、「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」というくじらさんの願いは叶えられない。

これじゃぁいけない。

もっとうまいPRの方法はないのか、もっと広く流通させる手立てはないのか、もっと、もっと・・・。

間口を広げることへの要望、願望は尽きない。

でも、やらなければ・・・。

一方。

それとはまったく違うところで嬉野先生は、思い悩んでいた。

「どうやったら、くじらさんの描く絵の魅力をわかってもらえるか」

それをずっと考えていた。

間口が広いとか狭いとか、それはまぁともかく、今こうしてこの企画に関心を寄せてくれている人たちに対し、「鯨森惣七の絵の魅力そのものをどう伝えたらいいのか」、ということにのみ、頭を悩ませていた。

「それにはまず絵を見てもらうことだ」と、くじらさんの絵を飾っている店に行き、写真を撮り、自分なり言葉でその魅力を文章に起こした。

嬉野先生は、流通とかなんとか、そういう自分の力の及ばないことには見事なほどに口を出さない、手出しをしない。

出来ないことは出来ない、わからないことはわからない、と、堂々と言ってしまう。

だから誤解されることも多い。

「そういうこともさぁーちゃんとやろうよー」と。

でも、出来ないことを「ちゃんとやろうよー」というノリだけでやらされるのは非常に困る。だって、結果が目に見えているから。

それよりも、自分の考えが及ぶこと、出来ることであれば、体を壊すまで思い悩み、作戦を練り、行動に移すことはできる。

だからまぁ、嬉野先生は、「間口を広げること」とは別次元で、自分の出来ることをやっている。

でも、考えてみれば、くじらさんの「一人でも多くに見てもらいたい、ふれてもらいたい」という願いは、単に「間口を広げる」という物量的なことだけではなく、すでに「ここにいる人たちの中で」、その中で「一人でも多く」という考え方もできる。

嬉野先生のやっている努力は、そういう意味で、くじらさんの「一人でも多く」という願いには、ちゃんと応えているのだと思う。

まぁ本来ならば、流通やPRといった物量的に間口を広げる努力と、その作品の魅力を伝える質的な努力と、両方バランス良くできればいいんだろうけど、現状は、というかたぶんこれからも、我々は作品の魅力そのものを伝える努力の方に重きを置くだろう。だって、そもそも両方できるような規模の組織じゃない。どっちが出来るかをちゃんと見極めないと戦(いくさ)には勝てない。

しかしまぁ、そんな中でもやれることはやっていこう。

まずはあさって17日昼ごろから、「鯨森惣七のきせかえツール」の配信を始めます。

携帯という「額縁」の中に、様々な「鯨森惣七の絵を飾ってみる」というイメージで、彼の絵を買ってみてはいかがでしょうか。525円です。

「どうでしょう」をすでにダウンロードしてる人も、「きせかえ」なんだから、たまに「きせかえ」してもいいんじゃないでしょうか。

そして、パソコン版の応援企画サイトでは、壁紙のダウンロードサービスを始めました。

まずは手っ取り早く、鯨森惣七の絵をパソコンという額縁に飾ってみる、ということですね。まだ一枚ですが、私が「ぜひ壁紙にしてくれ」と頼んだ絵も、そのうちリストに加わると思います。

壁紙なんかは飽きたら、すぐ取り替えてもらってかまいません。

こちらは無料です。

ということで、90ページを超える鯨森惣七の絵本が発売されるまで、とりあえず、彼の絵を手元に置いてみてください。

あの絵、いいんじゃないかと、思いますよ。

嬉野先生が応援企画のブログにこんなことを書いてましたね。


くじらさんが描く絵のキャラクターはどうも目つきが悪い。

だから、放っておいても勝手に生きていくみたいな強さがある。

そこが安心する。


さすがな評論ですね。いい見方です。


【嬉野先生の本日の日記】

2010年2月15日(月)

奥さんどうも、嬉野です。

どうもね、体調が不良ですよ。

元気じゃないわけじゃないんですが、
元気なわけじゃないんです。

よくわからんですが、疲れやすいのです。
動くと、はぁはぁ言っちゃうわけで。

しかしながら、こうして日記を書くくらいの元気はある。
とはいうものの、濃い話は書けないわけで。
考えるのが途中で面倒くさくなっちゃう。
根気というものが行方不明になったわけで。

ですからまぁ、
食っちゃ寝、食っちゃ寝、する分にはね、
まぁさして影響は無い。

さぁということでね、
本日も日本全国でなんとか生きているみなさんに、
きっと好い事ありますように。

私も早いとこ元気になりますように。

ということでね、
本日はこれまで。

解散。



(18:17 藤村)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12