9月12日火曜日。お久しぶりに藤村でございます。

9月12日火曜日。お久しぶりに藤村でございます。

昨日までどうでしょうとは違う仕事をしておりました。

先々週の土曜日、どうでしょう新作ロケから帰国して会社に戻りますと、私のデスクの上に1枚のCDが置かれておりました。メモには、「福原美穂の新曲です」とありました。

今年の春、札幌の高校を卒業してすぐにユメチカレコードからデビューした福原美穂。雪下ろしで鍛えた強靭な足腰と天真爛漫な笑顔、そして驚くべき歌唱力を持った19歳の女子であります。

ユメチカレコードのプロデューサー福屋キャップは、なぜかバラエティー一辺倒のこの私に彼女のデビュー曲のプロモーションビデオを撮らせ、そして今回も「当然藤やんにやってもらう」と、撮影の約束をしていたのであります。

「撮影は9月11日の月曜日」と決まっておりました。

撮影まであまり時間がない。しかしながらロケの疲れもあってその日はすぐに帰り、私がそのCDを手にしたのは週明け、先週の月曜日のことでありました。つまり、撮影の1週間前。

「よし!短期決戦だ」

と勇んでCDを聞きますれば、しかしそこに入っていたのは、彼女の歌声とピアノの伴奏だけ。まだデモテープの段階でありました。

「そうかそうか」と。
「撮影1週間前にまだ曲が完成していないのか」と。
「更なる短期決戦!のぞむところだ」と。

翌火曜日。「ほぼ完成のようです」と、新たなCDが届きました。

「ようーし来たか」

と勇んで聞きますれば、歌詞がガラリと変わっております。

「そうかそうか」と。
「撮影6日前に歌詞を変えてきたか」と。
「更に更に!短期決戦!のぞむところだ」と。

その日、曲を聞いて一気にイメージを固めていきました。歌詞は「恋のライバルには負けないわ?」みたいな女子の恋心を歌ったものでしたが、私が抱いたイメージは「爽快感」。「雲ひとつない抜けるような青空!」であります。

翌水曜日、急ぎロケ地の選定に向かいました。向かった先は札幌から100キロ、空知平野の穀倉地帯・滝川。そこに「丸加高原」という牧草地が広がる高原がございます。
見上げれば青空、眼下には大地、さらにそこではこの時期、「コスモス」が咲き乱れておりまして、ガーデナーであるわたくしの花好きをよく知っているロケコーディネーター松倉という男が探し出してきた絶品のロケ地でございます。

「どうですか!」

「どうですかっておまえ・・・なんにも見えねぇけど」

その日はあいにくの雨。眼下に広がる空知平野どころか、高原はぶ厚い雲に覆われまして視界ゼロ。

「でも、この下に緑の大地が広がってます!」
「今はまっ白だけどな」
「そして抜けるような青空!」
「今は白いけどな」

「そしておまえ・・・コスモス・・・咲いてねぇけど」
「咲いてますよ」
「咲いてっけど・・・」
「えー2分咲きです。少し早かったですね」

コスモスは「咲き乱れる」というより、「咲き細る」といった風情で冷たい雨にしなだれておりました。

「でもあれだ。今日の雨でコスモスも一気に咲くわけだ。そして本番には満開!と」
「前向きですね」
「して、もちろん当日は晴れ!と」
「今のところ降水確率・・・60%ですね」
「高いな」
「前日はそして、雨ですね」
「さらにコスモスが咲くな」
「前向きですね」

「いいか。今回は青空が絶対条件だからな。そしてオール外ロケだ。日が傾くまでに全部撮り終えるぞ。夕方4時には撤収!」
「早っ!」

そして昨日の本番当日。

午前5時の夜明け前に札幌を出発。朝7時の撮影開始のころは少し雲が残っていたものの、やがて空知地方は気持ちの良い秋晴れとなり、文字通り「雲ひとつない青空」が広がったわけでございます。しかし、逆にあまりにも雲がなさ過ぎて「青いバックで歌ってる」みたいに見えたのは、ちと予想外でありましたが、予定通り4時半にはすべての撮影を終了。全員多少の日焼けをして、真っ赤な夕陽の丸加高原を後にしたのでございます。

天気さえ良ければ、北海道には金をかけたスタジオセットに勝るとも劣らない自然のスタジオがある。絵になる風景がある。今回、改めてそう思いました。

前回は外国曲のカバーだったためにネット上での映像配信はできませんでしたが、今回は「ユメチカ18」のサイトにて、来月あたり映像を見てもらえそうであります。
空知の抜けるような青空と、そして福原美穂の力強い歌声。是非ご覧いただければと。

さて最後に。

昨日は嬉野先生が奇妙な夢について書かれておりましたが、わたくしも昨夜、疲れていたんでしょうか、久しぶりに夢を見ました。妙にリアルな夢でございました。

登場人物は、どうでしょう班4人であります。

先頭をミスターさんが歩いています。いつもの見慣れた光景です。

ミスターはツカツカと歩いていきます。

やがて、ビルの入口でしょうか、ガラス張りの回転ドアが見えてまいりました。

先頭のミスターは勢いよく回転ドアを、ダンッ!と押しました。

ところがその回転ドア、なぜか横に回るのではなく、不意にタテ回転をいたしまして、勢いあまったミスターさんはそのままハムスターの滑車のようにクルクルと回り続けたのでございます。無表情で。

「ぶははははは!」と、わたくし、ハッキリ笑いましたですね。

自分の笑い声で起きましたもん。

おもしろい夢でしたね。

ということでね、えー本日の日記これまで。

あ、「私もこんな夢見ました!」っていう報告はいりませんよ。

「あ、そう」

っていう反応しかできないですからね。

じゃまた明日。

【大泉さん主演!HTB制作のスペシャルドラマ「大麦畑でつかまえて」】
全国各局で放送決定!(詳しい放送スケジュール等は「大麦畑でつかまえて」公式ページにて)

【今秋!水曜どうでしょうEXPO渋谷パルコ小祭(こまつり)開催決定!】

日時:9月29日(金)?10月9日(月・祝)の11日間
場所:東京・渋谷「パルコPART3パルコ・ミュージアム」

門外不出のどうでしょうグッズ、珍品名品の数々が津軽海峡を越えて東京・渋谷のド真ん中にやってまいります!
「小祭り」とはいえ基本的に「小さな展示会」。期待せずにお立ち寄り下さいませ!

(18:20 藤村)

2018年6月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別 アーカイブ

Powered by Movable Type 5.12