10月31日水曜日、藤村であります。

10月31日水曜日、藤村であります。

月曜日の夜、遠来から懐かしい人が札幌へやってきました。

カナダ、ユーコンのヨシ、熊谷さんであります。

相変わらず押しが強く、元気で明るい人でありました。

いろいろな話をしました。

ユーコンのほとり、ホワイトホースに住んで12年。

カナダの良いところ、いいかげんなところ、離れてみてわかる日本の良さ、悪さ、中でも興味深かったのが、カナダから見た北海道のこと。

北海道は人がいい。とても親切。

北海道に着いたらほっとした。景色も空気もカナダに似ている。美しい。

でも、決定的に違うところがある。

小さな町に若者がいない。みんな外へ出て行ってしまうんでしょうか。

ホワイトホースは人口2万の小さな町だけど若者が多い。いったん外へ出て行っても町に帰って来る。

なぜ帰って来るのか。

大学へ進学する若者に町は補助金を出す。外の大学で知識を得た学生がやがて就職時期を迎える。役場は町出身の学生の役場への就職を優遇する。

就職口があれば、若者は町に戻ってくる。補助をしてもらった恩義もある。町への愛情も強くなる。

役場に若者が増える。小さな町で役場のステイタスは絶大。役場の若い感覚が町を活性化する。

ホワイトホースの産業ってなんですか?役場以外に就職口はあんの?

観光だけ。町の方針はハッキリしてます。だから田舎なのにシャレたお店もたくさんあるんですよ。北海道にも多いですよね。小樽なんかにもたくさんありました。でも、北海道の町の人に、この町はなにをやってるんですかって聞くと、あんまりハッキリしない・・・。

日本の場合、それはほとんど個人レベルだから。小樽のおしゃれなバーも、郊外のファームレストランも個人レベル。すばらしい感性を持った人間による個人レベルの表現。

いつしか日本の役場は、ステイタスを失ってしまった。本来、町で一番知識を持ち、感性豊かな若者たちが役場に就職し、町の将来を設計すべきなのに、今の日本で公務員は、ムダ使い、非効率の元凶としか思われてない。田舎に帰って公務員になりたい若者なんて、悲しいかなほとんどいないんじゃないですか、給料も少ないし。

おかしいですね。

おかしいです。


でも、あの、あの旅はほんとにおもしろかったですね。

あはははは!

わたし、あんっなに笑った1週間なんて人生の中でないですもん。

あはははは!そう?

そうですよ。懐かしい・・・

熊谷さんは、日本に帰りたいとか、ないんですか?

ないです。だって、ユーコンにいるから、わたしの存在価値があるんですから。日本の中でできることはわからないけど、ユーコンでなら、わたしにできることがある。

迷いがないねぇ。

またユーコンにいらしてくださいよ。

そうだね。

ほんっと、サイッコーにいいですから!

そうだねぇ。

ほんとですよ!サイッコーですから!

うーん、相変わらず押しが強いねぇ。


あの大自然に囲まれたユーコン

蚊だけはたっぷりいるユーコン

時間もたっぷりあるユーコン

それ以外、なにもないユーコン

・・・まぁ、行かないこともないと思います。

そのうち行くこともあるかもしれません。

可能性はゼロじゃないです。

と、いうことを言っておきますよ。

ミスター。


(15:48 藤村)

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12